CPU情報

AMD Ryzen 7000、Zen 4コア16基搭載CPUのデモを実施。ゲーム中は最大5.5GHzのクロックを実現、コンテンツ制作では12900Kより最大31%高速

投稿日:

AMDは、Computex 2022の基調講演において、5GHz台をはるかに超える周波数を持つデスクトップ向けCPU「Ryzen 7000」の実力をアピールした。

AMD Ryzen 7000 CPUはIntelのAlder Lakeに匹敵する非常識なクロックをゲーミングで達成可能、最大5.5GHzのデモを実施

AMDは、次世代5nm&5GHz超のRyzen 7000 CPUの印象的なクロック速度をゲーミングで披露し、その結果はまさに信じられないものだった。

Ghostwireでは、レッドチームが5.5GHzを超える最高速を記録しました。

これは、IntelのフラッグシップAlder Lake CPUであるCore i9-12900KSが最大TDP約250Wで達成できるシングルコアのクロックと同じであることを考えると、本当に素晴らしいことです。

AMDは、IntelのAlder Lake CPUラインアップに対する本気の回答を持っていることを証明し、ユーザーは、極度のオーバークロッカーや愛好家向けのハイエンドX670またはX670Eマザーボードで実行すると、さらに高い性能を引き出すことができます。

このチップは量産前の16コアサンプルであり、最終サンプルではさらに優れたCPU性能を見ることができるため、さらに印象的です。

また、AMDは量産前のデスクトップ向けCPU「Ryzen 7000」のIntel Core i9-12900Kに対するレンダリングデモを公開した。

新CPUは競合製品よりも最大で31%高速なパフォーマンスを実現したが、デモではクロック速度や消費電力は公開されなかった。

また、Zen 4チップは33%多いスレッド(32対24)を提供しているため、この性能差は予想されることです。

以下は、AMDの脚注です:

  • 2022年5月5日現在、AMD Performance Labsによるテスト。シングルスレッド性能は、Cinebench R23 1Tで評価。AMD Ryzen 9 5950Xシステム。ASUS ROG Crosshair VIII Hero X570、2x8 DDR4-3600C16。AMD Ryzen 7000シリーズ。AMD Reference X670マザーボード、16コア量産前プロセッサ・サンプル、2x16GB DDR5-6000CL30。すべてのシステムは、Radeon RX 6950XT GPU(ドライバー:22.10 Prime)、Windows 11 Build 22000.593、Samsung 980 Pro 1TB SSD、Asetek 280MM 液体クーラーで構成されています。結果は異なる場合があります。RPL-001
  • AMD Ryzenプロセッサーの最大ブーストは、バースト的なシングルスレッド・ワークロードを実行しているプロセッサーの単一コアによって達成可能な最大周波数です。最大ブースト値は、サーマルペースト、システム冷却、マザーボード設計とBIOS、最新のAMDチップセット・ドライバ、最新のOSアップデートなど、いくつかの要因によって変化しますが、これらに限定されるものではありません。GD-150。
  • AMDの製品保証は、AMDのハードウェアおよび/またはソフトウェアによってオーバークロックが有効になっている場合でも、オーバークロックが原因で発生した損害には適用されません。GD-26.
  • AMD Performance Labsによる2022年5月5日時点のテストでは、生産前のシリコンを使用しており、最終製品の性能予測は、市場でのリリース時に変更される可能性があります。シーケンシャル/サステインディスクのスループットはCrystalDiskMarkで測定しています。AMD Ryzen 7000シリーズ。AMD Reference X670マザーボード、16コアAMD Ryzen 7000シリーズ量産前サンプル、2x16GB DDR5-6000CL30、PCIe Gen 5プロトタイプSSD vs Phison E18+ PCIe Gen 4 SSD、Radeon RX 6950XT (driver: 22.10 Prime), Windows 11 Build 22000.593, Asetek 280MM液体冷却器。結果は、ストレージ・エコシステムの開発および最終製品の発売により変更される場合があります。RPL-002

一般的な性能の向上については、AMDはRyzen 7000 Desktop CPUについて、Ryzen 5000 Desktop CPUに対して15%のシングルスレッド性能のジャンプアップを主張している。

これは、AM5リファレンスX670ボードにDDR5-6000(CL30)メモリを搭載したRyzen 7 5950Xと、量産前のRyzen 7000 16コアチップを比較するベンチマークテスト「Cinebench R23 (1T)」を用いて評価されたものだ。

Ryzen 7000デスクトップCPUは2022年秋に発売される予定なので、最終リテール品ではさらに高いCPU性能が期待できそうだ。

ソース:wccftech - AMD Ryzen 7000 CPUs With 16 Zen 4 Cores Demoed: Can Hit Up To 5.5 GHz Clock Speeds While Gaming, Up To 31% Faster Than 12900K In Content Creation

 

 

 

解説:

Zen4はAlderlake 12900Kより最大31%高速

ハイ、来ました。

AMDの大本営発表なので、本当にあらゆる面で31%高速ではないでしょう。

さて、ここで、Raptorlakeのことを考えてみましょう。

RatporLakeはAlderlakeより8-15%高速となっていますので、単純に比較するとZen4の方が速いということになります。

ここで注意なのはAMDのほうは大本営発表と言うことです。

RaptorLakeの速度が具体的にどのような状況を指しているのかはわかりませんが、見た限りではZen4の方が高速である可能性が非常に高いということになります。

ここで思い出すのはIntelのゲルシンガーCEOが「AMDはバックミラーに映った。もう2度と前を走ることは無い」と言うセリフです。

何度も書いてきましたが、相手をdisると自分に返ってくるというのはビジネスマンあるあるです。

この一言で現場にも余計な負荷がかかりますし、本当に負けたらみっともなさ過ぎるということになります。

AMDがPentium4世代の時にIntelに勝利した時、かなりイキった宣伝の方法をしていました。

そしてIntelもAlderLakeの時にちょっとはしゃいでいましたね。

私はこういうバトル漫画に出てくる直ぐやられる雑魚っぽい安いセリフが嫌いです。

自信があるならドンと構えてればよいだけです。

Lisa CEOになってからこういう調子に乗った発言を一度もしてないので、そう言うところも人物的に好感が持てるところです。

とにかく調子に乗ったり相手を見下した発言をするとロクな目に遭わないというのはなんにでも言えることです。

確かにIntelは素晴らしい企業だと思いますし、AlderLakeもよい製品だと思います。

しかし、「いついかなる時でも絶対に勝てる」なんて状況はあり得ませんし、負けたときに安っぽく相手をdisった言葉は全て自分に返ってきます。

Zen4がRaptorに勝ってLisa CEOが何も言わなかったら、Intelは本当に惨めですよ。

言ったことすらも実現できなかったという事実以外、何も残りません。

人間でも企業でも調子に乗った発言はほどほどにしておくことです。

Intelの社員さんがここを見ているとは思いませんが、現場には余計な負荷がかかって大変ですねとだけ言っておきます。

 

 

 

Ryzen 5000シリーズ

追加された新モデル

 

従来のラインナップ

created by Rinker
AMD
¥76,380 (2022/06/25 07:20:51時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

Ryzen 5000GシリーズAPU(GPU内蔵・並行輸入品)

 

 

-CPU情報
-,

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2022 All Rights Reserved.