CPU情報

AMD Ryzen Threadripper PRO 5000WX CPUとWRX80プラットフォームが、最大64コアのコンテンツ・リッピング性能を持つDell Precision 7865ワークステーションに搭載される

投稿日:

AMDのRyzen Threadripper PRO 5000WX CPU & WRX80プラットフォームが、デルのハードコアなコンテンツクリエイター向け最新ワークステーションPrecision 7865に搭載されることになりました。

AMD Ryzen Threadripper PRO 5000WX CPU & WRX80プラットフォームが、最大64コアのオプションを持つDellのPrecision 7865 Workstationに搭載されました。

LenovoがAMD Ryzen Threadripper PRO 5000WX CPUを搭載したワークステーションPCを独占的に製造・販売して以来、数カ月が経ちました。

そして今日、デルは同じCPUを搭載した最新のPrecision 7865ワークステーションPCを提供し、世界中のコンテンツ・クリエーターに最高のパフォーマンスを提供することに成功しました。

プレスリリースを掲載しました。

本日、デルは、AMD Ryzen Threadripper PRO 5000 WX-Seriesプロセッサーを搭載したPrecision 7865 Towerを発表します。

このプロフェッショナル向けワークステーションは、次の大ヒットアニメーションの制作、トレンドを生み出すAR構想の開発、膨大なデータセットの解析など、あらゆる場面で、圧倒的なパワー、柔軟性、信頼性を1台のシステムに集約しています。

さっそく試してみましょう。新しいPrecision 7865タワーのご紹介

今日、より多くのことをより短時間で、かつシームレスに行うことがゲームの名前です。この新しい高性能タワーは、最新のAMD Ryzen Threadripper PROプロセッサーを搭載し、要求の厳しいさまざまなプロフェッショナル アプリケーションに対応するフルスペクトラムのパフォーマンスを提供します。

Precision 7865タワーは、要求の厳しいマルチアプリケーションのワークロードに最大限に対応し、集中的で複雑なワークストリームに効率的に取り組むことができるようユーザーを支援します。

クロック(CADなどのインタラクティブなワークフローで有効)とマルチコア計算(レンダリングやシミュレーションなどのワークフローで必要)を橋渡しするPrecision 7865 Towerは、データサイエンス、グラフィックデザイン、エンジニアリング、イメージング、VRおよびAIイニシアティブを妥協なく強化します。

Precision 7865 Towerは、混在したワークフローに依存するエンジニア、建築家、クリエイター、デザイナー向けに設計されており、最大64のCPUコア、最大56TBのストレージ、オプションのThunderbolt 3、最大1TBのDDR4 ECCメモリ(RMT Pro搭載)、プロフェッショナル向けグラフィックオプション(最大32GB AMD Radeon PRO W6800または最大48GB NVIDIA RTX A6000グラフィック)が搭載されています。

Precision 7865 Towerは、パフォーマンスを犠牲にすることなく、作成とレンダリングを同時に行うことができます。

より多くのパワーがより多くの熱を意味するべきではありません。新設計のシャーシは、重要なコンポーネント専用のエアチャネルをサポートする六角形の通気パターンを備えています。

これにより、熱効率と静音性が向上し、システムがスムーズかつ静かに動作している間、作業に集中することができます。

Precision 7820タワーより14%小型化されたシャーシに、このすべてが詰め込まれています。

Precision 7865ワークステーションは、デルが長年にわたって取り組んできた保守性の向上が反映されています。

前面と側面から簡単にアクセスできるため、保守とアップグレードがより簡単になります。内部を見ると、工具不要の内部構造、整理された色分けされたコンポーネントがあり、電力需要の増加に応じてメモリ、ストレージ、グラフィックカードをより直感的にアップグレードすることができます。

デルのエンジニアは、将来を見据え、現在のパフォーマンスニーズを満たすだけでなく、使用するプロフェッショナルとともに成長し進化するために、アップグレード性と拡張性を優先させました。

ミッションクリティカルな信頼性と強化されたエクスペリエンス

さまざまなアプリケーションやマルチスレッドのワークフローにおけるパフォーマンスと生産性は、常に高い水準である必要があるため、信頼性とセキュリティは極めて重要です。

厳格なテストとベンチマークに裏付けられた専門的なソフトウェア認証により、アプリケーションが最適化され、完全に機能することを保証します。

フィルム・ビデオ技術のリーディングカンパニーであるBlackmagic Designを含むエリートパートナーが、卓越した拡張性のあるユーザーエクスペリエンスを提供します。

「DaVinci Resolve Studioは、初めて映像制作を行う方から巨大スタジオまで、ますます複雑化・高解像度化する映像ワークフローに対応するために活用されています。彼らが制作するために必要なテクノロジーは、パワフルなだけでなく信頼性も高いものでなければなりません。AMD Ryzen Threadripper PROを搭載した新しいPrecision 7865 Towerは、高いパフォーマンスと複雑な計算を実現し、お客様にBlackmagic Design Resolve Studioを実行するパワフルで設定可能なシステムを提供します」と、社長のDan Mayは述べています。

さらに、Dell Optimizer for Precisionソフトウェアは、システムをよりスマートにし、AIを用いてお客様のワークスタイルを学習してニーズに応え、アプリケーションのパフォーマンスを自動的に向上させ、専門的なレポートと分析を提示します。

Precision 7865 Towerは、マシン内部へのアクセスを容易にする配慮されたデザインを採用し、侵入検知機能付きのロック可能なシャーシにより安全性を確保しています。

TPM 2.0 (Trusted Platform Module) と自己暗号化ドライブは、機密データ、知的財産、および機密プロジェクトの保護に役立つ、ユーザーが信頼できる包括的なソリューションを作り出します。

さらに、使用頻度の高いUSB Type-CとAポートはタワーの前面に配置され、キャリングハンドルにより必要な時に持ち運ぶことができます。

Precision 7865タワーは、さまざまな職場環境やチームに適合するソリューションの提供に引き続き注力しており、高速なネットワーク速度(1Gbおよび10Gbネイティブ)を実現し、自宅での作業をサポートするとともに、1つのタワーで複数のユーザーを仮想的に使用できるようにします。

AMD PRO Manageabilityにより、Precision 7865は、安全なアウトオブバンドおよびリモート管理を実現し、IT管理者は、場所に関係なく従業員のニーズをサポートできるため、従業員は好きな場所で仕事ができるようになります。

発売と販売開始時期

Dell Precision 7865タワーは、今夏より全世界で発売され、価格は出荷間近に発表される予定です。

デルの創立25周年を祝うのに、境界を押し広げ、お客様が必要とするツールを作り続けること以上にふさわしい方法はありません。

Precision 7865タワーは、まさにそのための製品です。

Dell Precision 7865 AMD Ryzen Threadripper Pro 5000WX CPUワークステーションのスペックと特徴。

※ 画像をクリックすると、別Window・タブで拡大します。

ソース:wccftech - AMD Ryzen Threadripper PRO 5000WX CPUs & WRX80 Platform Now Powers Dell’s Precision 7865 Workstation With Up To 64 Cores of Content-Ripping Performance

 

 

 

解説:

今度はDellからThreadripper5000シリーズ搭載のワークステーションが発表される。

ThreadripperはLonoveとかなり大口の契約を結んだと言われるAMDですが、今度はDellからもThreadripper5000シリーズ搭載のワークステーションが発表されました。

やはりThreadripper5000シリーズは自作のリテール市場優先ではなく、OEMのワークステーション向けが主流になってしまったようです。

自作erとしては非常に残念ですが、自作市場向けには流れてこないという解釈でよいのかなと思います。

チップセットとソケットが変わったときに「長く使える」と言う話だっただけに非常に残念な話です。

Zen4搭載のTreadripperも発売されるとは思いますが、一世代スキップと言う形になったら、ユーザーが付いてくるかどうかと言うのは微妙なのではないかと私は思います。

商売としてはこちらの方が「成功」なのかもしれませんが、ちょっと寂しい話です。

自作PC向けのリテール製品が出ることを期待しています。

-CPU情報
-,

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2022 All Rights Reserved.