GPU情報

NVIDIA GeForce RTX 4090 Ti & RTX 4090グラフィックスカードのレンダリング画像は、次世代BFGPUのための3スロットファウンダーズ・エディション・クーラーを示唆する

投稿日:

NVIDIAの次世代「Ada Lovelace」BFGPU、GeForce RTX 4090 Ti & RTX 4090の疑惑のレンダーがMoore's Law is Deadによって明らかにされました。このレンダリングでは、フラッグシップGPU「AD102」で利用されるアップデート版「Founders Edition」のクーラーが紹介されている。

NVIDIA GeForce RTX 4090 Ti & RTX 4090グラフィックスカードの疑惑のレンダリングは、3スロットBFGPUクーラーを指摘しています。

NVIDIA GeForce RTX 4090 Tiグラフィックスカードクーラーは、少し前にリークされたと言われています。

非常に説得力のある写真は、おそらく私たちに、次世代Ada Lovelace搭載BFGPUで利用される、アップデートされながらも類似したFounders Editionクーラーを最初に見せてくれました。

今回、MLIDは、同じAD102カードの様々なアングルでのレンダリングを新たに公開した。

このレンダリングは、インサイダーが情報源を通じて収集した情報を用いて作成された。

※ 画像をクリックすると別Window・タブで拡大します。

 

NVIDIAのGeForce RTX 4090 TiとRTX 4090は、450~600WのTGP定格を持つ、非常に電力消費の多い設計になるようです。

以前のリーク&Kopite7kimiからの最近の噂によると、GeForce RTX 40シリーズは、既存のRTX 30シリーズで利用されている同様のクーラーを利用するが、いくつかの内部変更を行うようだ。

RTX 4090 TiとRTX 4090のFEクーラーは、3または3.5スロットの間にあると言われており、より多くのフィンとより多くのヒートシンク表面積を運ぶことになります。

果たしてそれで次世代GPUは大丈夫なのだろうか?

さて、RTX 3090とRTX 3090 Tiグラフィックスカード用の既存のFounders Editionクーラーを見てみましょう。

後者はTGPの数値をほぼ30%押し上げた(350W対450W)にもかかわらず、両方とも同じクーラーを共有しています。

それにもかかわらず、同じクーラーが、ヒートシンク設計やカード自体のファン速度を変更する必要なく、3090 Tiの動作をより低温に保ち、そのクロック目標を達成することに成功したのです。

したがって、既存のFounders Editionの設計が450WのTGPカードを容易に扱えるのであれば、少し厚めのパッケージでより多くの表面積を持つアップデート版は、最大600Wのカードに十分であることは間違いないでしょう。

デュアルフロースルーファンのデザインなど、その他の部分はそのままで、シュラウドのロゴはLEDイルミネーションで光ります。1つ確かなことは、NVIDIA GeForce RTX 4090 TiおよびRTX 4090などの次世代BFGPUを搭載するためには、多くのシャーシスペースが必要だということです。

さらに、少なくとも1200W(またはそれ以上)の定格を持つ非常に堅牢なPSUに投資する必要があります。

次世代GeForce RTX 4000フラッグシップは10月に発売され、残りのラインは数カ月後に続く予定です。カードの詳細については、こちらで確認できます。

NVIDIA GeForce RTX 4000シリーズ グラフィックカードラインアップ(噂):

グラフィックス
カード
GPUPCBモデルSMユニット
数 / コア数
メモリ容量
/バス幅
メモリクロック
/帯域幅
TGP補助電源
コネクタ
発売時期
NVIDIA Titan A?AD102-400?不明144 / 18432?48 GB /
384-bit
24 Gbps /
1.15 TB/s
~900W2x 16-pin不明
NVIDIA GeForce
RTX 4090 Ti
AD102-350?不明144 / 18432?24 GB /
384-bit
24 Gbps /
1.15 TB/s
~600W1x 16-pin不明
NVIDIA GeForce
RTX 4090
AD102-300?PG137/139 SKU330128 / 16384?24 GB /
384-bit
21 Gbps /
1.00 TB/s
~450W1x 16-pin2022Q4
NVIDIA GeForce
RTX 4080
AD103-300?PG13*/139 SKU36080 / 10240?16 GB /
256-bit
18 Gbps /
576 GB/s
~420W1x 16-pin2022Q4
NVIDIA GeForce
RTX 4070
AD104-275?PG141-310 SKU34156 / 7168?10 GB /
160-bit
18 Gbps /
360 GB/s
~300W1x 16-pin2022Q4
NVIDIA GeForce
RTX 4060
AD106-***?不明>36 / 4608?8 GB /
128-bit
不明~200W1 x 16-pin2023Q1

ソース:wccftech - NVIDIA GeForce RTX 4090 Ti & RTX 4090 Graphics Card Renders Point To 3-Slot Founders Edition Cooler For Next-Gen BFGPUs

 

 

 

解説:

RTX4090/TiのFounder's Editionは3.0~3.5スロットまでに収まるか?

実際、3.2スロットや3.5スロットでも4スロット分のスペースを食いますから、あまり関係ないのですが、冷却と言う面で見れば、若干余裕があった方が良いでしょう。

元記事のレンダリング画像を見ると3スロットギリギリに「見え」ますね。

3スロットギリギリならば、Mini-PC愛好家でもギリギリ使えるレベル(冷却が正常に出来るかどうかは別として)と言うことになります。

AIBのOCモデルはほぼ確実に4スロット標準、OCなしか弱OCのモデルが3スロットになると思います。

ThermalTakeの激安ミニタワーケース(MicroATX)では、4スロットギリギリで下に電源が入りますから、吸気が非常にしにくくなるか、向きによっては電源の吸気口とケンカすることになります。

いずれにしてもGPUの他には全くお金をかけてこなかった割り切り派の人たちもMicroATXからATXのケースに変更する必要があると思います。

そうしないとケースのレイアウトによっては・・・・と言うよりほとんどのミニタワーPCで窒息することになると思われます。

※ たとえ価格のためにMicroATXのマザーボードを使い続けるとしても。

ここまで来ると、nVidia主導でGPUに取り付けられる水冷ユニット標準規格を作ってほしいところです。

PL2やPPTが230W・240WのCPUよりはよっぽど大容量の電気を食うわけですから。

RTX4090より上のモデルはAD103以下を使うRTX4080以下のモデルと比べると隔絶した性能を持つことになると思われますが、その代償はあまりにも大きいと言わざるを得ないでしょう。

AMDのX670/Eもデュアルチップになり小さくてもMicroATX程度のサイズになると言われていますが、次世代パーツを体験するパスポートの価格はかなり高止まりしそうな感じです。

 

 

nVidia RTX3000シリーズGPU

RTX3090

 

RTX3080Ti

 

RTX3080 10GB LHR

 

RTX3070Ti

 

Geforce RTX3070 8GB GDDR6 LHR

created by Rinker
ZOTAC(ゾタック)
¥128,157 (2022/06/26 03:52:49時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
ZOTAC(ゾタック)
¥90,722 (2022/06/26 03:56:20時点 Amazon調べ-詳細)

 

RTX3060Ti 8GB GDDR6

created by Rinker
ZOTAC(ゾタック)
¥99,750 (2022/06/26 04:16:42時点 Amazon調べ-詳細)

 

RTX3060 12GB GDDR6

 

RTX2000シリーズ

RTX2060 12GB

RTX2060が12GBメモリを搭載して復刻

 

nVidia Geforce RTX1600シリーズ

GTX1650SUPER

 

GTX1650 GDDR6

 

 

-GPU情報
-,

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2022 All Rights Reserved.