CPU情報

Intelの第10世代「Comet Lake」デスクトップCPUラインナップが10コア、20スレッド、5.2 GHzのブーストで499米ドル、8コアが339米ドル、6コアが179米ドル

投稿日:

Intelの第10世代「Comet Lake」のCPUラインナップ全体が13SKUと仕様がリークしているようです。

Comet Lakeファミリーは、2015年以来私たちが手に入れた14nmのSkylakeアーキテクチャのいくつかの更新の継続であり、それを受け取るための最新のものが10番目のGenファミリーになるように見えます。

 

Intelの第10世代「Comet Lake」14nm +++ CPUラインナップが漏洩、10コアは409米ドル、8コアは339米ドル、6コアは179米ドル、4コアは129米ドルと発表 - New Socket LGA 1159

それで、そのラインナップはComputerbaseによって投稿されました。そして、そのオリジナルのソースが中国に拠点を置く技術フォーラムからのものであると述べました。

 技術的にはSkylakeと同じアーキテクチャとプロセスノードからの追加された改善に基づいているため、新しいラインナップに大きな変更を加えることはできないようです。

10th GenのラインナップはCoffee Lakeのリフレッシュよりも1つ多い14nm +++ノードを利用しています。

 

現在ラインナップに登場している、トップ層の部品は現在10コアと20スレッドを特徴とするCore i9シリーズです。

このデータシートによると、10個のコアを持つCore i9シリーズは、409米ドルから最大499米ドルです。

現在、Core i9-9900K(8コア/ 16スレッド)は小売店でおよそ499米ドルで販売されているので、これは非常に驚くべきことです。

AMDが12コア、24スレッドを499米ドルにするのは、Intelが第10世代でこのような競争力のある価格をもたらした理由かもしれません。

Core i7 SKUに移行すると、8個のコアと16個のスレッド部品が2つあり、それぞれ339ドルと389ドルです。

これらの部品は、第9世代の前任者よりも約100米ドル安くなっています。

Core i5 SKUには、4個の6コアと12個のスレッド部品が含まれています。これらは179米ドルから269米ドルまでです。

この価格は、Core i 5 6コア部品の現在の価格とほぼ一致していますが、米国で179ドルで販売されているCore i 5 - 9400にはハイパースレッディングがないことに注意してください。

 

最後に、4コアと8スレッドを特徴とする4つのCore i3 SKUがあります。

これらは129米ドルから始まり、179米ドルになります。

これらのモデルの中には、前世代のインテルの主力SKUに匹敵する仕様を持つことを指摘する価値があります。

競合他社がSKUを150ドル以下のTierに下げた一方で、300ドル以上の価格帯で小売を行った。

インテルCore i9 - 10900KFフラッグシップ10コアCPUの仕様

Intel Core i9-10900KFは、10コアと20スレッドを備えたラインナップの主力SKUであると噂されています。 価格に基づいて、それは合計12コアと24スレッドを提供するAMD Ryzen 9 3900Xと競合するでしょう。

チップは、3.4 GHzベースおよび5.2 GHzシングルコアブーストクロックで動作します。

このチップは、20 MBのキャッシュ、105 WのTDPを特長とし、価格は499米ドルです。

Intelはまだ主流のプラットフォーム上でAMDのより高いコアカウントに匹敵することはないが、最近のAMD Ryzen 3000のレビューを見て、

シングルコアとゲームのワークロードに関しては、Intelが依然として主導的な立場にあるので、10コアがさらに先導的になると予想されます。

 

インテルCore i7 - 10700Kフラッグシップ8コア、コアi5 - 10600K 6コア、およびコアi3 - 10350K仕様

他の話題になるチップは、各コアセグメントの最上位層のSKUです。

Core i7には、Core i7-10700Kがあります。これは、3.6 GHzベースと5.1 GHzブーストのクロック速度を特長とする8コアおよび16スレッドの部品です。

プロセッサは16 MBのキャッシュを提供し、95 WのTDPを持っています。 Core i7-10700Kには「F」という接尾辞が付いていないので、Intel UHD 730 iGPUに付属しており、価格は389 USDです。

チップは同じく8コアと16スレッドの部品であるAMD Ryzen 7 3800Xに対して配置されるべきです。

エントリーレベルのCore i3-10100には、3.7 GHzベースのベースクロックと4.4 GHzブーストの4コアと8スレッドがあります。

このチップは7 MBのキャッシュと65 Wを129米ドルで提供する。 次の表にこのうわさされたラインナップの全スペックを見つけることができます。

Intel 10th Gen「Comet Lake」CPUラインナップ「予備」仕様:

CPU型番製造プロセスコア数/スレッド数ベースクロックブーストクロック(シングルコア)内臓GPUキャッシュTDP価格(米ドル)
Intel Core i9-10900KF14nm+++10/203.4 GHz5.2 GHzN/A20 MB105W$499 US
Intel Core i9-10900F14nm+++10/203.2 GHz5.1 GHzN/A20 MB95W$449 US
Intel Core i9-10800F14nm+++10/202.7 GHz5.0 GHzN/A20 MB65W$409 US
Intel Core i7-10700K14nm+++8/163.6 GHz5.1 GHzUHD 73016 MB95W$339 US
Intel Core i7-1070014nm+++8/163,1 GHz4.9 GHzUHD 73016 MB65W
Intel Core i5-10600K14nm+++6/123.7 GHz4.9 GHzUHD 73012 MB95W$269 US
Intel Core i5-1060014nm+++6/123.2 GHz4.8 GHzUHD 73012 MB65W$229 US
Intel Core i5-1050014nm+++6/123.1 GHz4.6 GHzUHD 73012 MB65W$199 US
Intel Core i5-1040014nm+++6/123.0 GHz4.4 GHzUHD 73012 MB65W$179 US
Intel Core i3-10350K14nm+++4/84.1 GHz4.8 GHzUHD 7309 MB91W$179 US
Intel Core i3-1032014nm+++4/84.0 GHz4.7 GHzUHD 7309 MB91W$159 US
Intel Core i3-1030014nm+++4/83.8 GHz4.5 GHzUHD 7309 MB62W$149 US
Intel Core i3-1010014nm+++4/83.7 GHz4.4 GHzUHD 7307 MB62W$129 US

Intel LGA 1159ソケット、第10世代には新しいプラットフォームが必要ですか? - DDR4-3200ネイティブサポート

すべての詳細に加えて、データシートはまた第10世代ラインナップのための新しいソケットをリストアップしています。

新しいソケットはLGA 1159であると噂されているので、既存のLGA 1151マザーボードとの互換性はありません。

これはまた新しいチップセットを検討することを意味します。

内部的に Intelはすでに400シリーズのチップセットをモバイルプラットフォーム(Ice Lake)に対応させているので、新しいマザーボードにはZ490シリーズを期待するべきです。

既存のCoffee Lake RefreshラインナップのDDR4-2666からのアップグレードであるDDR4-3200メモリ(ネイティブ)のサポートもあります。

ラインナップがいつ発売されるかについての詳細はありませんが、我々は今年後半にこれらを期待することができます。

ソース:wccftech - Intel’s 10th Gen ‘Comet Lake’ Desktop CPU Lineup Allegedly Leaks Out – Core i9-10900KF Flagship With 10 Cores, 20 Threads, 5.2 GHz Boost at $499 US, 8 Cores Start at $339 US, 6 Cores at $179 US

解説:

intelの第10世代Core iシリーズのラインナップがリークしました。

まあ、これはこれで良いと思うのですが、第九世代の65WSKUが全て流れてくる前に第10世代の話が出るのは衝撃的です。

BTO向けのoemには流れているようですが、ついに自作PC向けのリテールには流れてきませんでした。

末尾FのGPU無しがラインナップされているところから見ても、今回も製品が十分に供給されないことが予想され、intelでなければダメな人以外は、性能的な面もあり、RyzenでもよいユーザーはRyzenの方が良いのではないかと思います。

10コア20スレッドから、リングバスが二重になるといわれており、メモリなどのレイテンシの面で悪影響が出るのでは?と言われていることもあります。

いずれにしてもPCI Express 4.0の対応もないですし、DDR5に対応するわけでもありません、

ソケットの形状も変更になりますので、やはりハズレプラットフォームと言わざるを得ないです。

ここ2-3年のPCを持っている人は無理をせずに様子を見て、Skylakeコアと比較してIPCが18%向上したといわれるIcelakeが出るのを待った方が良いです。

まあ、用途として、Ryzen3000シリーズでもよい人はそちらでもよいでしょう

adobeの製品はRyzenと相性が悪いといわれています。

特にPremiere Proなどは複数のユーザーさんが途中で落ちたりなどの障害が起きると報告していますので、そのような用途に使う場合はintelの方が良いでしょう。

まあ、こうした用途は全体のほんの一部であり、そうでない人にとっては別にRyzenでも構わないと思います。

 

 

-CPU情報
-

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2019 All Rights Reserved.