GPU情報

AMD Radeon RX 7000グラフィックスカード、RDNA 3 GPUコンピュートユニットを再設計し、レイトレーシング機能の強化とクロックの高速化を実現

投稿日:

AMDは、Radeon RX 7000グラフィックスカード用の次世代GPU「RDNA 3」が、RDNA 2よりもレイトレーシング機能を強化し、さらに高いクロックスピードを実現することを確認したようだ。

RDNA 3 GPU搭載AMD Radeon RX 7000グラフィックス・カードは、再調整されたコンピュート・ユニットによりレイトレーシング機能を強化

2022年のAMD Financial Analyst Dayでは、見落とされていたことがたくさんある。AMDが今年後半に登場するZen 4 3D V-Cache Ryzen CPUを確認したことなどがそうだ。

また、AMDのRadeon Technologies Groupのエンジニアリング担当上級副社長であるDavid Wang氏は、AMDが次世代GPU「RDNA 3」でレイトレーシング機能を強化することを確認し、見落とされた重要なコメントを発表した。

また、(RDNA 3)は、強化された5nmプロセスと先進のチップパッケージング技術を活用する、当社初のゲーミングGPUアーキテクチャです。さらに、レイトレーシング機能を強化したコンピュートユニットと、さらに高速なクロックスピードと電力効率を向上させた最適化されたグラフィックスパイプラインも革新的な技術として搭載しています。

さらに、リアルタイムゲームにフォトリアルな効果をもたらすために、ラスタライゼーションの性能とレイトレーシングの視覚的忠実度を組み合わせたハイブリッドアプローチを開発し、性能を構成することなく最高のリアルタイムイメージエクスペリエンスを提供します。

最後に、次世代マルチメディアですが、AV1などの高度なビデオコーデックをサポートし、高品質のビデオストリーミングを提供するとともに、遅延やビットレートの削減を実現します。また、新しいDisplayPort 2.0規格により、今後登場する高解像度・高リフレッシュレートのHDRディスプレイをサポートし、ディスプレイの能力を向上させます。

AMDのRadeon Technologies Groupのエンジニアリング担当SVPであるDavid Wang氏

AMDが強調するRDNA 3 GPUの主な特徴には、以下のものがあります。

  • 5nm プロセス ノード
  • アドバンストチップレットパッケージング
  • 研究開発されたコンピュート・ユニット
  • 最適化されたグラフィックス・パイプライン
  • 次世代AMD Infinityキャッシュ
  • >RDNA 2と比較して50%以上の性能/ワット

David氏によれば、AMDはRDNA 3内のコンピュートユニットを再構築し、レイトレーシング機能を強化したという。

これらの機能が何であるかについては言及されていませんが、推測すると、Radeon RX 7000グラフィックスカード用のRDNA 3 GPUコアのパフォーマンスと一連の高度な機能についての話であることは間違いないでしょう。

※ 画像をクリックすると別Window・タブで拡大します。

 

AMDのRDNA 2 GPU搭載Radeon RX 6000シリーズは、レッドチームで初めてレイトレーシング機能を搭載した製品です。

NVIDIAがTuringグラフィックスアーキテクチャで2年前に導入し、Ampereの第2世代でさらに微調整して性能を向上させたのに比べ、1世代遅れての導入となった。

今年後半に発売予定のRDNA 3 GPU搭載のRadeon RX 7000では、AMDが同様の性能のジャンプを提供するか、Ampereのレイトレーシング機能を上回ることを期待できる。

しかし、今後の本当の挑戦は、Ada Lovelace を搭載した GeForce RTX 40 シリーズでデビューする予定の NVIDIA の第3世代 RT (Raytracing) コアに匹敵することでしょう。

※ 画像をクリックすると別Window・タブで拡大します。

 

レイトレーシング以外にも、David氏はRDNA 3 GPUのOptimized Graphics Pipelineによって、RDNA 2 GPUよりもさらに高いクロックが可能になるとも述べている。

AMDのRadeon RX 6000カードは、すでに3GHzに近いクロックで動作しているので、5nmプロセスノードの改良で、AMDは3GHzのクロック限界を突破することが期待できる。

競合他社もRTX 40シリーズの噂で、より効率的な4N(最適化された5nmプロセス・ノード)を利用して最大3GHzのクロック速度を示唆するなど、手をこまねいているわけではないので、これはAMDにとって不可欠なことです。

これらの機能はすべて、次世代インフィニティ・キャッシュ・ソリューション、先進のパッケージング技術、および50%の性能/ワット向上と組み合わされ、Radeon RX 7000シリーズ・グラフィックス・カードという形で非常に競争力のあるグラフィックス・ソリューションになるでしょう。

さらに、噂では、2023年にさらに強力なRDNA 3 Navi 3X GPUが開発中で、これはモンスター級のチップになると予想されていますが、これがゲーミングセグメントに登場するか、プロ専用の製品にとどまるかは不明です。

AMD RDNA 3 Navi 3X GPUの構成(速報値):

GPU名Navi 21Navi 33Navi 32Navi 31Navi 3X
製造プロセス7nm6nm5nm/6nm5nm/6nm5nm/6nm
GPUパッケージモノリシックモノリシックMCMMCMMCM
シェーダー
エンジン数
42468
GPU WGP数4020-1640-3260-4864
WGP毎の
SP数
128256256256256
演算ユニット
数 (ダイ毎)
8040-32160 -128
(合計)
240-192
(合計)
128 (GPU毎)
256 (合計)
コア数
(ダイ毎)
5,1205,120-4,09610,240-8,19215,360-12,2888,192
コア数(合計)5,1205,120-4,09610,240-8,19215,360-12,28816,384
メモリバス幅256-bit128-bit256-bit384-bit384-bit x2?
メモリ種類GDDR6GDDR6GDDR6GDDR6GDDR6
メモリ容量最大16 GB最大8 GB最大16 GB最大24 GB最大32 GB
インフィニティ
・キャッシュ
128 MB128-256 MB384 MB512 MB不明
フラッグシップ
SKU
Radeon
RX 6900 XTX
Radeon
RX 7700 XT?
Radeon
RX 7800 XT?
Radeon
RX 7900 XT?
Radeon Pro
TBP330W~200W~300W~400W不明
発売時期2020Q42022Q4?2022Q4?2022Q4?2023?

ソース:wccftech - AMD Radeon RX 7000 Graphics Cards With Rearchitected RDNA 3 GPU Compute Units To Deliver Enhanced Ray Tracing Capabilities & Even Higher Clock Speeds

 

 

 

解説:

RDNA3はレイトレーシング能力も向上する

問題は旧世代のAmpereではなく、Ada Lovelaceに対してどのくらいの性能があるかだと思います。

2GCDもNavi31の上位に位置するモデルのみと言う話も出ていますし、補助電源コネクタもどうなるのかわかりません。

Navi31はMCMにはなるが、グラフィックダイは1つになるという噂も先日流れてきました。

高クロック、エネルギー効率の上昇は性能向上へと使われ、RDNA2より省電力にはならないと伝えられています。

Ada Lovelaceと同様に効率が上がった分は全て性能を向上させることに使われるということになります。

価格もかなり高止まりすると思われますが、RDNA3はどのくらいの価格帯になるのかも注目です。

今のところあまり有力な情報は出てきていませんが、そろそろ具体的な話が出てきてもおかしくはないのかなと思います。

海外の金融アナリストの予想によると、コロナ禍の収束によって人々の娯楽の選択肢が増え、ゲーム需要は一段落すると見られています。

マイニングにしても、ゲーミング需要にしてもAda Lovelace世代は厳しい荒波の洗礼を受ける世代になりそうです。

 

 

 

AMDのGPU Radeonシリーズ

Radeon RX 6X50シリーズ

Radeon RX 6000シリーズ

 

※ SAPPHIREはAMD Radeon専業のメーカーであり、Radeonのリファレンス的なメーカーです。

 

-GPU情報
-,

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2022 All Rights Reserved.