CPU情報

intel Core i7-13700K 16コア&5.3GHz Raptor Lake CPUのベンチマークがリーク、12700Kより最大17%高速化&Ryzen 9 5950Xも打ち負かす

投稿日:

IntelのCore i7-13700K Raptor Lake CPUのベンチマークがGeekbench 5内でリークされ、13th Gen "K-Series" SKU全3種の性能数値が出揃った。

Intel Core i7-13700K Raptor Lake 16コアCPUのベンチマークを実施、5.3GHzクロックでAMD 16コアRyzen 9 5950Xを破る

Intel Core i7-13700Kは、Raptor LakeのCPUラインアップの中で最速の第13世代Core i7チップとなる。

このチップは、合計16コア、24スレッドを搭載しています。

Raptor Coveアーキテクチャに基づく8個のPコアと、Grace Montコアアーキテクチャに基づく8個のEコアにより、この構成を実現しています。

CPUには30MBのL3キャッシュと12MBのL2キャッシュが搭載され、合計で42MBのキャッシュが搭載されている。

動作クロックはベースが3.4GHz、ブーストクロックが5.30GHz。最小クロックは5289MHz、最大クロックは5381MHzを示した。

Intel 第12世代 Alder Lake-S & 第13世代 Raptor Lake-S デスクトップCPU比較(速報版):

CPU名Pコア数Eコア数合計コア数
/スレッド数
Pコアベース /
ブースト(最大)
Pコアブースト
(全コア)
Eコアベース /
ブースト(最大)
Eコアブースト
(全コア)
キャッシュTDP希望小売価格
Intel Core i9-
13900K
81624 / 32未確認 /
未確認?
未確認未確認未確認68 MB125W (PL1)
228W (PL2)
未確認
Intel Core i9-
12900K
8816 / 243.2 / 5.2 GHz4.9 GHz
(全コア)
2.4 / 3.9 GHz3.7 GHz
(全コア)
30 MB125W (PL1)
241W (PL2)
$599 US
Intel Core i7-
13700K
8816 / 24未確認 /
未確認?
未確認未確認未確認54 MB125W (PL1)
228W (PL2)
未確認
Intel Core i7-
12700K
8412 / 203.6 / 5.0 GHz4.7 GHz
(全コア)
2.7 / 3.8 GHz3.6 GHz
(全コア)
25 MB125W (PL1)
190W (PL2)
$419 US
Intel Core i5-
13600K
6814 / 20未確認 /
未確認?
未確認未確認未確認44 MB125W (PL1)
228W (PL2)
未確認
Intel Core i5-
12600K
6410 / 163.7 / 4.9 GHz4.5 GHz
(全コア)
2.8 / 3.6 GHz3.4 GHz
(全コア)
20 MB125W (PL1)
150W (PL2)
$299 US

更新: 新しいエントリが見つかり、ASRock の Z690 Steel Legend の DDR5 バージョンで Intel Core i7-13700K が同じプラットフォームで動作して、マルチスレッド性能の面ではるかに高いスコアを記録しました。

この CPU はすべてのコアで 5.3 GHz 以上動作し、マルチスレッドの最大スコアは 19,811 ポイントで、DDR4 エントリーに対して 20% 向上しています。

また、Intel Core i5-13600KのDDR5対DDR4ベンチマークでは、+11%の向上が見られました。

つまり、新しいベンチマークの数値では、Intel Core i7-13700Kは、Core i7-12900Kよりも15%速く、AMD Ryzen 9 5950Xよりも20%、Core i7-12700Kよりも40%速く、Ryzen 7 5800Xよりも92%速いという結果になったのである。

DDR5メモリを搭載したIntel Core i7-13700K Raptor Lake CPU:

※ 画像をクリックすると別Window・タブで学大します。

 

このCPUは、ASRock Z690 Steel Legendマザーボードに32GBのDDR4メモリを搭載し、転送速度3600Mbpsで動作させた状態でベンチマークを実施した。

性能面では、Intel Core i7-13700K Raptor Lake CPUは、シングルコアで2090点、マルチコアベンチマークテストで16542点のスコアを記録した。

Intel Core i7-13700K Raptor Lake CPUとDDR4メモリ:

※ 画像をクリックすると別Window・タブで学大します。

 

昨日の結果と比較すると、Intel Core i7-13700KはIntel Core i5-13600KのCPUと比較して、シングルスレッドで約5%、マルチスレッドで約15%高速化されている。

なお、13700Kのテストには同じ規格、同じボードを使用しているため、DDR4のベンチマークを比較の基準としています。

DDR5版の13600Kはかなり良い結果になっているが、それでも13700Kには若干遅れをとっている。

Core i5-13600KのDDR5ベンチマーク結果は、DDR4ベンチマークに対してシングルスレッドで2%、マルチスレッドで11%高速化したようだ。

とはいえ、Core i7-13700KはCore i7-12700KのCPUと比較して最大で17%高速であり、AMD Ryzen 9 5950Xよりも高速であることも事実だ。

Ryzen 9 5950Xは16コア32スレッドのパーツであるのに対し、Core i7-13700Kは16コア24スレッドのパーツであることを忘れてはいけない。

 

 

 

つまり、現時点では、Intelの最もエントリーなKシリーズのRaptor Lakeチップは、AMD Ryzen 9 5950Xと同等で、Core i9とCore i7モデルは性能で先行することになりそうだ。

これは、IntelがZen 4を搭載したRyzen 7000デスクトップCPUの発売と同時に競争しなければならないため、マルチスレッドとシングルスレッドの性能アップが非常に必要であることを考えると、良いことだと思います。

Core i9-13900Kのその他のベンチマークは、こちらとこちらでご覧になれます。

また、Core i5-13600Kのその他のベンチマークは、こちらでご覧になれます。Intel第13世代Raptor LakeデスクトップCPUは、フラッグシップCPUのCore i9-13900KとCore i5-13600Kを含め、Z790プラットフォームで10月に発売される予定です。

このCPUは、同じく2022年秋に発売されるAMDのCPUラインナップ「Ryzen 7000」に対抗することになる。

ソース:wccftech - Intel Core i7-13700K 16 Core & 5.3 GHz Raptor Lake CPU Benchmarks Leaked, Up To 17% Faster Than 12700K & Beats The Ryzen 9 5950X Too

 

 

 

解説:

次々リークするRaptorLakeの性能

Core i9-13900Kを中心にESやQSのベンチマークがリークしていますが、今度は13700Kのベンチマークがリークしています。

Alder世代にはCore i5 はPコアのみでしたが、Raptor世代ではCore i5にEコアが付くのかどうかはハッキリしていません。

13600Kには8コアついているので、順当にいけば無印モデルには4コア思われます。

その場合、ゲーミングCPUとして一番コスパに優れているのはCore i5無印モデルと言うことになろうかと思います。

Core i7はPコアが8コア欲しい方向けの選択肢になると思われます。

一般ゲーマーの方に関しては無理にKモデルを求めなくてもPL1が65Wの無印モデルが扱いやすいと思います。

IntelのCPUはシングルスレッド性能が急速に上がっていますので、無印モデルても困ることはほぼないと思われます。

もちろんですが、こだわり派の方はCore i9-13900Kを購入しても全然良いと思います。

ここ最近のRaptorlakeのリークを見ているとIntelはよほど自信があるのでしょうね。

Intelのハイブリッドを見ていると、確かに「デスクトップ」では付け入るスキがないように見えます。

AMDもそろそろZen4の製品版に近いモデルのベンチマークがリークしてもよいころだと思いますが・・・・。

 

 

第13世代intelCore i5/7/9シリーズ

 

※ 末尾にFがついているモデルはGPUがありませんのでご注意ください。

 

-CPU情報
-,

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2022 All Rights Reserved.