GPU情報

2020年に発売されるNVIDIAのAmpere GPUは、サムソンの7nm EUVプロセス製造されるでしょう

投稿日:

1年近く前に認定されたAmpere GPUの最初の具体的な(そして信頼できる)リークが、おそらく表面化したものです。

台湾の主要出版物は、NVIDIAのAmpere GPUが2020年に発売され、Samsung 7nm EUVプロセスで製造されることを確認しました。

 NVIDIAのロードマップについて説明しているだけでなく、プロセスに関する非常に適切な詳細も明らかになっているため、これはとても興味深いニュースです。

 

2020年に発売するNVIDIAのAmpere GPUはTSMCでは製造されないがSamsungの7nm EUVプロセスで製造される

NVIDIAのAmpere GPUがEEC認証に合格したときに、私たちは以前に聞いたことがありますが、それ以降は何も出ませんでした。

NVIDIAがRTXの理念を継続し、それをAmpereで次のレベルに引き上げる可能性は非常に高いです。

現在、Turing GPUは、軽度から中程度のパストレースワークロードに対して1080p 30 fpsのレイトレーシングが可能です。

Ampere GPUはさらに進歩するでしょう。

Samsungの7nm EUVプロセスに基づいているという事実は、パフォーマンスの優位性と電力効率の優位性を検討していることを意味します。

それだけでなく、信じられないかもしれませんが、7nmのEUVは実際には標準的なUVマルチパターニングの取り組みよりも製造が容易であると考えられています。

EUVは、会社が新しい光源に移行するにつれて難易度曲線がリセットされたようなものです。

しかし、これには大規模なツールの変更が必要になりますが、規模の経済性はほぼ確実にその価値があることが証明されます。

最低でも、検討しているすべてのものを50%増やし、ワット数を増やすと見ています。

 

正しいことは、NVIDIAはTSMCの最大の顧客の1人であり、現代のゲーム技術の大半の黎明期から彼らの忠実な守護者となっています。

サムソンの7nmテクノロジへの移行を実際に計画しているのであれば、それが会社だけでなくTSMCにも影響を与えるでしょう。

ここで起こっている2つの可能性がある、サムスンが彼らに財政的によりよい取り引きを提供するか、またはNVIDIAがサムスンの7nm技術が優れていると信じる理由があります。

これが当てはまる理由の1つの理由が推測できます。

現在、TSMCの7nmプロセスはEUVに基づいていませんが、EUVノードの計画はあります。

NVIDIAがSamsungに移行することを計画しているプロセスはEUVです。

 

それはサムスンのEUVプロセスが彼らのゴールを達成するのを助けるのにTSMCベースのものより良いポジションにあると信じられる理由を持っていることを意味するでしょう。

もう1つの潜在的な理由は、TSMCが彼らに大量のボリュームを提供することができず、Apple Inc.のものよりもそれらを優先させることが決してないということです。

同時に、AMDはその容量の多くを使い果たしており、NVIDIAの好きなように使うには窮屈すぎます。

一方、Samsungのファウンドリには十分な容量があり、Samsung Electronicsが巨大企業であることを考慮すると、単なる収益の問題でお金を使ってそれらを解決することができます。

 

考えてみれば、SamsungはNVIDIAと同じくらい野心的な会社にとって論理的なパートナーです。

今のところIntel Foundriesの機能に大きな疑問符が付き、TSMCが独り占めになっても、SamsungはNVIDIAが利用できる唯一の最先端ファウンドリであり続ける。

  Global Foundriesは今年初めに最先端のレースから脱落しました。

Ampere GPUはNVIDIAの誇大宣伝の次のステーションですので、私は正式に宣言できると思います。

ソース:wccftech - NVIDIA’s Ampere GPU Launching In 2020, Will Be Based On Samsung’s 7nm EUV Process

解説:

Ampere GPUの詳細が語られるようになってきました。

以前Ampereは機械学習向け、高速演算向けのGPUというリークがありましたが、Voltaと似たようなスケジュールだとすると、2020年早々の発売・発表になるのでしょうか。

こちらが、Samsung Electronicsの7nm EUVで生産されるようです。

nVidiaはプロセスを進めるときは先に機械学習・高速演算向けのGPUから設計・製造発注しますので、この話が本当だとするとRTX3000シリーズはSamsung Electronicsの7nm EUVでほぼ決まりといってもいいと思います。

やはり、四半期ごとに数億デバイスを売り、豊富な資金力を誇るスマホ勢と世界累計約1億台を販売したソニーのPS5、マイクロソフトの次期Xboxに採用されることが決定しているAMDのRyzenシリーズやNaviと比較すると、資金的に弱いのでSamsung Electronicsの7nm EUVに押し出されてしまったというのが本当のところのようです。

まあ実際、Samsung Electronicsの7nmはかなり不人気だった(というより、どこの企業も発注しなかった)ので、TSMCでは思ったようにオーダーできないというのは説得力がありますね。

韓国は今かなり政治的に不安定なのでその点が心配ですが、intelに移籍したRaja氏もSamsung Electronicsの工場を訪れたということなので、まあ、大丈夫なんじゃないでしょうか。(笑

サムスンの副会長は今のムン・ジェイン大統領の前の大統領を支援しており、ムン・ジェイン大統領が就任した後に逮捕・有罪判決を受けています。

※ ちなみに会長は入院中で長男の副会長が実質的トップ

韓国では積弊清算と言って政権交代すると前の大統領を支援していたものは大抵逮捕されたり粛清されたりします。

※ そのため、上場企業(財閥企業)のトップは大抵逮捕歴がある

日本人的な感覚ではわかりにくいと思いますが、政権交代イコール「国が変わる」という感覚と同じ思ってもらって差し支えありません。

日本人的な感覚だと戦争に負ける=領主が変わっても下の人間は処罰されませんが、外国だと占領地の領民は殺して自国の領民を連れてきて新しい土地で食わせるというのが「戦争」ですので、それに近い感覚なんだと思います。

そういう事情なので前のバク・クネ大統領を支援していた今のサムスンは結構ダメージ受けてると思います。

 

-GPU情報

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2019 All Rights Reserved.