CPU情報

AMD、CES 2022を予告:アクセルペダルから足を離さず、全速力で突き進む

更新日:

AMDのCTOであるMark Papermaster氏は、Forbesのインタビューで、2022年のCESではアクセルを緩めず、全速力で突き進むことを明らかにした。

これは、チームレッドが、ハイパフォーマンスコンピューティングに主眼を置いた、コンシューマーベースに向けた大量の発表を行うことを裏付けるものである。

AMD、CES 2022の発表に全力投球、重大な発表が期待される

AMDは、1月4日07:00 PST (15:00 GMT)に基調講演を予定していますが、すでにその周辺では信じられないほどのハイプが巻き起こっています。

というのも、同社はTwitterなどのソーシャルネットワークで、発表を予告しているからだ。

それとともに、次に何が来るのかという憶測も飛び交っているのです

次のマークの言葉は、数週間後に迫ったイベントへの期待感をさらに高めてくれるはずだ。

マーク:私たちが各世代で何を達成しようとしていたかを考えてみると、それはより良い体験を提供することでした。PC市場は、まだ十分なサービスが提供されているとは言えません。ノートPCの場合、バッテリーの寿命は伸びず、グラフィックス技術もそれほど速く活用されていませんでした。これこそが、PCユーザーに素晴らしい体験をもたらすものであり、私たちはそこに焦点を当てました。

1月に開催されるCESは、いつもより静かで、バーチャルな存在感がありますが、次世代製品については、これ以上ないくらいにワクワクしています。今はまだあまり多くを明かせませんが、アントニー、期待していてください。私たちは、アクセルペダルから足を離すことはありません。全速前進です。

フォーブスより

さらに、AMDはVermeer-X Ryzen 3D V-Cacheチップという大きなCPUの発表がある一方で、Zen 3以来、ここ数年で最も大きなアーキテクチャとパフォーマンスのアップグレードとなる次世代コアアーキテクチャZen 4の詳細も発表されると予想されています。

Antony:2022年に向けて、私たちはZen 4の発表にとても興奮していますが、新しいアーキテクチャに何を期待しますか。私のようなPC愛好家が最も感銘を受けるのは何だと思いますか。

マーク:あまり詳しいことは言えませんが、完全に強化された体験になると思います。当初、私たちは消費者の心の最前線に立ち戻る必要がありました。しかし、私たちはその価値以上のものを提供したいと思いました。最高のパフォーマンスと最高のエクスペリエンスを提供したかったので、それを実現した後は、ゲームパートナー、PCパートナー、そしてサーバーパートナーに至るまで、私たちのリーダーシップのおかげで、テーブルにつくことができました。エンドエクスペリエンスを徹底的に最適化することで、バッテリー駆動時間の延長、サービス品質の向上、アプリケーション性能の強化が期待できます。私たちは、AMDが次に発表する製品に対して、お客様が高い期待を持っていることを期待しており、Zen 4でそれに応えようと努力しています。

アントニー 次世代製品については、1月のCESに注目しています。驚異的な体験を提供する新製品の発売について、いくつかの追加の詳細を明らかにすることに興奮しています。そして、私たちが言ったように、今年の後半、進行に伴って、CESでいくつか言及し、2022年の間にそれに関するさらなる発表を行い、Zen 4の詳細を共有することになります。AMDにとって非常にエキサイティングな1年になるでしょう。

フォーブスより

AMD CES 2022 - 期待されること

AMD CES 2022の基調講演では、メインストリームおよび高性能ノートPC向けの次世代Ryzen CPU/APUラインナップを中心に、さまざまな製品が発表されるようです。

新ラインアップはRembrandtと呼ばれ、Ryzen 6000HとRyzen 6000U搭載ノートPCを駆動し、Zen 3とRDNA 2の両方のアーキテクチャと結合される予定だ。

それ以外にも、AMDは、2022年第1四半期に発売が予定されているZen 3D V-Cache「Vermeer-X」CPUに関する詳細な情報を提供してくれるかもしれない。

GPUに話を移すと、AMDはNavi 24アーキテクチャをベースにしたエントリーレベルのRDNA 2デザインをさらに展示し、2022年の幕開けに、NaviとAMDのGPU部門の次の方向性を理解できるよう、最新のロードマップを示す可能性もある。

AMDメインストリームデスクトップCPUの世代間比較:

AMD CPU
ファミリ
コードネーム製造プロセス最大コア数/
スレッド数
TDPプラット
フォーム
チップセットサポートメモリPCIe世代発売
Ryzen 1000Summit Ridge14nm (Zen 1)8/1695WAM4300-SeriesDDR4-2677Gen 3.02017
Ryzen 2000Pinnacle Ridge12nm (Zen +)8/16105WAM4400-SeriesDDR4-2933Gen 3.02018
Ryzen 3000Matisse7nm (Zen 2)16/32105WAM4500-SeriesDDR4-3200Gen 4.02019
Ryzen 5000Vermeer7nm (Zen 3)16/32105WAM4500-SeriesDDR4-3200Gen 4.02020
Ryzen 6000Warhol?7nm (Zen 3D)16/32105WAM4500-SeriesDDR4-3200Gen 4.02022?
Ryzen 7000Raphael5nm (Zen 4)16/32?105-170WAM5600-SeriesDDR5-4800Gen 4.02022
Ryzen 8000Granite Ridge3nm (Zen 5)?未確認未確認AM5700-Series?DDR5-5000?Gen 5.0?2023

ソース:wccftech - AMD Teases CES 2022: We are not letting the foot off the gas peddle, We’re full speed ahead

 

 

 

解説:

CES2022でようやくZen4が公式アナウンスか?

一向に情報が出てこないのでファンの人はやきもきしていたと思いますが、ようやく、CES2022でZen4が公式に告知されるようです。

恐らく、この場でZen3+の話もいくばくか出てくると思います。

AMDはリソースが小さいのでそのようには考えていませんでしたが、Zen3D(Zen3+)とZen4はバッティングしないものとして発売時期が多少オーバーラップしても構わないと思っているのかもしれません。

と言うのも以前から解説で触れていましたが、AMDの場合、両対応しているIntelと違って、DDR4がAM4、DDR5がAM5と住み分けされているからです。

暫くの間、高性能プラットフォームであるZen4は高止まりするのかもしれませんね。

そのため、発売時期が近くなってもAMDは気にしていないのかもしれませんね。

ここのところのIntel快進撃に枕を涙で濡らしていたAMDファンの方、ようやく、AMDが反撃ののろしを上げるようです。

 

 

Ryzen 5000シリーズ

 

Ryzen 5000GシリーズAPU(GPU内蔵・並行輸入品)

 

Ryzen PRO 4000Gシリーズ(GPU付きZen2コアAPU・並行輸入品)

 

旧シリーズの安価なモデル

Ryzen 5

 

 

Ryzen3

-CPU情報
-,

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2022 All Rights Reserved.