その他

インテル、サードパーティ・ファウンドリ事業に参入、アリゾナに200億円規模のファブを設置

投稿日:

インテルは、インテル・ファウンドリ・サービシズ(IFS)ブランドでサードパーティの半導体ファウンドリ事業に正式に参入することを、CEOのパット・ゲルシンガー氏が火曜日に発表しました。

この事業体は、TSMCと同様のビジネスモデルで運営され、最新のファウンドリー技術をインテル以外のサードパーティの顧客に提供します。

同社は、米国およびEUの顧客、特に米国内での安全な半導体製造を必要とする企業や政府機関に対する主要なファウンドリーサービスプロバイダーとなることを目指しています。

そのために、ゲルシンガー氏はアリゾナ州に200億ドルを投資し、2つの半導体ファウンドリーを設立することを発表した。

インテルは、ファウンドリーサービスのポートフォリオにインテルの技術をIPブロックとして含んでいるため、他のファウンドリー企業よりも優位に立つことができる。

IFS社は、半導体業界のベテランであるランディル・タッカー博士が指揮を執り、パット・ゲルシンガー氏の直属となります。

インテル社によると、アリゾナ州への200億ドルの投資は、3,000人以上の高技能職、3,000人以上の建設職、そして約15,000人の地元の長期的な雇用を生み出します。

ソース:Techpowerup - Intel to Enter Third-Party Foundry Business, Set Up $20 Billion Fabs in Arizona

 

インテル、2023年のプロセッサー生産の一部をTSMCに委託

インテルのプロセッサー製造に関する問題は、特に10nmや7nmなどの新しいノードでは広く知られています。

同社は最新の半導体プロセスを予定通りに提供することができず、そのため多くの製品の発売を遅らせてきました。

しかし、事態は完全にUターンし、地獄が凍りつくことになりそうだ。ウ

ェブキャストイベント「Intel Unleashed: 昨日行われたウェブキャストイベント "Engineering the Future "の中で、同社は7nmプロセスとその実現性についていくつかの発表を行いました。

インテルが2023年に向けて新しいMeteor Lakeプロセッサーのラインナップを開発しており、これが7nmノードで製造される予定であることはすでにお伝えしました。

しかし、インテルはプロセッサー生産の一部を外部のキャパシティを利用して製造する必要がありそうです。

同社は、2023年のプロセッサー・ラインアップの一部を、未知のTSMCプロセスで製造することを確認しています。

つまり、インテルとTSMCは必要なキャパシティをすでに確立しており、TSMCはインテルのためにウェハキャパシティをすでに予約しているということです。

このようなことは過去に一度もありませんでした。

というのも、インテルは常にプロセッサーの生産を自社内で行っていたからです。

しかし、新しい半導体プロセスに対する大きな需要があることを考えると、インテルは需要に対応するために外部の製造方法を検討しなければなりません。

ソース:Techpowerup - Intel to Outsource a Part of 2023 Processor Production to TSMC

 

 

解説:

世界の最先端工場がアリゾナに集結

Intleの他、TSMCがアリゾナにメガFabを建設予定、サムスンが検討中(かなりえげつない交渉をしているようです。)なので実現すれば世界の最先端Fabがアリゾナに集結することになります。

また、Intelは2023年から一部のプロセッサ生産をTSMCに委託予定とのこと。

さらに、IntelのFabも外部の業者に開放されるようです。

常識的に考えれば、TSMCのFabはIntelの上位モデルの生産に使われるものと思われます。

Intelの7nmはTSMCの5nmと3nmの中間くらいの半導体密度です。

TSMCの方が優れているのですから、より高価なモデルの生産に使われる可能性が高いでしょう。

半導体の生産拠点は中国と言う巨大な地政学的リスクを避けて、アメリカ国内に移転を始めました。

最悪台湾が戦火に巻き込まれ、アメリカが見捨てても最先端のFabは旧西側諸国で生き残ることになります。

 

-その他

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2021 All Rights Reserved.