CPU情報

AMD Ryzen 7 5800X3D Overclock-Lockは既に回避された?4.8GHzで動作する3D V-Cacheチップの存在が明らかに

投稿日:

AMDのRyzen 7 5800X3Dは、世界初の3D V-Cacheを搭載したチップで、来週リテールに登場しますが、オーバークロッカーはすでにそのOC-Lockをバイパスしているようです。

AMD Ryzen 7 5800X3D CPUが4.8GHzで動作することが判明、すでにオーバークロックロックロックが回避された?

AMD Ryzen 7 5800X3Dは、7nmのZen 3コアアーキテクチャに基づく3D V-Cacheを搭載した最初で唯一のチップとなる予定である。

8コア16スレッドで、64MBの3D Stacked SRAMを追加することで、100MBのキャッシュを提供する。クロックはベース3.4GHz、ブースト4.5GHzで、TDPは105Wとなる。

価格については、CPUは5800Xと同じ希望小売価格449ドルで、非3Dチップは399ドルかそれ以下に値下げされることになります。

この価格設定は、5800X3Dを、より多くのコア/スレッドを提供するが、より低いキャッシュを提供するIntel Core i7-12700Kよりも高価にする。

この2つのチップの性能ベンチマークを見るのは興味深いことです。

AMDのRobert Hallock氏によれば、Ryzen 7 5800X3DのCPUは、3D V-Cacheへの物理的なダメージを避けるために、オーバークロックがハードロックされているという。

そもそも、このロックがかかっている理由は、電圧カーブにある。AMDのZen 3チップはオーバークロックで1.5~1.6Vまで到達できるが、Zen 3コアの上に乗っている3D V-Cacheスタックは1.35Vまでしかできず、箱出しですでに限界値で動作しているのだ。

もし、ユーザーがその電圧カーブを超えてオーバー電圧をかけようとすると、チップを壊す可能性があり、それゆえ、このCPUではオーバークロックがサポートされないのです。

AMDは、このチップに対して、メモリとFLCKのオーバークロックを可能にするとだけ述べています。

現在、SKATTERBENCHERのPieterは、AMDの間違いを証明し、このオーバークロック・ロックを回避したようです。

このオーバークロッカーは、Ryzen 7 5800X3Dの動作周波数が4.82GHzと、最大ブーストクロック4.5GHzをはるかに上回るCPU-zの写真を公開しました。

このチップはASUS ROG Crosshair VIII Extremeマザーボードで動作し、電圧は1.306V、倍率は45.5、BCLKは105.99MHzであったという。

このオーバークロッカーは、ASUSのVoltage Suspensionテクノロジーを使用して動作させ、近日中に全プロセスを説明するビデオを公開する予定です。

これは3D V-Cacheチップが実際にオーバークロックできることを証明し、ユーザーはさらなる性能を得ることができます。

しかし、オーバークロックがキャッシュ自体にどのような影響を与えるか、またそのようなオーバークロックでどのような温度と電力を発生させるかは分かっていません。

明日、最初のレビューがウェブに掲載されれば、オーバークロックの詳細が明らかになることを期待しています。

Ryzen 7 5800X3Dは、IntelのフラッグシップであるCore i9-12900Kと価格を比較する限り、素晴らしいゲーミングCPUであることが判明している。

AMDは、AM4プラットフォームへの最後の砦として、非常に破壊的な製品を提供することができます。

ソース:wccftech - AMD Ryzen 7 5800X3D Overclock-Lock Already Bypassed? 3D V-Cache Chip Spotted Running at 4.8 GHz

 

 

 

解説:

出来ないと言われればやりたくなるOCer

人間「できない」と言われることには挑戦したくなるようです。

SKATTERBENCHERのPieter氏と言うOCerがRyzen 7 5800X3DでOC出来ないとしているAMDの間違いを指摘して、Ryzen 7 5800X3DでのOCの全手順を公開するとしています。

具体的な方法はまだ公開されていないようですが、少なくとも4.8GHzには到達できるようですね。(定格は4.5GHz)

チップによっても当たりはずれがあると思いますし、ノーマルの5800XよりはOCするのは難しそうですが、5800X3Dのゲーム性能を考えると挑戦してみる価値はありそうです。

私は全くOC出来ないという事情の裏には発熱が厳しすぎてできないという事情があるのかと思っていたのですが、スタックされたメモリの電圧が全く上げられないということだったので、リビジョンアップなどによって出来るようになる可能性もあるのかなと思っていましたが、こんなに早くOCする方法が発見されるとは思いませんでした。

一見さんお断りの難しい方法でなければよいなと思います。

 

 

 

Ryzen 5000シリーズ

追加された新モデル

 

従来のラインナップ

created by Rinker
AMD
¥76,700 (2022/5/25 7:09:12時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

Ryzen 5000GシリーズAPU(GPU内蔵・並行輸入品)

 

 

-CPU情報
-,

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2022 All Rights Reserved.