GPU情報

AMD Radeon RX 6750 XTグラフィックス・カード、リークされたベンチマークでRX 6700 XTよりわずか2%の性能向上

投稿日:

数週間後に発売されるAMDのRadeon RX 6750 XTグラフィックスカードがテストされ、前モデルよりもわずかに性能が向上していることが判明しました。

AMD Radeon RX 6750 XTはリークされたグラフィックカードベンチマークでRX 6700 XTよりわずか2%高速化

AMD Radeon RX 6750 XTは、RDNA 2 Refreshのラインナップに搭載される3枚のグラフィックスカードのうちの1枚だ。

このグラフィックスカードは、前モデルと同じコア構成を維持し、2560個のストリームプロセッサに相当する40個のコンピュートユニットを搭載しています。

また、このグラフィックスチップは、RDNA 2ベースのGPUでレイトレーシング機能を実現するための40個のレイ・アクセラレータを備えています。

グラフィックスカードは、12GB GDDR6メモリバッファと192ビットバスインターフェイスを搭載する。

AMDは18Gbpsのダイを使用し、カードの総帯域幅を432GB/sにする予定である。

さらに、96MBのInfinity Cacheを搭載しています。GPUはGen4.0に完全準拠する。TBPについては、230~250Wの設計が採用される見込みだ。

RX 6950 XTとRX 6650 XTは、メモリクロックだけでなく、コアクロックも向上するという報告がすでにあることから、AAAゲームでもそれなりの向上が期待できるだろう。

メモリ帯域幅だけでも、標準のRadeon RX 6700 XTから12.5%向上しているとのことです。

しかし、komachiが発見したベンチマーク(Videocardzより)では、RX 6750 XTはGFXBench内でテストされたとされています。

このベンチマークでは、コアクロックやシステム構成などの具体的な情報は提供されていないが、ある特定のテスト(Aztec Ruins High Tier)では、6750 XTは362.2 FPSに対し、366.5 FPSを提供しているという。

これは、DirectX APIの約2%の性能向上となる。

GFXBenchの性能は、実際にゲームで見られるようなものを反映しているわけではないので、まだ議論の余地があります。

グラフィックスカードについては、他のモデルとともに、カスタムとリファレンスの両方のモデルで5月10日に発売される予定だ。

RDNA 2 refreshは、旧モデルを置き換えることになる。

AMD Radeon RX 6000「RDNA 2」デスクトップ・グラフィックス・カード・ラインナップ:

グラフィック
カード名
GPU コード
ネーム
製造
プロセス
演算ユニット
数/コア数
メモリ容量
/ バス幅
メモリ
クロック
TGP希望小売価格発売日
Radeon RX
6950 XT
Navi 21 XTXH?7nm80 / 512016 GB /
256-bit
18 Gbps300W?$999 US+?2022年5月
Radeon RX
6900 XT LC
Navi 21 XTXH7nm80 / 512016 GB /
256-bit
18 Gbps330W$1199 US2021年7月
Radeon RX
6900 XTX
Navi 21 XTXH7nm80 / 512016 GB /
256-bit
16 Gbps300W$999 US2020年10月
Radeon RX
6900 XT
Navi 21 XTX7nm80 / 512016 GB /
256-bit
16 Gbps300W$999 US2020年10月
Radeon RX
6800 XT
Navi 21 XT7nm72 / 460816 GB /
256-bit
16 Gbps300W$649 US2020年10月
Radeon RX
6800
Navi 21 XL7nm60 / 384016 GB /
256-bit
16 Gbps250W$579 US2020年10月
Radeon RX
6750 XT
Navi 22 XT?7nm40 / 256012 GB /
192-bit
18 Gbps230W?$479-$499?2022年5月
Radeon RX
6700 XT
Navi 22 XT7nm40 / 256012 GB /
192-bit
16 Gbps230W$479 US2021年3月
Radeon RX
6650 XT
Navi 23 XT?7nm32 / 20488 GB /
128-bit
18 Gbps160W?$379-$399?2022年5月
Radeon RX
6600 XT
Navi 23 XT7nm32 / 20488 GB /
128-bit
16 Gbps160W$379 US2021年7月
Radeon RX
6600
Navi 23 XL7nm28 / 17928 GB /
128-bit
14 Gbps132W$329 US2021年10月
Radeon RX
6500 XT
Navi 24 XT6nm16 / 10244 GB /
64-bit
16 Gbps107W$199 US2022年1月
Radeon RX
6500
Navi 24 XL6nm12 / 768?4 GB /
64-bit
16 Gbps?不明$149 US?2022年4月
Radeon RX
6400
Navi 24 XL6nm12 / 7684 GB /
64-bit
16 Gbps53W$139 US?2022年1月

ソース:wcfftech - AMD Radeon RX 6750 XT Graphics Card Shows A Miniscule 2% Performance Improvement Over RX 6700 XT In Leaked Benchmark

 

 

 

解説:

RX6750XTはRX6700XTに対して2%の性能向上

GFXBench内のDirectXテストであるAztec Ruins High Tierで2%の性能向上だったということです。

RDNA2 Refleshのニュースでは毎回言っていますが、たとえ搭載メモリの速度が速くなってもそれよりも圧倒的な速度のインフィニティキャッシュが見かけ上のメモリ速度を上げているので性能の向上幅はわずかになります。

限界ギリギリのOCなどのシビアに性能が問われる場面でなければあまり効果はないものと思います。

RX6750XTはRX6700XTを置き換える形で出荷され、RX6700XTは生産されなくなるのでいずれ市場から姿を消すでしょう。

これはRX6950XTやRX6650XTも同様になります。

OCをされる方ならともかく、一般の方はあまり気にする必要のないモデルと言うことになります。

 

 

AMDのGPU Radeonシリーズ

Radeon RX 6X50シリーズ

Radeon RX 6000シリーズ

 

※ SAPPHIREはAMD Radeon専業のメーカーであり、Radeonのリファレンス的なメーカーです。

-GPU情報
-,

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2022 All Rights Reserved.