その他

中国国産チップメーカーのLoongsonが、2023年までにAMDのZen 3搭載の次世代CPU「Ryzen」をターゲットにする。

投稿日:

 

中国国内のCPUメーカーであるLoongsonは、次世代チップでAMDのZen 3レベルの性能に到達する野心的な計画を打ち出している。

中国国産CPUメーカーLoongson、次世代チップでAMD Zen 3の性能に到達すると主張

Loongsonは昨年、中国自社製の64ビットGS464Vマイクロアーキテクチャを採用したクアッドコアCPU「3A5000」のラインアップを公開し、DDR4-3200デュアルチャネルメモリ、1次暗号化モジュール、コアあたり2つの256ビットベクターユニット、4つの算術ロジックユニットをサポートすることを特徴としています。

また、Loongson Technologyの新プロセッサは、4つのHyperTransport 3.0 SMPコントローラで動作し、「1つのシステム内で複数の3A5000を一体的に動作させることができる」という。

最近、LoonArch命令セットアーキテクチャを採用した最大16コアの新型CPU、3C5000を発表しました。

さらに、Loongsonは一歩進んで、同じアーキテクチャをベースにした32コアのバリエーション、3D5000をリリースする予定であり、これは同一パッケージに2つの3C5000ダイを搭載する。つまり、実質的にはマルチチップレットソリューションということになる。

※ 画像をクリックすると別Window・タブで拡大します。

 

しかし、この発表会の中でLoongsonは、全く新しいマイクロアーキテクチャを採用し、AMDのZen 3 CPUと同等のIPCを実現する次世代チップ「6000シリーズ」を投入する予定であることも明らかにした。

これはかなり大胆な主張だが、それについては、同社の現在の立ち位置を確認する必要がある。IPCの面では、Loongson 3A5000は、シングルコアの性能ワークロードにおいて、様々なARMチップ(7nm)やIntel Core i7-10700と比較しても、非常に高い競争力を示しています。

また、Loongsonの次世代CPUである6000シリーズは、既存の5000シリーズに比べて固定小数点演算性能が最大30%、浮動小数点演算性能が最大60%向上しており、そのシミュレーション性能も公開されています。

性能比較では、3A5000の4コアCPU、クロック2.5GHzと、Core i7-10700「Comet Lake」の8コア、クロック2.9GHzのCPUを比較している。

Loongsonチップは、Spec CPUとUnixbenchでは僅差かな差かそれ以上に終わるが、マルチスレッドテストではコアが半分になっているため負けてしまう。

この程度の性能でも、国内生産のため、これらのチップの価格が中国の教育や技術センターでの使用には非常に経済的であることを考えると、まともなように見える。

同社は、期待されるアーキテクチャやクロック速度については言及していないが、Zen 3コアアーキテクチャに基づくAMD RyzenおよびEPYC CPUの両方をターゲットとしており、既存のチップと同じプロセスを利用する予定である。

※ 画像をクリックすると別Window・タブで拡大します。

 

さて、なぜ2023年にZen 3の性能なのか、疑問に思われるかもしれない。その答えは、中国国内のハイテク産業にとって、これは本当に大きな問題であり、IPCでZen 3に匹敵するチップを持つことで、最新のチップの性能レベルに近づけるからだ。

さらに、AMDはAM4がすぐにはなくならないと断言しているので、Zen 3はまだ当分の間生き続けるかもしれない。

Loongsonは、最初の16コア3C6000チップを2023年初頭に、32コアバージョンを2023年中頃に、次世代は数ヶ月後の2024年に最大64コアの7000ラインアップでフォローアップすることを目標にしています。

ソース:wccftech - Flagship NVIDIA GeForce RTX 40 ‘AD102 GPU-Powered’ Graphics Cards Could Feature 4-Slot Coolers With Triple Fan Reference Designs

 

 

 

解説:

中国国産のx86が登場、次世代製品でZen3相当の性能に迫ると宣言

中国国産チップとして、AMDと協力してセキュリティ機能を独自にしたチップ(初代Ryzen)を使用していたのですが、残念ながら米中の貿易摩擦で中止になってしまったのでどうも国産に切り替えていたようですね。

Zen3に迫る性能と言うのは驚きです。

中国はOSも国産に切り替えたいようで、Linuxベースの独自OSに切り替えているようです。

特にx86にこだわる必要はないと思いますが、性能を出すならx86と言うことなのでしょうか。

確か中国はRISC-Vにも力を入れていたはずですが、こちらは性能を出すのは難しかったのでしょうか。

x86はライセンスの塊のようなものですので、アメリカとの摩擦を考えるとあんまりよくないんじゃないかなと思います。

もっと性能の低い別のx86互換CPUの話ですが、台湾VIAのセントールテクノロジーのライセンスを借りて問題を回避していたはずですが、アメリカならいかようにも邪魔できそうですので、こちらもアメリカと衝突した以上あまり良くないのではないかと思います。

一番安全なのはやはりRISC-Vだと思います。

と言うわけで、中国国産のx86CPUがZen3に迫る性能になるという話でした。

 

 

 

-その他
-

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2022 All Rights Reserved.