CPU情報

AMD Ryzen 3 7320Uプロセッサが目撃される、新しいMendocino Zen2/RDNA2 APUである可能性が最も高い

投稿日:

 

最初のRyzen 7000 CPU

Userbenchmarkのウェブサイトでは、未発表のAMD Ryzen 3 7320Uプロセッサをフィーチャーした新しいエントリを見つけることができます。

このRyzen 7000 CPUは、Zen4マイクロアーキテクチャをベースにしていない可能性が高く、実際にはZen3でない可能性さえあります。

Ryzen 3 7320Uは、FT6ソケットをベースとし、クアッドコア構成であると伝えられている。

これは、発表されたばかりのモバイル機器向け低価格・低消費電力APU「Mendocino(メンドシーノ)」を正確に確認することができる。

このクアッドコアCPUは、ベースクロックが2.4GHzで、ブーストは4.1GHz以上となるようだ。Mendocinoが低消費電力市場をターゲットにしていることを考えると、このブーストはそれほど高くする必要はないだろう。

しかし、驚くべきは、最初のRyzen 7000 APUが、Zen2アーキテクチャをベースにしていることだ。

したがって、AMDは、再び、1つのシリーズでアーキテクチャを混在させることになる。

AMD Ryzen 3 7320Uプロセッサー、ソース:ユーザーベンチマーク

FT6ソケットは、2週間前に表面化したリークスライドでMendocinoのためにリストアップされていた。

このスライドでは、Mendocino(つまりRyzen 3 7320U)が最大2個のRDNA2 Compute Unitsを搭載することも確認されている。

上記のDevice ID(1002-0123)は、既知の統合GPUとは一致しない。

AMD Mendocinoのスペック、ソース:Chiphell / @Olrak29_

AMD Mendocinoは、今年の第4四半期に発売されるはずです。

したがって、Ryzen 7000シリーズは、すでに2022年に発売されるはずだと言えるかもしれない。

ソース:Videocardz.com - AMD Ryzen 3 7320U processor spotted, it’s most likely the new Mendocino Zen2/RDNA2 APU

 

 

解説:

Ryzen7000シリーズのベンチマークがリーク

ただし、Mendocino(Zen2+RDNA2)です。

こちらはChromebookのような省電力低価格モバイル向けのAPUです。

残念ながら、Raphaelではありません。

Mendocinoと言うとOld PCファンにとってはデュアルソケット対応のCeleronを思い浮かべると思いますが、今後はAMDのAPUのことになりますね。

何とも紛らわしい話ですが、こういったものもRyzen7000シリーズ世代のファミリーになるようです。

 

 

 

Ryzen 5000シリーズ

追加された新モデル

 

従来のラインナップ

created by Rinker
AMD
¥78,980 (2022/09/30 08:00:10時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

Ryzen 5000GシリーズAPU(GPU内蔵・並行輸入品)

 

 

-CPU情報
-,

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2022 All Rights Reserved.