CPU情報 GPU情報 その他

AMD、2022年のRadeon RX 7000「RDNA 3」GPUとRyzen 7000「Zen 4」CPU発売を再確認、増強された生産能力を確保するために巨額の資金を投じると発表

投稿日:

AMDのCEOは、先日の2021年第4四半期の決算説明会で、次世代GPUのRadeon RX 7000「RDNA 3」とCPUのRyzen 7000「Zen 4」の両方を今年中に発売すると再確認した。

AMD Radeon RX 7000 'RDNA 3' GPUs & Ryzen 7000 'Zen 4' CPUsは今年発売、レッドチームはゲーマーのために増大した能力を確保するために多大な投資を行う。

AMD Radeon RX 7000「RDNA 3」GPUとRyzen 7000「Zen 4」CPUは、ゲーマーやコンテンツ制作者向けの高性能コンピューティングの新時代を切り開く、PCコンシューマーセグメントにとって最大の新製品になるでしょう。

AMDはCES 2022のキーノートで次の展開を垣間見せたが、同社のCEOであるリサ・スー博士は、コンシューマセグメント向けに次世代チップの容量アップを確保するために大きな投資をしていることを確認した。

当社の製品に対する需要は非常に旺盛であり、現行製品の増強とZen 4 CPUおよびRDNA 3 GPUの次の波の発売により、今年も大きな成長とシェアの拡大を期待しています。また、2022年以降の当社の成長を支えるために必要な生産能力を確保するための大規模な投資も行っています。

この4、5四半期、サプライチェーンに取り組んできましたが、製品面からの成長とお客様からの視認性の高さを実感しています。2022年の供給環境に関しては、ウェーハ生産能力、基板生産能力、後工程の生産能力に対して大きな投資を行ってきました。

2022年のガイダンスを達成するために、サプライチェーンでの進捗は非常に順調だと感じています。私たちの目標は、率直に言って、世の中の需要を満たすのに十分な供給量を確保することです。

PCについては、これまでの進捗に手ごたえを感じており、今後も在庫の積み増しがないよう、販売量と販売完了量を一致させていきます。

私たちは常に長期的な視野で、サプライチェーン・パートナーや顧客と協力し、追加コストを分担できるような方法を模索しています。「しかし、私たちの焦点は、高い需要を満たすために供給を確保することです。

AMDのCEO、リサ・スー博士(Seeking Alpha経由)

2021年以降、コンシューマー向けPCセグメントの大部分は、世界的な大流行や暗号通貨の台頭、さらに様々な要因でチップウエハーや部品が不足し、供給や製造の制約を受けるようになった。

ウェハーの価格上昇だけでなく、部品価格も大幅に上昇し、その結果、PCハードウェア部品の価格は過去12ヶ月で大幅に上昇しました。

多くのアナリストは、AMDがAMD Radeon RX 7000 GPUとRyzen 7000デスクトップCPUという2つの主要製品ラインアップの投入を計画している2022年末までに状況は解決すると予測している。

これらの製品はいずれもTSMCの5nm(+6nm)プロセスノードを利用する見込みで、コストがかかるが、リサ・スー博士によれば、2022年以降の成長を支えるために必要なキャパシティを確保するために重要な投資を行ってきたという。

噂によると、次世代CPU、GPUともに、前任者の2020年第4四半期と同様に、2022年第4四半期に発売されると予想されている。

これが本当なのか、また、AMD が GPU と CPU のアップグレードを 2 年以上前から待っている消費者に十分な供給量を提供できるのかどうか、まだわからないところです。

とはいえ、Zen 3コア・アーキテクチャを採用したCPU「AMD Ryzen 7000」とRDNA 3アーキテクチャを採用したGPU「Radeon RX 7000」は、大幅な性能向上が期待されています。

AMDが製品価格を再び引き上げるのか、それとも現在の水準を維持するのかは、まだわからない。

今後発売される製品は、供給と価格が改善されるという主張をすべてのメーカーが続けているが、この1年間、それがうまくいったことは1度もない。

最近のRX 6500 XTとRTX 3050の発売がその証拠です。実際、カードの入手性はずっと良くなっていますが、AIB、販売店、小売店によって決定される価格設定が、世界中のすべての人にとって状況をはるかに悪化させているのです。

インテルは数十億ドルを投じて次世代工場を建設し、NVIDIAは数十億ドルを投じて消費者とデータセンターの両セグメントに力を与えるGPU用の次世代ウェハーの膨大な供給を確保するために、AMDと同様の道を歩んで、この問題に対処しています。

ソース:wccftech - AMD Reaffirms Radeon RX 7000 ‘RDNA 3’ GPUs & Ryzen 7000 ‘Zen 4’ CPU Launch In 2022, Spending Big Money To Secure Increased Capacity

 

 

 

 

解説:

AMD雌伏の時、Zen4発売に向けて投資を行う

Intel軍の新兵器(Alderlake)投入によってAMD軍の戦線は崩壊してボロ負けしたわけですが、単に黙って見ていたわけではないようです。

全く情報が無いですし、あってもサーバーだけだったので、このままボロ負けするのを無気力に黙って見ているだけなのかと思ったらどうも違うようです。

なんと、生産能力の増強のために投資を行っていたとのこと。

RDNA3とZen4の発売に向けて、この増強された生産能力で一気に攻め込むつもりのようですね。

Raptor VS Raphael 、猛禽VS大天使の戦いは今年の末に始まるようです。

RaptorLakeの情報が続々と出る中、Raphaelの情報はほとんど出ていなかったため、ズルズルと遅れるのかなあと思っていました。

思えば、ブル土下座、後年になってからはブルを付けるのも面倒臭がられて単に「ドザ」と呼ばれた恥辱のBulldozer時代、ペーパーローンチを繰り返し、Phenomシリーズ以降、自作erの話題に上ることも無くなっていった暗黒期には、予定は予定でなく、単なる新製品を発表するだけして、発売はかなり遅れるということが常態化していました。

最近のAMDを見ていると、その暗黒時代を思い出します。

GFのプロセスはイマイチの上にスケジュールは遅れに遅れていましたが、最近のTSMCも3D V-Cacheの生産がイマイチと伝えられるなど、「祟られているのではないかと」と思うほど予定が遅れていました。

あの時のパッとしないAMDに戻るのではなく、ぜひとも挽回していただきたい。

今年の年末は猛禽狩りですよ、AMDファンの皆さん。

 

 

 

Ryzen 5000シリーズ

追加された新モデル

 

従来のラインナップ

created by Rinker
AMD
¥80,889 (2022/10/05 08:02:55時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

Ryzen 5000GシリーズAPU(GPU内蔵・並行輸入品)

 

 

-CPU情報, GPU情報, その他
-, , , ,

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2022 All Rights Reserved.