マザーボード関係 その他

AMDのフラッグシップ16コアCPU Ryzen 9 5950Xがエントリーレベルの60ドルA320マザーボードで完璧に動作している様子です。

更新日:

AMDのRyzen 5000 CPUとエントリーレベルのAMD A320チップセット搭載マザーボードに関して、Twitterの友人であるTechEphiphanyが興味深い情報を共有しています。

ご存知の通り、一部のマザーボードベンダーが300シリーズマザーボードを対象としたRyzen 5000サポートを開始することを決めたのはつい最近のことですが、TechEpiphanyが公開したビデオを見たところ、最も安いマザーボードでも大きな問題なく最高級Ryzenチップをサポートできそうな雰囲気になっています。

AMD Ryzen 9 5950X 16 Core Flagship CPUは60ドルのA320マザーボードで完璧に動作し、AMDは第1世代のRyzenマザーボードでZen 3とZen 3+のサポートを許可すべきことを証明する。

AMDは、X370、B350、A320などの第1世代300シリーズボードなど、古いプラットフォームでのRyzen 5000 CPUサポートを許可すべきかどうか、多くの議論が行われてきました。

Ryzen 5000 CPUの発売時に消費者が声を上げ、AMDはマザーボード・メーカーに、500シリーズ・ボードに限定されていた400シリーズ・マザーボードでのRyzen 5000 CPUサポートを開放するよう促し、大勝利を収めたのです。

しかし、300シリーズのマザーボードについては、AMDからの警告により、マザーボードベンダーがこのプラットフォームのサポートを取りやめたりしており、戦いは続いているのです。

AMDのRyzen 5000 CPUをサポートするためにサイレントBIOSアップグレードを受けたボードもありますが、これらのリンクはすぐに削除されました。

技術フォーラムやいくつかのオンラインレポジトリでこれらのBIOSを見つけることができないわけではありませんが、オープンな方法でそれらを発表することは、まだほとんどの企業が避けるか、チームレッドの怒りに直面することです。

では、何が問題なのでしょうか。

AMDには、Ryzenプロセッサーの新機能を利用するために、消費者層を新しいプラットフォームへ移行させる理由がいくつかあり、すなわち、各CPUのラインアップを事実上新しいマザーボードシリーズのみで使えるようにし、強制はしないが、消費者を必死になって次の素晴らしいものにアップグレードする気にさせることだろうか。

しかし、それは旧世代のユーザーを奪うという代償を払うことになるのです。

インテルもそういうことをしないわけではなく、よく知られていますし、最近の例では400-500シリーズのプラットフォームがそうでした。

時には、プラットフォームとマザーボードのジャンプが必要で、その時に本当に革命的なものがやってくるのです。

AM4でRyzen 1000だったのが、AM5でRyzen 7000になり、新しいボードプラットフォームを保証するAlder Lakeも同じです。

しかし、Rocket Lake、Coffee Lake、そして過去3回のZenの繰り返しでは、ユーザーに「やれやれ、PCをアップグレードしなければ」と言わせるほどのものは提供されなかった。

PCIe Gen 4、PBO、SAM、これらの機能はすべて素晴らしいものですが、過去の世代のマザーボードをすべて殺してしまうほど大きなものでもないのです。

TechEpiphanyは、第1世代のAMD AM4マザーボードがまだ生きていることを証明し、TDP 105Wの16コア最高級フラッグシップCPU、AMD Ryzen 9 5950Xを60USドルのエントリーレベルのASUS A320M-Kマザーボードで動作させるデモを行いました。

参考までに、A320M-Kはごく最近ASUSからRyzen 5000のサポートを受けたが、今回もボードメーカーが古い300シリーズのボードでRyzen 5000サポートを提供する流れになっただけである。

さて、テストに戻りますが、このPCはAMD Ryzen 5000 CPUを問題なく動作させることができ、5GHzを超えるPBOスパイクを得ることさえできます。

このマザーボードはAMD Ryzen 9 3900Xも1年以上完璧に動作させることができましたし、Zen 2はZen 3よりもはるかに消費電力が高いことが分かっています。

https://twitter.com/TechEpiphany/status/1479802280102744072?ref_src=twsrc%5Etfw

これはエントリークラスのボードとしては信じられないことで、さらに印象的なのは、このエントリークラスのマザーボードのVRMはヒートシンクがむき出しになっているにもかかわらず、TechEpiphanyはリード中に触れてもほとんど熱を感じないということです。

そして、ここで重要なのは、Ryzen 5000と300シリーズマザーボードとの互換性ではなく、A320マザーボードとの互換性である。

このビデオは、B350とX370チップセットを搭載したマザーボードが、より高品質なVRMと冷却設計によって、同じように、そしてより良く動作することができることを証明している。

現在、ユーザーはBootlegによってこの制限を回避する方法を発見しましたが、これらのボードのほとんどはデュアルBIOSチップがないため、間違ったBIOSバージョンをマザーボードにインストールすると、単純にマザーボードがうんともすんとも言わないレンガになってしまうため、非公式でより危険な道であることに変わりはありません。

そのため、長く付き合っている300シリーズの相棒を殺したいのでなければ、この方法は避けるようにお願いします。

AMDのクライアントチャネルビジネス担当CVP兼GMのDavid McAfee氏は、技術系メディアTom's Hardwareとの最近のインタビューで、Ryzen 5000とAMD 300シリーズボードの互換性は、彼らが解明しようとしているものであると話しており、この声はAMDに届き始めているようです。

「これは間違いなく、私たちが取り組んでいることです。そして、これがコミュニティにとって良いことであることは全く忘れていませんし、それを実現する方法を考えているところです。"

"正直なところ、この話題はAMD内部でも注目され、多くの議論が交わされていることは承知しています。冗談ではなく、今日もこの話題で3回ほど会話をしました。これはプレス関係者との会話ではなく、エンジニアリング・チームやプランニング・チーム内での会話で、どんなオプションがあって何ができるのか、どうすれば300シリーズのマザーボード・ユーザーが5000シリーズのプロセッサーにアップグレードする際に正しい体験を提供できるのかを理解しています。

「私たちは、この問題に熱心に取り組んでいるコミュニティがあることを理解しています。そして、私たちは正しいことをしたいのです。だから、私たちはまだそれを介して作業しています。

AMDのクライアントチャネルビジネス担当CVP兼GM、David McAfee氏 - Tomshardware

つまり、300シリーズのマザーボードでAMDのRyzen 5000 CPUのサポートを開放することは、レッドチームにとって百害あって一利なしだということです。Intelの第12世代Alder Lake CPUを搭載したエントリーレベルおよびメインストリームのラインアップは実に好調で、AMDはこのセグメントでのアクションを切実に必要としています。

古いAMDプラットフォームを使っていた何人かのAMDユーザーは、こうしたサポートの問題だけを理由にブルーチームへの乗り換えを計画していることが指摘されています。

Ryzen 5000のサポートがすぐに来るなら、これらのユーザーは、Ryzen 5000またはRyzen 5000Gチップにアップグレードすることで、もう1年間現在のPCに固執するかもしれません。

そうすれば、AMDはAM5が発売される前にIntelにシェアを奪われることなく、そのシェアを維持できることになります。全体として、AMDが消費者ベースの利益になるような決断を下すことを期待しています。

ソース:wccftech - Here’s AMD’s Flagship 16 Core Ryzen 9 5950X CPU Perfectly Running On An Entry-Level $60 A320 Motherboard

 

 

 

解説:

ソケットの互換性とメーカーの懸念

カスタムBIOSなどによってA320で5950Xが正常に使えることが確認されているため、AMDに正式なサポートを望むというような話です。

私はこの話には弊害があると思っています。

SocketAM4までは105W枠内に収まっており、一世代ごとにプラットフォームを変更していたIntelは比較的消費電力を自由にコントロールできていました。

しかし、数世代に渡って互換性を維持したAMDは2017年当時のCPUに求められていた消費電力のままIntelと戦っていかなくてはいけません。

ここはAlderLakeと競争するうえでかなりマイナスになっていると私は思います。

 

記事の内容はコスト的に高止まりしているZen3をA320で使えるようにしてはどうかと言う話ですが、AMDはあまり積極的ではありません。

多分どこかの品質に問題があるのだと思いますが、wccftechの元記事ではそれを否定的にとらえているようです。

完全無保証のベータ版で出してしまえばよいと思うのですが、AMD的にはそう言うわけにはいかないんですかね。

AMDがここまで積極的ではない以上、トラブルに見舞われる可能性もかなりありますが、こういったことを試してみたいユーザーにとっては本望なのではないでしょうか(苦笑。

 

AMDは600シリーズから、A620が発売予定ならば、B650、X670と上位モデルの動作については完全に一線を引いた方が良いのではないかと思います。

170Wの消波電力のCPUを正常に動作させて15,000円の価格になってしまうより、105W相当のCPU性能しか引き出せなくても6000円くらいの価格で出せる方がメリットがあると思うからです。

恐らく、A620なるチップセットがあったとしても出るのは2024年くらいになるのではないかと思いますが、どんどん高くなっていったSocketAM4のマザーボードを見ていると、どこかで割り切った方が良いのではないかと思います。

上位のマザーボードと同じ性能を下位のマザーボードで引き出せるならば、上位のマザーボードの存在意義がなくなってしまいますし、高性能・高価なCPUを使うためだけに低価格マザーボードの価格を軒並み上げてしまうのはおかしいと思います。

3950Xや5950XにはECOモードも設定されていましたが、SocketAM5のRyzen7000シリーズ以降で同じような状況になったとしてもA620ではECOモードでしか動かないという縛りを作ってぜひとも価格を安く仕上げてほしいです。

15,000円以上する低価格マザーなんて誰も望んでいませんし、6,000円で一応最上位モデルが使えることになっているけど、まともに動かないというのでは悲しすぎます。

まあ、もちろんAIBが死ぬほど努力して、170Wまででも低価格で今までと同じような製品を出してくれる可能性もありますが。

 

 

Ryzen 5000シリーズ

追加された新モデル

 

従来のラインナップ

created by Rinker
AMD
¥80,000 (2022/08/08 07:39:28時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

Ryzen 5000GシリーズAPU(GPU内蔵・並行輸入品)

 

 

-マザーボード関係, その他
-

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2022 All Rights Reserved.