GPU情報

NVIDIA GeForce RTX 2060 12GBが正式デビュー、ゲーミング市場に2年前のTuringグラフィックカードが登場?

投稿日:

NVIDIAのボードパートナーは、いくつかのカスタムフレーバーのGeForce RTX 2060 12GBグラフィックスカードを正式に発売しました。

NVIDIAのGeForce RTX 2060 12GBグラフィックスカードが発売されたが、それはゲーマー向けなののか、それとも?

NVIDIA GeForce RTX 2060 12GBグラフィックスカードは、エントリーレベルのAmpereグラフィックスカードが登場するまでの間、メインストリームのグラフィックスカードとして活躍してくれるはずです。

RTX 3060 12GBの米国希望小売価格329ドルを下回る価格で販売されれば、パンチの効いた、2倍のメモリ容量を持つ、まともなゲーム用グラフィックカードになるはずです。

NVIDIA GeForce RTX 2060 12GBグラフィックスカードの仕様

NVIDIA GeForce RTX 2060 12GB」は、12nmプロセスノードにプロットされたTU106 GPUを搭載し、2176個のCUDAコア、136個のTensorコア、64個のRTコアを備えています。

GPUのクロックは、ベースが1470MHz、ブーストが1650MHzです。Turing GPUをベースにしているため、RT/Tensorコアの数が多く、PCIe Gen 4.0に対応し、NVENCエンコーダやResizable Barを搭載したAmpereカードほどの機能はありません。

RTX 2060 SUPERは同じGPUを搭載していますが、主な違いはメモリです。RTX 2060 SUPERでは256ビットバスを採用していますが、RTX 2060 12GBでは192ビットバスを採用しています。

これにより、12GBのGDDR6メモリを14Gbpsのピンスピードで動作させることができ、総帯域幅は336GB/sとなります。

このカードは、NVIDIA AIBパートナーによるカスタムモデルで提供されますが、Founders Editionのバリエーションはありません。

これまでのところ、ASUS、MSI、Gigabyte、GALAX、ZOTAC、Inno3D、Gainward、Colorfulなど、ほぼすべてのAIBが、デュアル/トリプルファンによる冷却ソリューションを誇り、最低でも8ピンの電源コネクタを搭載したカスタムモデルの導入を開始しています。

以下にその一部をご紹介します。

https://twitter.com/Inno3D/status/1468218908461182985?ref_src=twsrc%5Etfw

今回の発売で問題となるのは、NVIDIAのパートナーがこれらのカードを実際にゲーマーの手に渡らせることができるのか、それとも、常に貪欲な暗号GPU採掘者に食い尽くされてしまうのかということです。

すでに、NVIDIA GeForce RTX 2060 12GBグラフィックスカードのリストをいくつか目にしましたが、その価格は約400~450ドルで、2年前のTuring GPUにVRAMをアップグレードしても、RTX 3070の希望小売価格と同じくらいの価格になっています。

このカードが600ユーロ以上で販売されているところもあります。中国では、カラフルなバージョンが3999人民元または650米ドルの価格で販売されています。

NVIDIAは、TU106 GPUを暗号採掘用に大量に生産しており、これらのチップの在庫はまだ余っていて、CMP専用カードに搭載されたり、倉庫に眠っていたりします。

そのため、在庫を早く処分するために、NVIDIAはRTX 2060 12GBをゲーミングカードとして売り出そうとしていますが、マイニング後にゲーマーに転売できることを考えると、マイニングを行う人にとってはCMPカードよりも価値のある製品とみなされるでしょう。

また、NVIDIA GeForce RTX 2060 12GBグラフィックスカードは、現在、さまざまな機能やバグ修正を含む最新の497.09 WHQLドライバに対応しています。詳細はこちらをご覧ください。

グラフィック
カード名
NVIDIA GeForce
RTX 2060
NVIDIA GeForce
RTX 2060 12 GB
NVIDIA GeForce
RTX 2060 SUPER
GPU
アーキテクチャー
Turing GPU (TU106)Turing GPU (TU106)Turing GPU (TU106)
製造プロセス12nm FNN12nm FNN12nm FNN
ダイサイズ445mm2445mm2445mm2
トランジスタ数106億106億106億
CUDAコア数1920コア2176コア2176コア
TMU数/
ROP数
120/48136/64136/64
GigaRay5 Giga Rays/s6 Giga Rays/s6 Giga Rays/s
キャッシュ4 MB L2 Cache4 MB L2 Cache4 MB L2 Cache
ベースクロック1365 MHz1470 MHz1470 MHz
ブーストクロック1680 MHz1650 MHz1650 MHz
FP32演算性能6.5 TFLOPs7.5 TFLOPs7.5 TFLOPs
メモリ容量
・種類
6 GB GDDR612 GB GDDR68 GB GDDR6
メモリ速度14.00 Gbps14.00 Gbps14.00 Gbps
メモリバス幅192-bit256-bit192-bit
メモリ帯域幅336 GB/s448 GB/s336 GB/s
補助電源端子8 Pin8 Pin8 Pin
TDP160W185W185W
希望小売価格$349 US$299 US?$499 US
価格
(Founders Edition)
$349 US$299 US?$599 US
発売時期2019年1月2021年12月2019年7月

ソース:wccftech - NVIDIA GeForce RTX 2060 12 GB Makes Official Debut, A Turing Graphics Card 2 Years Later For The Gaming Market?

 

 

 

解説:

RTX2060 12GBは高い・・・と判断するのは早いかもしれない

本文記事中に

NVIDIAは、TU106 GPUを暗号採掘用に大量に生産しており

と言うくだりがありますので、どのくらい需要を満たせるのかはわかりませんが、あまりに不人気ならば、ダブついて価格が下がるかもしれません。

そうなれば、割といい製品と言うことになります。

マイニング需要と言うのは底なしですから、可能性は低いかもしれませんが、3-4万円台になってくれれば値ごろ感があってGPU不足の救世主になるかもしれません。

国内のメディアさんでも実質マイニング用(?)と疑問符を付けて紹介されていますね。

ゲーム用だとラスタライズの性能に大差が無かったとしてもTensorコアとRTコアの性能差は確実にあり、nvidia自身がその性能差をアピールしていますから、販売的になかなか厳しいでしょうね。

臨時で12nmのRTX2060を急遽投入するくらいですから、Samsungの8nmは一杯一杯まで生産しているんでしょうね。

残念ながら、根本的な品不足の解決にはまだまだ時間がかかりそうです。

 

 

 

nVidia RTX3000シリーズGPU

RTX3090

 

RTX3080Ti

 

RTX3080 10GB LHR

 

RTX3070Ti

 

Geforce RTX3070 8GB GDDR6 LHR

created by Rinker
ZOTAC(ゾタック)
¥128,157 (2022/07/04 03:56:12時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
ZOTAC(ゾタック)
¥100,184 (2022/07/04 04:03:17時点 Amazon調べ-詳細)

 

RTX3060Ti 8GB GDDR6

created by Rinker
ZOTAC(ゾタック)
¥99,680 (2022/07/04 04:22:40時点 Amazon調べ-詳細)

 

RTX3060 12GB GDDR6

 

RTX2000シリーズ

RTX2060 12GB

RTX2060が12GBメモリを搭載して復刻

 

nVidia Geforce RTX1600シリーズ

GTX1650SUPER

 

GTX1650 GDDR6

 

 

-GPU情報
-,

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2022 All Rights Reserved.