CPU情報

AMD Ryzen 7000「Raphael」公式。世界初の5GHz超の5nm CPU、最大16個のZen 4コア、15%以上の性能向上、2022年秋に発売へ

投稿日:

AMD Ryzen 7000「Raphael」デスクトップCPUは、レッドチームが公式に紹介したZen 4コアアーキテクチャを搭載した世界初の5nmチップとなる。

Computex 2022の基調講演で、AMDのリサ・スーCEOは、次世代プラットフォームに関するいくつかの新しい詳細と、Ryzen 5000「Zen 3」ラインナップに対する性能アップを確認した。

AMD Ryzen 7000「Raphael」公式。世界初の5nm CPUは5GHz以上、Ryzen 5000に対して15%以上のパフォーマンスアップで今秋発売予定

AMD Ryzen 7000プロセッサは、アーキテクチャを全面的に見直した全く新しいZen 4コアアーキテクチャを搭載する予定です。

CPUは、高コア数とともに、チップレットデザインを保持します。AMDは仕様に関して何も確認していませんが、TSMCの5nmプロセスノードを搭載し、まずゲーマー向けに設計されていることが述べられています。

Ryzen 7000 CPUは、TSMCの5nmプロセスベースの2つのZen 4 CCD(Core Complex Dies)と、TSMCの6nmプロセスノードで製造される1つのI/Oダイ(IOD)を利用することになるという。

AMD Ryzen「Zen 4」デスクトップCPUの期待される機能。

  • 最大16 Zen 4コアと32スレッド
  • シングルスレッド・アプリケーションで15%以上のパフォーマンス向上
  • 完全新設計Zen 4 CPUコア(IPC/アーキテクチャの改善)
  • 新規採用のTSMC 5nmプロセス・ノードと6nm IOD
  • LGA1718ソケットのAM5プラットフォームでサポート
  • デュアルチャネルDDR5メモリサポート
  • 28 PCIeレーン(CPU専用)
  • TDP105-120W(上限値170W)

Zen 4ベースの次世代RyzenデスクトップCPUは、Raphaelというコードネームで呼ばれ、Vermeerというコードネームを持つZen 3ベースのRyzen 5000デスクトップCPUの後継となる。

Zen 4を搭載した標準的なチップとなるため、今後登場するRyzen 7000 Desktop CPUでは、再び最大16コアと32スレッドが見られると思われるが、アーキテクチャの見直し、新しいプロセスノード、キャッシュの見直し(1MBから512KB)により、性能が大幅にアップしている。

AMDは、Zen 4コアを搭載したRyzen 7000 Desktop CPUは、Zen 3に比べてシングルスレッド性能が15%以上向上し、CES 2022でデモしたように約5GHzのクロック速度を叩き出すと主張している。

このデモでは、未発表のZen 4 Ryzen 7000 CPUが全コア5GHzで動作していた(コア数は言及されていない)ので、シングルスレッドのクロックは5GHzを超えていることになる。

次世代Zen 4搭載プラットフォームでは、最大で5GHzのオールコアブーストが期待できそうだ。

また、CPUにはRDNA 2 iGPUが搭載され、最新のAM5マザーボードのHDMI 2.1 FRLおよびDP 1.4コネクタで使用できるようになるという。

CPUとGPUに加えて、AIアクセラレーション用の拡張命令セットも用意される(AVX-512はどうだろうか)。

AMD Ryzen 7000 Desktop CPUは、45×45mmの正方形の形状をしているが、IHS(Integrated Heat Spreader)と呼ばれる非常に雑然としたものが搭載されているのが特徴である。

既存のRyzen Desktop CPUと同じ長さ、幅、高さで、側面はシールされているので、サーマルペーストを塗ってもIHSの内部がTIMでいっぱいになることはない。

そのため、現在のクーラーがRyzen 7000チップと完全互換になるのもそのためです。

TDP要件については、AMD AM5 CPUプラットフォームは、水冷クーラー(280mm以上)推奨のフラッグシップ170W CPUクラスを筆頭に、6つのセグメントで構成される予定です。

これは、より高い電圧とCPUオーバークロックのサポートで積極的にクロックアップされたチップになるようです。

このセグメントには、高性能空冷クーラーの使用を推奨する120W TDP CPUが続きます。

興味深いことに、45~105Wの製品はSR1/SR2a/SR4サーマルセグメントとしてリストアップされており、純正構成で動作させる場合、標準的なヒートシンクが必要となるため、冷却を維持するために他にあまり必要ないことを意味しています。

発売については、AMD Ryzen 7000 Desktop CPUは今秋発売と言われているので、このチップの動きを見るのは最短で2022年9月ということになる。

マザーボードメーカーは、今後提供されるX670E、X670、B650でほぼ準備ができており、現在発表されているため、これは間違いなく驚くべきことです。

この新しいプラットフォームでは、AMD CPU搭載のプラットフォームで初めてDDR5とPCIe Gen 5.0の両方をサポートすることが可能になる予定です。

AMD Ryzen 7000デスクトップCPUのレンダリング(IHSあり/なし):

AMDメインストリームデスクトップCPUの世代間比較:

AMD CPU
ファミリ
コードネーム製造プロセス最大コア数/
スレッド数
TDPプラット
フォーム
チップセットサポートメモリPCIe世代発売
Ryzen 1000Summit Ridge14nm (Zen 1)8/1695WAM4300-SeriesDDR4-2677Gen 3.02017
Ryzen 2000Pinnacle Ridge12nm (Zen +)8/16105WAM4400-SeriesDDR4-2933Gen 3.02018
Ryzen 3000Matisse7nm (Zen 2)16/32105WAM4500-SeriesDDR4-3200Gen 4.02019
Ryzen 5000Vermeer7nm (Zen 3)16/32105WAM4500-SeriesDDR4-3200Gen 4.02020
Ryzen 5000 3DWarhol?7nm (Zen 3D)16/32105WAM4500-SeriesDDR4-3200Gen 4.02022
Ryzen 7000Raphael5nm (Zen 4)16/32105-170WAM5600-SeriesDDR5-5200
/5600?
Gen 5.02022
Ryzen 7000 3DRaphael5nm (Zen 4)16/32?105-170WAM5600-SeriesDDR5-5200
/5600?
Gen 5.02023
Ryzen 8000Granite Ridge3nm (Zen 5)?未確認未確認AM5700-Series?DDR5-5600+Gen 5.0?2024-2025

ソース:wccftech - AMD Ryzen 7000 ‘Raphael’ Official: World’s First 5nm CPU at Over 5 GHz, Up To 16 Zen 4 Cores, Over 15% Performance Boost, Launching Fall 2022

 

 

解説:

世界初の5GHz超の5nm CPU Zen4 Raphaelが公式にアナウンス

「世界初の5GHz超の5nm CPU」と言うところに苦しさを感じてしまいますが、とにかく、新しいプラットフォームに移り新技術満載のZen4が公式に情報公開されました。

一時期24コア48スレッドになるのではないかと言う観測も流れましたが、16コア32スレッドにとどまるとのこと。

最上位の16コア32スレッドのryzen 9 7950X(?)は5950Xと同じ280mmの水冷クーラー推奨となっています。

AlderLakeに対して後手に回っていたAMDが遂に新しいプラットフォームを公開し、それまでの全てを過去に置き去りにしていく新しい世界の扉を開こうとしています。

確定情報ばかりで目新しいところはないですが、情報が確定したのは喜ばしいところです。

 

 

Ryzen 5000シリーズ

追加された新モデル

 

従来のラインナップ

created by Rinker
AMD
¥78,980 (2022/09/30 08:00:10時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

Ryzen 5000GシリーズAPU(GPU内蔵・並行輸入品)

 

 

-CPU情報
-,

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2022 All Rights Reserved.