GPU情報

インテル Arc デスクトップ・グラフィックス・カード、8月から9月の間に発売予定

投稿日:

IntelのArcグラフィックスカードは、今週末の噂の中心となっていましたが、Igor's Labsからさらなる情報が入ってきました。

Arcの最新スケジュールを入手したIgor Wallossek氏によると、このラインナップは8月5日から9月29日まで順次発売されるとのことです。

インテルのArcデスクトップ・グラフィックス・カードが登場! 2022年夏のデッドラインに合わせて8月~9月に発売予定

IntelのArcラインデスクトップグラフィックスカードに関して、この週末に聞いた3つ目の発売スケジュールとなる。

最初の噂はMoore's Law is Deadのもので、IntelのCEOであるPat Gelsingerとグラフィック担当副社長のRaja Koduriは、Arcがまだ2022年の第3四半期に発売される予定であることを確認し、これを否定していましたが、今度はIgor's Labsが同じように確認したのです。

もし、今の時間軸を守るのであれば、今、私にコロコロしている範囲は、2022年08月05日から2022年09月29日の間です。つまり、発表された3つの大型モデルを一切れずつ発売するのに十分な時間があることになる。内部資料では、もはや大規模な合同発表会については報告されていませんが、むしろ小売部門で少しずつ、一部のメディアだけを通じて行われる、一種の「サイレント」ローンチになる可能性があるのは興味深いところです。

Igor's Labsより

発売は徐々に行われると言われており、一度にすべてのカードが発売されるのではなく、1枚ずつリテールで購入できるようになることもあるかもしれない。

Intelのマーケティング戦略を見ていると、すでにこのようなことを行なっている。

Intel Arc A380が最初に発売され、その後IntelはハイエンドグラフィックスカードArc A750 Limited Editionの話を始め、Arc A770 Limited Editionがそれに続いた。

同社はまた、発売に先駆けて一部のメディアにこれらのカードをレビューする機会を提供すると言われていますが、これらのメディアが技術系YouTuberや文書メディアを含むだけかどうかはまだわかりません。

独占レビューはIntel自身のArcリファレンスデザインにのみ基づいて行われ、AIBsモデルにはそのような制限はありませんが、中国に限定されたあるAIBが発売後数週間でDIYにそのカードをリリースし、それをテストしたすべてのレビューアーが、Intelからレビュー用に一人ずつ送られてくるのではなく製品を購入しなければならなかったことを考えると、残りの人たちも長く待つ必要があるのでしょう。

私たちは、ロードマップにとても力を入れています。Alchemistを増強し、エクスペリエンスを向上させ続けていきます。今期は、より多くのアップデートをご覧いただけると思います。また、AXGは、年末までに4つの新しい製品ラインを立ち上げる予定です。

インテル アクセラレイテッド・コンピューティング・システム&グラフィックス(AXG)担当副社長 ラジャ・コドゥリ氏

ゲルシンガー氏は、「我々のディスクリートグラフィックスに関するソフトウェアリリースは、明らかに不調だった。「我々は、統合グラフィックスソフトウェアスタックを活用できると考えていたが、我々が必要とする性能レベルやゲーム互換性などには全く不十分なものであった。そのため、ディスクリートグラフィックス分野では、現在、より良いソフトウェアのリリースに追いつきつつあるにもかかわらず、400万台の目標には到達していません。

GPUの目標台数は達成できませんが、今年の売上は10億ドルを超える予定です。

第2四半期には、サムスン、レノボ、エイサー、HP、エイサスなどのOEMのノートパソコン向けにインテルアークグラフィックスの立ち上げを開始しました。COVIDに関連するサプライチェーンの問題や当社独自のソフトウェア準備の課題が、入手の遅れを招きましたが、克服に向けて引き続き努力しています。Intel Arc A5およびA7デスクトップ・カードは、第3四半期に出荷が開始される予定です。

インテルCEO、パット・ゲルシンガー

これに加えて、Intelが大規模なグローバルローンチを行なわず、8月から9月にかけて段階的なロールアウトに頼っている最大の理由は、やはりドライバやサポートの面でブルーチームの準備に関係があるようだ。

Chipzillaは、Arcがユーザーのために準備万端であることを保証し、その上で初めて製品をグローバルに出荷したいと考えている。

インテルArc Aシリーズのデスクトップグラフィックカードのラインアップ「噂」:

グラフィック
カードモデル
GPUモデルGPUダイ実行
ユニット数
Shading Units (Cores)メモリ容量
種類
メモリ速度メモリ
バス幅
TGP価格状態
Arc A770Xe-HPG
512EU (不明)
Arc ACM-G10512 EU
(不明)
4096 (不明)16 GB GDDR616 Gbps256-bit225W$349-$399公式告知
Arc A770Xe-HPG
512EU (不明)
Arc ACM-G10512 EU
(不明)
4096 (不明)8 GB GDDR616 Gbps256-bit225W$349-$399リークで確認
Arc A750Xe-HP3G
448EU (不明)
Arc ACM-G10448 EU
(不明)
3584 (不明)8 GB GDDR616 Gbps256-bit225W$299-$349公式告知
Arc A580Xe-HPG
256EU (不明)
Arc ACM-G10256 EU
(不明)
2048 (不明)8 GB GDDR616 Gbps128-bit175W$200-$299リークで確認
Arc A380Xe-HPG
128EU (不明)
Arc ACM-G11128 EU10246 GB GDDR615.5 Gbps96-bit75W$129-$139公式発売済
Arc A310Xe-HPG
64EU (不明)
Arc ACM-G1164 EU
(不明)
512 (不明)4 GB GDDR616 Gbps64-bit75W$59-$99リークで確認

ソース:wccftech - Intel Arc Desktop Graphics Cards To Launch Between August & September

 

 

 

解説:

最後までケチが付き通しのAlchemistのローンチ

ここにきて、またドライバの関係でローンチが遅れ、グローバルマーケティングを行わず段階的に発売することにするようです。

第一世代の製品ですから、出来るだけ派手なイベントを行い発売したかったのでしょうが、今となっては最高でRTX3060Ti程度の性能ではインパクトに欠けるのは事実だと思います。

一応9月中には発売される予定のようですのでRTX4090が年内と言う話を考えるとギリギリ間に合わか間に合わないかという感じです。

これ以上遅れると本当にグダグダと言うイメージが付いてしまい、Intelの黒歴史に刻まれてしまいそうです。

私としては安売りしてくれるなら欲しいかなと思います。

しかし、ドライバが安定してないなら微妙でしょうね。

安定したドライバ、AIBと連携したスケジュール通りのロンチ、安定したハードウェア、AMDやnVidiaが当たり前のように顧客に提供しているサービスが実はこれほどまでに大変なことだったというのがよくわかるのではないかと思います。

何でもそうですが、0を1にするのは非常に大変と言うことです。

 

 

 

 

-GPU情報
-

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2022 All Rights Reserved.