CPU情報

X299プラットフォーム向けIntelの18コアおよび10コアCascade Lake-X HEDT CPU ベンチマークスコアがリーク–最大4.6 GHzクロック速度の10コア

投稿日:

HEDT X299プラットフォームの一部である2つのIntel Cascade Lake-Xプロセッサが、Geekbenchデータベースに流出しました(Momomo_Us経由)。

プロセッサには18コアパーツと10コアパーツが含まれており、どちらもパフォーマンスを向上させるために高度に最適化された14nmプロセスに基づいています。

 

GeekbenchのスコアがリークしたIntel 18コアおよび10コアカスケードLake-X HEDT CPU

両方のプロセッサは、DellがPrecision 5820 XシリーズPCでテストしたためにリークしているようです。

Precision 5820タワーは、LGA 2066ソケットで現在第9世代Core-XおよびXeon W-2000シリーズプロセッサをサポートするハイエンドワークステーションPCです。

Precision 5820は今後のHEDTプロセッサのテストに使用されているため、IntelのLGA 2066ソケットでもサポートされていることがわかります。

プロセッサーはGenuineIntelファミリー6モデル85ステッピング7として識別され、これらが実際にCascade Lakeベースの部品であり、第7世代および第9世代HEDTプロセッサーで見たSkylake-X設計ではないことを確認しています。

フラッグシップは、18コア36スレッド製品あり、2.19 GHzベースおよび3.28 GHzブーストのクロック速度でリストされています。

Intelの現在の18コアパーツであるCore i9-9980XEには、3.00 GHzベースと4.40 GHzブーストのクロックがあるため、クロック速度は間違いなく最終的なものではありません。

他の部分は、20スレッドの10コア製品です。

このプロセッサは、ベースクロックが3.40 GHz、ブーストクロックが4.50 GHzの現在のHEDT 10コア製品(3.50 GHzのベースクロック)と一致する4.60 GHzのブーストクロックです。

 

10コア20スレッドCascadeLake-X

 

18コア36スレッドCascadeLake-X

 

パフォーマンスの観点から、18コアバリアントは5387ポイントのシングルコアスコアと54597ポイントのマルチコアスコアを持っています。

10コア製品のシングルコアスコアは5468ポイント、マルチコアスコアは39820ポイントです。

18コア製品は、Ryzen Threadripper 2970WX(24コア/ 48スレッド)とほぼ同じ速度ですが、10コア製品はRyzen Threadripper 2920X(12コア/ 24スレッド)とほぼ同じ速度です。

 

Intel HEDT プロセッサファミリ:

Intel HEDT ファミリーGulftownSandy Bridge-EIvy Bridge-EHaswell-EBroadwell-E
製造プロセス32nm32nm22nm22nm14nm
フラッグシップ製品Core i7-980XCore i7-3960XCore i7-4960XCore i7-5960XCore i7-6950X
最大コア数/スレッド数6.126.126.128/1610/20
クロック3.33/3,60 GHz3.30/3.90 GHz3.60/4.00 GHz3.00/3.50 GHz3.00/3.50 GHz
最大キャッシュ12 MB L315 MB L315 MB L320 MB L325 MB L3
最大PCI-Exレーン数(CPU側)32 Gen240 Gen240 Gen340 Gen340 Gen3
チップセット互換性X58 ChipsetX79 ChipsetX79 ChipsetX99 ChipsetX99 Chipset
ソケット互換性LGA 1366LGA 2011LGA 2011LGA 2011-3LGA 2011-3
メモリ互換性DDR3-1066DDR3-1600DDR3-1866DDR4-2133DDR4-2400
最大TDP130W130W130W140W140W
発売Q1 2010Q4 2011Q3 2013Q3 2014Q2 2016
発売時価格$999 US$999 US$999 US$1059 US$1700 US
Intel HEDT ファミリーSkylake-XSkylake-XSkylake-XCascade Lake-X
製造プロセス14nm+14nm+14nm+14nm++
フラッグシップ製品Core i9-7980XECore i9-9980XEXeon W-3175X未定
最大コア数/スレッド数18/3618/3628/5618/36
クロック2.60/4.20 GHz3.00/4.50 GHz3.10/4.30 GHz未定
最大キャッシュ24.75 MB L324.75 MB L338.5 MB L324.75 MB L3
最大PCI-Exレーン数(CPU側)44 Gen344 Gen344 Gen344 Gen3
チップセット互換性X299X299C612EX299
ソケット互換性LGA 2066LGA 2066LGA 3647LGA 2066
メモリ互換性DDR4-2666DDR4-2800DDR4-2666DDR4-2933
最大TDP165W165W255W165W?
発売Q3 2017Q4 2018Q4 20182H 2019
発売時価格$1999 US$1979 US~$4000 US未定

ただし、Intelが次世代のCore-Xラインナップを導入する頃には、AMDは第3世代のRyzen Threadripperプロセッサを発売する準備ができています。

32コア、64スレッドのRyzen Threadripper 3000シリーズプロセッサと思われるもののリークされたエントリは、マルチコアでは画期的なコア数/スレッド数と、Intelの現在のHEDTラインナップと同程度のシングルコアパフォーマンスの大幅な向上を明らかにします。

Computex 2019では、今後のCore-Xプロセッサに対応するように設計された、新しくて更新されたさまざまなLGA 2066ソケットマザーボードが見られました。

これらのマザーボードには、現在のシステムよりも積極的な電力供給システムと冷却ヒートシンクが搭載されており、Core-Xラインから最大クロックを引き出すために、Intelがハイサイドのワット数を確実に調整することを示唆しています。

Intelが大幅な値下げや最大28コアの新しいLGA 3647ベースのラインナップを計画していない限り、またはそれまで、HEDTラインナップは競合他社が作業中に持っているものよりも魅力的ではありません。

ソース:wccftech -Intel’s 18 Core and 10 Core Cascade Lake-X HEDT CPUs For X299 Platform Benchmarked – 10 Core With Up To 4.6 GHz Clock Speeds

 

Robert_C / Pixabay

解説:

intelのHEDT向けプロセッサCascadeLake-Xのベンチマークスコアがリークしました。

対応マザーボードを新しくして、電源周りを強化して、より高いクロックで動作させることにしたようです。

私は何度も書いてきましたが、intelがLGA2066をXeonと同じ程度の性能を実現できるだけの仕様にしなかったがゆえに、Xeon W-3175Xを発売しなくてはならず、Threadripperにも後れを取ることになってしまいました。

今回のCascadeLake-Xももちろんコア数ではThredripperには及びませんが、その範囲内でやれることをやってきたという感じになっていま

以前の記事でZen2のTheadripperらしきもののGeekbench4のスコアがリークしましたが、あっちはOSがLinux、こちらはWindowsなので比較はできません。

その点注意してください。

残念ながら今回はZen2版Threadripperの引き立て役といったところでしょう。

今回をリークを見てこの画像を思い出しました。

Core i9-9900Kは辛うじてゲームの性能でRyzen3000シリーズを抑えましたが、CascadeLake-Xの4.6GHzのクロックでは無理だと思います。

まあ、負けるとわかっていても出さざるを得ないのでしょうが、これに懲りたら、Xeonプラットフォームの仕様が実現できる構成にしてほしいと思います。

まあ、AMDのBulldozerを見て、今のRyzenを想像できたかと言われれば無理なのですが、あまりに利益を追求し過ぎるとintelであっても足元を掬われるということです。

次のHEDTプラットフォームでは是非、Xeonと同じコア数・スレッド数を実現していただきたいです。

 

 

-CPU情報

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2019 All Rights Reserved.