マザーボード関係

ギガバイト「Z690」マザーボードのラインアップがリーク - Alder Lake CPU向けにDDR5とDDR4のAORUSをラインナップ

投稿日:

ギガバイトのAORUS Z690マザーボードのラインナップがEECでリークされ、少なくとも27枚のボードが含まれています。

このラインナップはMomomo_US氏( Videocardzより)によって発見されたもので、Alder LakeデスクトップCPU向けにDDR5とDDR4の両方のフレーバーが用意されています。

27枚のギガバイトAORUS Z690マザーボードがリークされ、EECにリストアップされている、DDR5とDDR4の両バージョンを搭載する

今回のリーク情報によると、GigabyteはZ690シリーズのラインナップとして、少なくとも27枚のマザーボードを開発中とのことです。

これには、次世代の「Z690 AORUS」、「Z690 AERO」、「Z690 Gaming」、「Z690 UD」シリーズが含まれます。

マザーボードは以下の通りです:

  • Z690 AORUS XTREME WB
  • Z690 AORUS XTREME
  • Z690 AORUS MASTER
  • Z690 AORUS TACHYON
  • Z690 AORUS ELITE
  • Z690 AORUS ELITE STEALTH
  • Z690 AORUS PRO
  • Z690 AORUS ULTRA
  • Z690 AORUS ELITE AX
  • Z690I AORUS ULTRA
  • Z690 AERO G
  • Z690 AERO D
  • Z690 GAMING X
  • Z690 UD
  • Z690M DS3H
  • Z690 UD AX
  • Z690 UD AC
  • Z690 AORUS ELITE DDR4
  • Z690M A ELITE DDR4
  • Z690 AORUS PRO DDR4
  • Z690 A ELITE AX DDR4
  • Z690M A ELITE AX DDR4
  • Z690I A ULTRA DDR4
  • Z690 AERO G DDR4
  • Z690 GAMING X DDR4
  • Z690 UD DDR4
  • Z690 UD AX DDR4

ギガバイトのAORUS Z690マザーボードは、エンスージアスト、プレミアム、ハイエンドの各セグメントをターゲットにした製品で、トップレベルの製品です。

ラインナップには、AORUS Xtreme、AORUS Xtreme WB、AORUS Master、AORUS Tachyon(オーバークロッカー向け)などがあります。

そして、Z690のラインナップは、AORUS ELITE、PRO、Ultraシリーズといった製品で、よりメインストリームのカテゴリーに向かいます。

AEROのラインナップにはAERO GとAERO Dがあり、Gamingのラインナップには「X」というバリエーションがあります。ギガバイトの標準的なラインナップには、3つのZ690 UDバリエーションと単一のmATXオプションがあります。

AORUS Z690 Elite、Pro、Ultraマザーボード、AERO G、Gaming X、UDシリーズもDDR4のみの仕様となります。

上位機種では、DDR4の選択肢が全くないため、プレミアムマザーボードではDDR5メモリのみとなりますのでご注意ください。

IntelのAlder Lake-SのCPUラインナップは、DDR4とDDR5の両方のメモリに対応していることがわかっています。

後者はそれほど安価ではないので、よりメインストリームやエントリーレベルのモデルにDDR4のサポートを含めるのは賢明なことかもしれません。

また、数日前にASUSのZ690マザーボードのラインナップがリークされましたので、こちらをご覧ください。

マザーボードメーカーは2021年10月末までにZ690の新製品を発表し、2021年11月に第12世代デスクトップCPUと一緒に発売されると予想されています。

ソース:wccftech - Gigabyte Z690 Motherboard Lineup Leaks Out – AORUS Lineup In DDR5 & DDR4 Flavors For Alder Lake CPUs

 

 

 

解説:

EECのリストからGigabyteのマザーボード名がリーク

ASUSもそうでしたが、Z690と言えども下位のマザーは軒並みDDR4になるようです。

Alderlake世代では、DDR5の最高性能モデルしか対応しないようです。

この対応を見ると、IntelはDDR5の普及をあまり急いでいないように見えます。

来年Zen4はDDR5オンリーになる可能性が高く、ここで普及しないとなかなか厳しい結果になるかもしれません。

それを含めたIntelの戦略なのかもしれませんね。

今まではユーザーからの不評を買っても新しい技術に移行することを優先してきたIntelですが、複数世代に渡るマザーボードの互換性や、DDR5と言う橋を先に渡ろうとしないAMDの態度を見て、ムッとしているのかもしれません。

ある程度のシェアを取ったならば、AMDもDDR5を普及させる負担をすべきだというIntelからのメッセージなのかもしれません。

RaptorLake世代はどうなるかわかりませんが、少なくともAlderLake世代でDDR5が大きく普及することは無いと思います。

あまりに消極的過ぎるIntelの販売政策に驚きを隠せません。DDR3からDDR4の時とはえらい違いです。

数が出ないので高止まりしますし、RaptorLakeまでDDR4/5両方のマザーが出るとしたら、AMDの販売上、かなりのハンデを負うことになります。

IntelがAMDの如き小物にここまですることはありませんでしたが、Intelを本気にさせるくらいRyzenが優秀な製品だったのかもしれません。

 

 

 

第11世代intelCore i5/7/9シリーズ

ロック解除モデル

 

Core i5-11400/F

 

第10世代intelCore i9シリーズ(10コア)

 

※ 末尾にFがついているモデルはGPUがありませんのでご注意ください。

-マザーボード関係
-

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2021 All Rights Reserved.