CPU情報

PCメーカー各社、レノボとの契約によりAMD Threadripper CPUが極端な品薄状態に

投稿日:

AMD Threadripper 3000およびThreadripper Pro 3000プロセッサが数ヶ月間供給不足であることを、最近ウェブサイトThe Registerの取材に応じたPCビルダーの幹部6人と米国のITディストリビューターが語っています。

Lenovoは、特に新しいCPUであるThreadripper Pro 5000で、AMDと独占契約していないクライアントが恐怖に駆られているだけだとしています。

プールされている製品はThreadripper史上最低という噂も。

AMDが2017年にThreadripperラインを発表し、特にビデオ編集などの要求の高いワークフローにおいて、Intelの製品と比較して優れた処理能力を発揮できるプレミアムで高性能なCPUとしてプロセッサを宣伝したことは読者も覚えていることだろう。

最新のThreadripper Pro 5000を含むAMD Threadripperプロセッサーへのアクセスに悩む経営者やITディストリビューターは、AMDのThreadripper独占パートナーであるLenovoの最新チップにアクセスできないことに起因しているのだそうです。

幹部は、AMDベースのシステムビルダーのMaingear、Puget Systems、Velocity Microが登場します。

AMDは最新のワークステーション・プロセッサーへのアクセスを提供しましたが、AMDは最新のThreadripper Pro 5000チップを搭載したLenovo ThinkStation P620システムも復活させました。

LenovoはAMDとの独占契約により、今月末のリリース時にThreadripper Pro 5000ラインの初期供給を受けることができます。

他社は、おそらく2022年の後半まで供給されないでしょう。

Lenovoの広報担当者は、品薄について、"ThinkStationシステムについては、CPUの供給が問題ではないことを確認している "とコメントしている。

また、Lenovoのウェブサイトでは、AMDの最新ラインではなく、Threadripper Pro 3000プロセッサーを搭載したP620システムが紹介されています。

現在のThreadripperプロセッサの不足は、ワークステーション市場で警鐘を鳴らしており、ベンダーやメーカーは、Lenovoが販売で不当に優位に立っていることを懸念しています。

しかし、このチップの不足は、供給が改善されるまで待つほかはないようです。

PC業界は全体的に、一般発売よりもずっと前に紙媒体の発表や製品発表が行われる傾向にあります。

(中略)誰もが参加できるわけではない製品の発表に警戒していることは、皆を代表して言えると思います。

- ピュージェット・システムズ社 社長 ジョン・バッハ氏

現在、AMDのチップ不足は、2年近く続いている世界的なチップ不足に影響されています。

この経済と製造の劇的な変化により、AMD、Intel、NVIDIAなどの企業は、ヨーロッパ全域、さらには米国内の地域に製造工場を建設するなど、代替の拡張オプションを研究するようになりました。

拡張ソリューションとともに、メーカーの製品の優先順位も高い焦点となっています。

一般的に、製造の支援を大手チップメーカー(TSMCなど)に依存するため、製造がさらに遅くなり、高い需要が発生しています。

AMDのCEOであるリサ・スー博士は、製造パートナーとともに生産性を向上させるために重要な投資を行なったことを明らかにした。

この投資は、ウェハと基板の生産能力、およびバックエンドの生産能力をカバーするものである。

私たちの目標は、率直に言って、世の中の需要を満たすのに十分な供給量を確保することです」と、2月上旬の電話会議で彼女は言った。私たちの考えは、パートナーや顧客と協力して、彼らが何を必要としているかを確実に把握することです。

- AMD CEOリサ・スー博士

Threadripperチップの不足は数ヶ月にわたってエスカレートするばかりで、メーカーはこの状況が現在の世界的な不足とは別のものなのかどうか疑問に思っています

企業では徐々に数が減ってきており、メーカーの近日の供給計画がより窮屈になってきています。

Velocity MicroのCEOであるRandy Copeland氏は、Threadripperプロセッサー(具体的にはThreadripper 3970Xと3960X)の供給がまだ自社工場で行われているとコメントしている。

それでも、64コアを提供する同社の最有力ワークステーション、Threadripper 3990Xの供給は完全に全滅している。

Velocity MicroはThreadripper Pro 3000ベースのワークステーションを生産している。

Copeland氏は、AMDのプロセッサーのコストが高いため、特定のユーザーしかいない特殊なチップを販売することはできないとしている。

過去3年間、Threadripperのプロモーションには多大なマーケティング力を注いできましたが、今ではそれがすべて無駄になってしまったようなものです。

要するに、多国籍企業に奪われるThreadripperをできるだけ少なくしたいのです。

- Velocity Micro、CEO、ランディ・コープランド氏

CEOのウォレス・サントス氏と彼の会社であるMaingearにとって、Threadripperの危機は、2021年末から同社のハイエンドワークステーション(希望小売価格9,599ドル~49,999ドル)を「在庫切れ」として同社のカタログに掲載することを余儀なくしました。

Threadripperプロセッサーの不足により、MaingearはAMDやIntelの安価なプロセッサーを搭載したローエンドでコストパフォーマンスの高いシステムを販売せざるを得なくなった。

1万5千円のシステムを1人のお客さんに10台売れば、それは大きな注文になります。

私にとっては小さな注文ではありません。

だから、30台、40台といった注文を断ることを想像してみてください。このような結果になったのは、本当に残念です。

- Maingear社 CEO ウォーレス・サントス氏

また、システムビルダーによっては、AmazonやNewEggなどのオンラインショップからの購入に頼るケースもあるようです。

特にAMDのような企業と交わした契約による具体的な保証では、メーカーにとってこの選択肢はまったく軽率なものです。

また、消費者市場の変動や薄汚れたサードパーティによって部品の価格が不明な場合、製品を販売することは困難であるとCopeland氏は述べている。

小売を通じた買い付けを)禁止しているわけではありませんが、チャネルから外れてしまうのは良くないですね。それに、オンライン価格がどうなるか分からないのに、どうやって販売するんですか?

また、AMD Threadripperプロセッサーの不足により、Puget Systems社のようなメーカーがAMDからIntelにビジネスをシフトしています。

この動きにより、彼の会社は一部の顧客をIntel Xeon Wワークステーション・プロセッサを提供するシステムへと移行させたのです。

AMDの広報担当者は、"Threadripper Pro 5000は、CY2022Q3に追加のパートナーから入手できるようになる "と断言しています。

同じ広報担当者は、現在のサプライチェーンの問題についてはノーコメントだった。

ソース:wccftech - PC makers state AMD Threadripper CPUs in extremely short supply due to Lenovo contract

 

 

 

解説:

Threadripper 5000シリーズがProだけになったのは誰のせいなのか?

Threadripper 5000シリーズはリテール品がどうなるのかわからない状況ですが、その中でとんでもない話が飛び込んできました。

海外の著名システムビルダーもThreadripper Pro 5000シリーズを発売直後に入手できないということです。

このシステムビルダーはMaingear、Puget Systems、Velocity Microなどが含まれています。

これらの幹部の取材によると、初期のThreadripper Proの在庫は全てがLenovoに吸い上げられ、2022年後半まで他のシステムビルダーやインテグレーターは入手できなくなる見込みとのこと。

それだけではなく、Threadripper3000シリーズの在庫もかなり怪しくなってきているようです。

LenovoはAMDと独占契約が出来なかった業者のせいであると言い、AMDは2022年後半には製品を供給できるとしていますが、これらの発言は現在抱えている問題を解決するものではありません。

これらの事態が起きている背景には半導体不足ももちろんありますが、やはり、半導体不足を背景にLenovoのような販売力のあるメーカーに優先的に製品を卸しているメーカーの姿勢もあるようです。

システムビルダー向けにもまともに供給されていないのですから、リテール品で流れてくるわけもなく、残念ながらThreadripperの通常品の話が出てこなくなった背景にはこうした事情があったようです。

Lenovo以外のシステムビルダーはThreadripper製品を打ち切って、IntelのXeonに切り替えを行っていくようですね。

折角Threadripperと言うブランドを作り上げたAMDですが、残念ながら、これで終わりになってしまうでしょう。

一度痛い目を見たシステムビルダーはもう2度とAMD製品には近づきたいと思わないでしょうから。

この辺はThreadripper5000シリーズを待っていた自作ユーザーと同じような気持ちなのでしょう。

この話を聞いてAMDがGeodeを打ち切ったときのことを思い出してしまいました。

組み込み向けのRyzenもありますが、本来的な組み込みメーカーには一切採用されていないはずです。

何かを捨てなければ何もできない弱小メーカーの厳しさがこのあたりにも出ています。

非常に残念な話ですね。

 

 

 

AMD Ryzen Threadripper 3000シリーズ発売!

 

-CPU情報
-,

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2022 All Rights Reserved.