その他

ウォール街のアナリストによると、暗号通貨マイニングの需要が衰える中、「暗号通貨冬のリスク」が完全に織り込まれ、NVIDIA株は「さらなる下落傾向はほとんどない」と評価される。

投稿日:

グラフィックカードの大手メーカーであるnVidia(NASDAQ:NVDA 220.67 2.62%) は、逆風が吹き荒れる中、投資家が将来の動向を予測しようとする中、いくつかの大きな追い風によって緩和され、「最も言及された」銘柄リストに常に登場し続けています。

グラフィックカードの大手メーカーであるエヌビディア (NASDAQ:NVDA 220.67 2.62%) は、逆風が吹き荒れる中、投資家が将来の動向を予測しようとする中、いくつかの大きな追い風によって緩和され、「最も言及された」銘柄リストに常に登場し続けています。

上記の断片が示すように、NVIDIAは過去24時間において3番目に人気のある株式シンボルであり、この偉業はかなりの頻度で繰り返されています。

このような背景のもと、ニュー・ストリートの最新の投資ノートは、再びこの株式の見通しにスポットライトを当てている。

ニュー・ストリートのアナリスト、ピエール・フェラグは、現在、エヌビディアの株価を中立から買いへと格上げし、目標株価を280ドルに設定しました。

具体的には、今回の格上げの主な要因として、フェラグ氏は「暗号の冬のリスク」に対する視界の改善を挙げています。

アナリストは、イーサリアムのハッシュレートが2020年10月から2022年1月の間に4倍になり、NVIDIAの2022年度トップラインの指標に約20億ドル貢献したことを認めています。

しかし、マイニング需要が「ほとんどなくなった」こと、GPUの小売・中古価格が正常化し始めたことを考えると、この減速はほぼ完全に織り込み済みで、NVIDIAの相対倍率が2021年11月から25%縮小していることからも明らかだ。

そのため、アナリストは "データセンターが好調を維持する限り、さらなる下落傾向はほとんどない "と見ています。

決定的なのは、ニューストリートのアナリストは、特にゲーム、可視化、データセンターの世俗的な見通しが "まだ非常に強い "ので、さらなる暗号関連の弱さは、 "限定的、短時間、ポジションを追加する機会のみ "になると考えています。

もちろん、Baird は最近、NVIDIA に対して正反対の見解を示し、NVIDIA の株価をアウトパフォームからニュートラルに格下げし、目標株価を 360 ドルから 225 ドルに引き下げました。

ベアード社のアナリスト、トリスタン・ゲラ氏は、過剰在庫による注文のキャンセル、消費者需要の減速、ロシアの禁輸措置を、この格下げを促す主な要因として挙げていました。

NVIDIAは先月のGTC 2022イベントで、現在、ゲーム、AI、ハードウェア、自動車部門にまたがる、少なくとも1兆ドル相当の市場機会をターゲットにしていることを明らかにしていたことを念頭に置いてください。

イベント中の同社CFOの発言によれば、NVIDIAは今年度(2023年度)に67%という驚異的な売上総利益率を見込むことができる。

NVIDIAの株価は、過去5取引日で約13%下落している。年初来、株価は28%以上下落している。

ソース:wccftech - NVIDIA Faces “Little Further Downside” as “Crypto-winter Risk” Is Fully Priced in Amid Waning Demand for Cryptocurrency Mining, as per a Wall Street Analyst

 

 

 

解説:

nVidia無敵伝説

マイニング特需が終わっても株価が下がらないnVidia。

サーバー需要などいくつかの要因が重なって、今回のマイニング特需が終わってもnVidiaの株価にはほとんど影響はないようです。

ウォールストリートからの評価は依然高いままといったところです。

私はnVidiaの評価は今後intelがどのくらいシェアを伸ばしてくるかによると思っています。

Intelほどの企業が本気で参入してきていますので、全く売れないということは無いと考えています。

1世代目(のゲーム向け)は年で10%程度のシェアを確保できれば良いと考えているようですが、2世代目は20%なのか15%なのかにもよるでしょうね。

目標の数字が高ければ、我武者羅に作って遮二無二になって売るということになろうかと思います。

今は半導体不足になっていますし、Alchemistはかともその6nmですから、あまり無理は効かないでしょうが、自社Fabに戻せれば、比較的無理が効くようになると思います。

シェアが迫られた時がnVidiaの評価が分かれるときだと思います。

大体、「アナリストが高い評価を付けるときは頂上」だと私は思っていますので、このまま好調が続くかな?と言うのが現在の評価です。

 

-その他
-

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2022 All Rights Reserved.