GPU情報 その他

2021年第3四半期、インテルとAMDのGPU出荷数は減少、NVIDIAはGPU市場シェアが8%増加し、ディスクリートGPUシェアのリーダーシップを維持

投稿日:

JPR(Jon Peddie Research)の月次GPU市場シェアレポートが発表され、NVIDIAがIntelとAMDを抑えてトップの座を維持していることが明らかになりました。

AMDとIntelのGPU出荷数が減少する中、NVIDIAはディスクリートGPU市場でのリーダーポジションを維持

JPRによると、2021年第3四半期の世界のGPU市場は1億100万個に達し、PC用CPUの出荷台数は前年同期比で9%増加したという。

PCにおけるディスクリートGPUの全体的な普及率は今後5年間で31%に達し、2025年末には32億4,900万台のインストールベースになると予想されています。

クイックハイライト

  • 当四半期におけるGPUのPCへの装着率(統合型およびディスクリートGPU、デスクトップ、ノートブック、ワークステーションを含む)は、前四半期比7.6%増の125%となりました。
  • PC用CPU市場全体では、前四半期比で-23.1%の減少、前年同期比では9.2%の増加となりました。
  • デスクトップグラフィックス用アドインボード(ディスクリートGPUを使用するAIB)は、前四半期比で10.9%増加しました。
  • 当四半期のタブレット端末の出荷台数は、前四半期比で-6.9%となりました。

全GPUを対象としたGPU別市場シェアでは、AMDが1.4%の微増、NVIDIAが4.86%の増加、Intelが-6.2%の大幅減となりました。

一方、GPU全体の出荷台数は、AMDが-11.4%、インテルが-25.6%の減少となりました。

一方、NVIDIAは、GPUの出荷台数が8%増加しました。GPU全体の出荷台数は、-18.2%の減少となりました。

出荷ベースのdGPUマーケットシェア

2020Q22021Q22021Q3
AMD20%17%17%
Nvidia80%83%83%

ディスクリート・グラフィックスのシェアについて言えば、dGPU分野では、2021年第2四半期以降、AMDとNVIDIAの両方がその地位を維持しています。

NVIDIAは83%、AMDは17%の圧倒的なシェアを誇っています。

JPRの発表によると、以前は第3四半期が第2四半期に比べて最も好調だったが、GPUの不足とパンデミックによりGPU業界は大きな打撃を受け、今四半期は前四半期に比べて過去最低となったという。

ディスクリート・ノートPC市場は、COVIDによって恩恵を受け、また苦しんだ。人々が家で仕事をするようになり、ノートPCの売上が急増しました。その後、Chromebookが台頭し、ノートPCのGPUのローエンドを弱体化させた。正常な状態に戻るには、22年第1四半期までかかるだろう」。

JPR社のジョン・ペディ社長は、「Covidは、ジャストインタイム戦略に過度に依存した脆弱なサプライチェーンのバランスを崩し続けている。安定したサプライチェーンが形成されるのは2022年末頃になるでしょう。その間には、いくつかのサプライズがあるでしょう」と述べています。

ほとんどの半導体ベンダーは、次の四半期に向けて平均3%の上方修正を行っています。そのガイダンスの一部は通常の季節性に基づいていますが、コロナウイルスの影響要因とサプライチェーンの二日酔いが残っています。

JPRより

また、GPUが不足しているために、需要があるにもかかわらずゲーミングカードが入手できないという事態が発生していることも忘れてはなりません。

不足の結果、世界中のGPUの価格は小売店による事実上のインフレに陥り、希望小売価格の2倍以上の価格になっています。

ソース:wccftech - ntel & AMD GPU Shipments Decreased In Q3 2021, NVIDIA Sees 8% Increase In GPU Market Share & Retains Discrete GPU Share Leadership

 

 

 

解説:

GPU市場に異変?

久しぶりのJPRマーケットリサーチの話題です。

内蔵GPUを含む全GPUの出荷割合に異変です。

王者だったIntelがシェアをかなり落とし、AMDが微増、nVidiaが大幅増となっています。

マイニング需要やゲーム需要の他、OEM向け(ノートPC)のAMDの出荷割合が増えたのが原因ではないのかなと思います。

dGPUに関しては、高性能なRDNA2を投入してGeforceとそん色のない性能になったにも関わらず、AMDのシェアは17%と以前低いままです。

こちらは、dGPU市場全体は拡大しているにも関わらず、生産能力をあまり増強してなかったのが原因ではないかと思います。

私はずっと「どんなに高性能な製品を開発しても前年の2倍の出荷は見込めないはず」と言ってきましたが、それが証明されたような形ですね。

やはり急激な生産能力の増強は簡単ではないようです。

 

 

 

 

-GPU情報, その他
-

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2021 All Rights Reserved.