GPU情報

AMD Radeon RX 6500 XTは来年1月、RX 6400は来年3月に発売、エントリーレベルのRDNA 2「Navi 24」GPUと4GB GDDR6メモリを搭載予定

投稿日:

AMDのエントリーレベルのRDNA 2「Navi 24」GPUを搭載したRadeon RX 6500 XTおよびRX 6400グラフィックスカードに関する詳細情報がリークされました。

この新しい情報は、BilibiliソーシャルネットワークのEnthusiast Citizenからのものです。

AMD Radeon RX 6500 XTは1月にNavi 21 RDNA 2 GPUをフル搭載、RX 6400は3月にNavi 24 Liteを搭載して発売との噂

AMDは、Navi 24「RDNA 2」GPUを搭載した少なくとも2種類のグラフィックスカード、「Radeon RX 6500 XT」と「Radeon RX 6400」を準備していることがわかっています。

これらのグラフィックスカードは、いずれもエントリーレベルのセグメントを目指しています。「RX 6500 XT」は「GeForce RTX 3050 TI」や「Intel ARC A380」と、「RX 6400」は「GeForce RTX 3050」や「Intel ARC A350」と直接競合することになります。

Navi 24 XT GPUを搭載したAMD Radeon RX 6500 XTグラフィックスカード

AMD Radeon RX 6500 XTは、Navi 24 XT GPUのフルダイを採用しています。

社内では「Beige Goby」と呼ばれているAMD Navi 24 GPUは、RDNA 2のラインナップの中で最も小さく、シングルSDMAエンジンを搭載しています。

このチップは、2つのシェーダアレイで合計8つのWGPと、最大16のCompute Unitを搭載する。

AMDはコンピュートユニットあたり64個のストリームプロセッサーを搭載しているので、Navi 24 GPUの総コア数は1024個となり、32コンピュートユニットに2048個のストリームプロセッサーを搭載しているNavi 23 GPUの半分となります。

コア数に加えて、各シェーダーアレイには128KBのL1キャッシュ、1MBのL2キャッシュ、16MBのLLC(Infinity Cache)が搭載されます。

また、AMD Navi 24 RDNA 2 GPUは、64ビットバスインターフェースを採用し、ローエンドのRadeon RX 6500またはRX 6400シリーズに搭載されます。AMD Navi 24は、2.8GHzの壁を超えるような高クロックを実現することが期待されています。

また、AMD Radeon RX 6500 XTグラフィックスカードは、1024個のコアと4GBのGDDR6メモリを搭載しています。

このカードは、特にETHなどのマイニングアルゴリズムでは動作しないとのことです。

トップモデルのTDPは75Wを若干上回り、起動時には外部電源コネクタが必要となります。

このカードの発売は1月中旬を予定していますので、2022年のCESでの発表を期待しています。

Navi 24 XL GPUを搭載したAMD Radeon RX 6400グラフィックスカード

Navi 24 RDNA 2」の2つ目のラインナップは、768コアの「XL」チップを若干削減した「AMD Radeon RX 6400」です。

4GBのGDDR6メモリを搭載し、クロックは若干低下しますが、2.5GHz以上の周波数帯を維持しているのが特徴です。

「RX 6400」は、TDPが75W以下であるため、起動時に電源コネクタを必要としないと言われています。RX 6400は、インテルが最初のARC Alchemist GPUを発表するのと同時期の3月に発売される予定です。

どちらのGPUもエントリーレベル向けで、希望小売価格は200ドルから250ドル程度になる予定です。Radeon RX 6600シリーズはすでに1080pのプレミアムゲーミングセグメントに位置づけられているため、Navi 24 GPUはエントリーレベルの1080pゲーミング市場をターゲットにしていると予想されます。

しかし、AMD社がRDNA 2 GPUの価格を引き上げ、AIBパートナーにも同様の警告を出していることを考えると、エントリーレベルの市場は、何年も待った末に何かを手に入れようとしている低予算のビルダーにとって、またしても混乱に陥るかもしれません。

AMD Radeon RX 6000シリーズ "RDNA 2 "グラフィックスカードのラインナップ:

グラフィック
カード
AMD Radeon
RX6400
AMD Radeon
RX6500XT
AMD Radeon
RX 6600
AMD Radeon
RX 6600 XT
AMD Radeon
RX 6700 XT
AMD Radeon
RX 6800
AMD Radeon
RX 6800 XT
AMD Radeon
RX 6900 XT
AMD Radeon
RX 6900 XT
Liquid Cooled
AMD Radeon
RX 6900 XTX
GPUNavi 24 (XL)?Navi 24 (XT)?Navi 23 (XL)Navi 23 (XT)Navi 22 (XT?)Navi 21 XLNavi 21 XTNavi 21 XTXNavi 21 XTXHNavi 21 XTXH
製造プロセス7nm7nm7nm7nm7nm7nm7nm7nm7nm7nm
ダイサイズ不明不明237mm2237mm2336mm2520mm2520mm2520mm2520mm2520mm2
トランジスタ数不明不明110.6億110.6億172億268億268億268億268億268億
演算ユニット数12162832406072808080
SP数768102417922048256038404608512051205120
TMU数/ROP数不明不明112/64128/64160/64240 / 96288 / 128320 / 128320 / 128320 / 128
ゲームクロック不明不明2044 MHz2359 MHz2424 MHz1815 MHz2015 MHz2015 MHz2250 MHz未確認
ブーストクロック不明不明2491 MHz2424 MHz2581 MHz2105 MHz2250 MHz2250 MHz2345 MHz2435 MHz
FP32演算性能不明不明9.0 TFLOPs10.6 TLOPs13.21 TFLOPs16.17 TFLOPs20.74 TFLOPs23.04 TFLOPs24.01 TFLOPs24.93 TFLOPs
メモリ容量・種類
インフィニティ
キャッシュ
4 GB GDDR6
+ 16 MB
Infinity Cache
4 GB GDDR6
+ 16 MB
Infinity Cache
8 GB GDDR6
+ 32 MB
Infinity Cache?
8 GB GDDR6
+ 32 MB
Infinity Cache?
12 GB GDDR6
+ 96 MB
Infinity Cache
16 GB GDDR6
+128 MB
Infinity Cache
16 GB GDDR6
+128 MB
Infinity Cache
16 GB GDDR6
+128 MB
Infinity Cache
16 GB GDDR6
+128 MB
Infinity Cache
16 GB GDDR6
+128 MB
Infinity Cache
メモリバス幅64-bit?64-bit?128-bit?192-bit192-bit256-bit256-bit256-bit256-bit256-bit
メモリクロック14Gbps14Gbps16 Gbps?16 Gbps16 Gbps16 Gbps16 Gbps16 Gbps18 Gbps18 Gbps
メモリ帯域幅112GB/s112GB/s256 GB/s?256 GB/s384 GB/s512 GB/s512 GB/s512 GB/s576 GB/s576 GB/s
TDP~75W~100W132W160W230W250W300W300W330W350W
価格~$200 US~250 US?$329$379$479 US$579 US$649 US$999 US~$1199 US~$1199 US

ソース:wccftech - AMD Radeon RX 6500 XT Launches In January & RX 6400 In March Next Year, Will Feature Entry-Level RDNA 2 ‘Navi 24’ GPU With 4 GB GDDR6 Memory

 

 

 

解説:

RX5500XTの後継RX6500XTは来年1月、75W枠のRX6400は来年3月か?

と言うリークが出ました。

最近Intel ARC A380やnVidiaのRTX3050シリーズなど低価格帯GPUのリークが続いていますが、中でもメモリが4GBのRX6500XTとRX6400は余るかもしれません。

理由はやはり4GBではマイニングで使いにくいからです。

現時点でも4GBのGTX1650はかなり入手しやすく、価格もそれほど高くはありません。

まあ、4GBあれば、FullHDのゲームを動かすには困ることは無いでしょう。

ゲーマーにとっては全く問題ない性能だと思われます。

メモリバス幅64bit、メモリ帯域幅112GB/sは実に2世代前のローエンド、GTX1050Tiと同レベルで、本来ならばとても現役で戦えるようなスペックではありませんが、Navi24にはインフィニティキャッシュがあるため、実質の帯域幅はもっと大きいでしょう。

この辺は演算器にシリコンを割かずにキャッシュにシリコンを割いたコロンブスの卵的な発想で作られたRDNA2の優れたところだと思います。

 

 

 

AMDのGPU Radeonシリーズ

Radeon RX 6000シリーズ

 

 

※ SAPPHIREはAMD Radeon専業のメーカーであり、Radeonのリファレンス的なメーカーです。

-GPU情報
-,

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2022 All Rights Reserved.