GPU情報

NVIDIA GeForce RTX 3090 Tiの遅延は「450W」GA102 GPUのフルイールドに関連していると思われる、APACの小売業者は4000USドル以上のカスタムモデルを出品している

投稿日:

2022年のCESで、NVIDIAはフラッグシップのGeForce RTX 3090 Tiグラフィックスカードを予告し、同月末にさらなる情報を入手するようゲーマーに呼びかけました

1月を過ぎて3日が経ちましたが、NVIDIAはRTX 3090 Tiグラフィックスカードのことを忘れてしまったのか、それとも新しいフラッグシップで何かが本当にうまくいかなくなってしまったのか、どちらかのようです。

NVIDIA GeForce RTX 3090 Tiの遅延は十分な「フルファット」G102 GPUがないことと関連している可能性、APAC市場で4000USドル以上のカスタムモデルもリストアップされる

Moore's Law is Deadの最新ビデオでは、NVIDIAがAIBパートナーに沈黙し、GeForce RTX 3090 Tiグラフィックスカードに関してこれまで何も伝えてこなかったことが報告されています。

このグラフィックスカードは、1月下旬に発表される予定でした。27日は、私たちが噂を通じて知っていた最後の日付でしたが、それは起こりませんでした しかし、どちらもグラフィックスカードに関するいかなる発表も見ませんでした。

では、何が問題なのか?まあ、まだ単なる憶測に過ぎないが、MLIDの情報筋は、我々も独自の情報筋から聞いているいくつかの点を指摘している。

まず、このカードにはPCBとBIOS関連の問題があり、それらは後に解決されたと報告されています。

しかし、RTX 3090 Tiに関する最新情報は、NVIDIAがGeForceフラッグシップを有意義な数量で生産するのに十分なAmpere GPUさえ持っていない、というものです。

NVIDIA GeForce RTX 3090 Tiは、RTX A6000に搭載されているのと同じGA102 GPUを利用しており、オリジナルのGeforce RTX 3090が発売されてから1年以上経っているので、Samsungの歩留まりが良くなっているだろうと期待されます。

しかし、RTX 3090 Tiは、ただのGA102 GPUではなく、すべてを有効にしたフルファットダイを採用しており、クロックも高いので、TGPが350Wから450Wに跳ね上がった。

そして、適切な電力で適切なクロックに達するAmpere GA102ダイを製造することは、NVIDIAにとって難しいタスクであることが証明されているようである。

しかし、このようなGPUの製造がそれほど困難であることを知っていたのなら、NVIDIAはなぜ最初の場所でGeForce RTX 3090 Tiを展示したのだろうかという疑問が生じます。

このカードを発表するタイミングを待つこともできたはずですが、AMDが2022年のどこかでRDNA 2のリフレッシュを行うことを知っていたため、自分たちがまだ王者であることを主張したかったのだと思われます。

もう1つは、3090 Tiのメモリ側に搭載される21Gbpsの新ダイが、十分な数量を確保できるかどうかという点だ。このダイはより高速で容量が2倍になるもので、GDDR6Xはすでにオリジナルラインナップの生産に大きな制約があった。そのあたりも考慮しなければならないわけです。

しかし、NVIDIA GeForce RTX 3090 Tiが「無期限」に延期されている一方で、未発表のカスタムモデルを出品し、4000USドル前後の価格で販売している小売店が複数ある。

そんな中、ベトナムのある小売店では、メーカーが用意するトップモデルでもないGALAXのGamer EX Blackモデルで約8800万VNからという価格で予約受付を開始している。

GALAXのトップモデルであるHOF Extremeは、約6000USドル以上の価格になるようです。

ベトナムで入手可能かどうかについて我々の情報筋に尋ねたところ、彼は、カードの正規価格を支払う購入者は、確かにこのグラフィックスカードを手に入れることができると述べた。

また、いくつかのメーカーはマーケティングをすべて準備しており、MSIのSUPRIM Xモデルがオンラインでリストアップされ、ASUSのTUF Gamingパッケージがリークされ、EVGAはすでにフラッグシップのKINGPIN Hybridを準備してNVIDIAの許可を待っているところである。

 

 

解説:

以前の記事でも書きましたが、RTX3090Tiが発売されなかった件についてです。

私はその時、3つのトラブルポイントを指摘しました。

  • 電源周り
  • メモリ
  • PCIe Gen 5.0(初物トラブル)

大体、PCのパーツはこの3つのトラブルが多いわけですが、正解はメモリとGA102のチップのイールドに問題があったようです。

450Wで適切なクロックで動くタマが思ったように取れなかったということのようで、1番目の「電源周り」が半分正解だったようです。

数が作れなさそうですから、アメリカでは$4000以上になるようなカスタムモデルのあるのではないかと予想されています。

正直、モデル末期に入っているAmpereをこの値段で買うのはかなり抵抗があります。

あまり魅力を感じません。

世の中には絶対に最強でなければ気が済まないという種類の人たちが一定数存在しますので、仕方ないのかもしれませんが、マイニング需要が落ち着いてきているのにGPUの価格が高止まりしているのは何か陰謀論を信じたくなるような状況です。

GPUが$4000、日本円だと450000から500,000くらいでしょうか・・・なのは何かの冗談としか思えません。

TuringはRTXとDLSSと言う2つの新機能のためにシリコンを割いて、性能の伸びはイマイチでした。

Ampereは本来であれば普及モデルに相当した製品だと思いますが、残念ながらマイニング需要と半導体不足のダブルパンチを受けて、価格が高止まりし普及には至りませんでした。

次のLovelaceは5nmに半導体密度が上がり、それに伴って性能も比較的に上昇するでしょう。

また、2022年6月にイーサリアムがPoSに移行し、2022年後半からは半導体関連の素材で一番不足していると言われていたサブストレートの生産が増強されます。

そのため、Lovelaceの価格はかなり落ち着いたものになるのではないかと私は考えています。

このタイミングでモデル末期のAmpereをこの価格で購入するのはちょっと抵抗がありますね。

まあ、良い製品だとは思いますが・・・・。

 

 

 

nVidia RTX3000シリーズGPU

RTX3090

 

RTX3080Ti

 

RTX3080 10GB LHR

 

RTX3070Ti

 

Geforce RTX3070 8GB GDDR6 LHR

created by Rinker
ZOTAC(ゾタック)
¥133,643 (2022/05/25 03:38:59時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
ZOTAC(ゾタック)
¥97,008 (2022/05/25 03:39:00時点 Amazon調べ-詳細)

 

RTX3060Ti 8GB GDDR6

 

RTX3060 12GB GDDR6

 

RTX2000シリーズ

RTX2060 12GB

RTX2060が12GBメモリを搭載して復刻

 

nVidia Geforce RTX1600シリーズ

GTX1650SUPER

 

GTX1650 GDDR6

 

 

-GPU情報
-,

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2022 All Rights Reserved.