その他

VESA、ゲーミングディスプレイの可変リフレッシュレートをターゲットとしたAdaptiveSyncオープンパフォーマンス規格を発表

投稿日:

本日、Video Electronics Standards Association(VESA)は、可変リフレッシュ・レート・ディスプレイの画面前性能に関する最初の一般に公開された規格を明らかにしました。

VESA AdaptiveSync Display Compliance Test Specification (AdaptiveSync Display CTS)は、VESAのAdaptiveSyncプロトコルをサポートするコンピュータ・モニターとラップトップ用の50以上のテスト手段、自動テスト手順、性能指示を幅広くかつ厳しく提供するものである。

VESAは、PCモニタとノートPCの可変リフレッシュ・レート性能に関する業界初のオープン・スタンダードとロゴ・プログラムを立ち上げた。

AdaptiveSync Display CTSは、2つの性能レベルを含む製品コンプライアンスロゴプログラムも指定します。

AdaptiveSync Displayは、非常に高いリフレッシュレートと低いレイテンシでゲームに集中する。

メディアのジッターフリー再生用に開発されたMedia sync Displayは、VESA Certified AdaptiveSync DisplayとMediaSync Displayロゴプログラムを制定して、すべての多国籍放送ビデオ構成に貢献した。

VESA Certified AdaptiveSync Displayロゴは、より高いリフレッシュレートと低遅延パネル性能に重点を置いたゲーミングモニター向けに開発されたものです。

このロゴには、AdaptiveSync方式で製造元のデフォルト設定でネイティブ解像度を実験したときに達成可能な最高のビデオフレームレートを示す値が含まれており、ロゴの値は144、165、240、360、およびそれ以上からなります。

VESA Certified AdaptiveSync DisplayまたはMediaSync Displayロゴプログラムに参加したいベンダーは、VESAが認定したATC(Authorized Test Center)で製品をテストするために製品を送ることができます。

VESAは、顧客が購入前にAdaptiveSyncをサポートするディスプレイの様々なリフレッシュ・レート性能を容易に認識し、比較することを可能にします。

すべてのAdaptiveSync Display CTSおよびVESA DisplayPortコンプライアンス・テストに合格したディスプレイのみが、VESA認定AdaptiveSync DisplayまたはMediaSync Displayのロゴを認可されるのです。

VESA Certified MediaSync Displayロゴは、ジッターフリーのメディア再生に重点を置き、世界のすべての放送ビデオフォーマットをサポートするディスプレイのために開発されました。

このロゴは、フレームレートの上昇ではなく、ジッターとフリッカーの欠如に焦点を当てた製品認証であるため、性能の段階はありません。

VESAのAdaptiveSync Display CTSとロゴプログラムは、ディスプレイ、グラフィックカード、CPU、パネル、ディスプレイドライバ、その他のコンポーネントを提供する著名なOEMを含む、ディスプレイエコシステムを横断する20以上のVESAメンバー組織の支援により設立されました。

VESAは、VESA DisplayPortビデオインターフェイス規格にAdaptiveSyncプロトコルを追加し、ゲームのためのスムーズでティアフリーな画像とジッターフリーなビデオ再生を可能にしました。

そして、この新しい規格は、早ければ2014年に、幅広いフレームレートでレンダリングされたコンテンツをより低い電力で、より効率的に表示することを可能にします。

それ以来、VESAのAdaptiveSync技術は業界全体で広く採用され、現在、すべての主要なGPUチップセットベンダーによってサポートされています。

現在、多くのPCやノートPCのディスプレイがAdaptiveSyncプロトコルをサポートしていますが、ディスプレイのAdaptiveSyncサポートのパフォーマンスや品質のレベルをる計るためのオープンスタンダードは存在しませんでした。

VESAのAdaptiveSync DisplayとMediaSync Displayのロゴ・プログラムは、AdaptiveSync Display CTSに準拠したテストによって検証された可変リフレッシュレート動作の画面前の視覚性能の特定のベンチマークを購入者に供給することによって、この需要を管理しています。

VESAが急成長するゲーミング市場でAdaptiveSync Display規格を発表したことで、ゲーミングモニターのカテゴリーでさらなるイノベーションが期待できると考えています。LG UltraGear™ブランドは、VESA AdaptiveSync Displayの認証を取得した初のモニターとして高い評価を得ているLG UltraGear™27GP950と27GP850で、その初期から関与していることを誇りに思います。また、LGは2022年の新モデルを予定しており、VESAの性能試験で要求される高い基準を満たすだけでなく、今日の消費者の期待や多様なニーズに応えることができると確信しています」と述べています。

- LG電子のIT開発部門を担当する副社長、Sok Ho Jang氏

VESA AdaptiveSync Display CTSは、リフレッシュレート、フリッカー、グレー・ツー・グレー応答時間(一流の画像を保証するためにオーバーシュートとアンダーシュートの限界を記憶)、ビデオフレーム・ドロップ、ビデオフレームレート・ジッターといった主要要因を網羅する50以上の自動ディスプレイ性能テストを組み込んでいる。

VESA AdaptiveSync Display CTSは、すべてのモニターが産業施設の出荷状態または工場出荷時のデフォルトモード構成でテストされ、出荷前に包括的な室温環境でテストされることを期待しました。

さらに、VESA AdaptiveSync DisplayとMediaSync Displayのロゴ確認要件を満たすすべてのディスプレイは、同様にVESAのDisplayPort標準を試して確認する必要がある。

最近2年間に発表されたノートパソコンとPCのGPUのほとんどは、VESAのAdaptiveSyncの規約をサポートするために装備されている。

VESAは、GPUとプログラミングドライバがVESA認定のAdaptiveSync DisplayおよびMediaSync Displayアイテムで自動的にAdaptive-Sync活動を行うかどうか、GPU販売店に確認するよう購入者に呼びかけている。

Adaptive-Sync Display CTSは、8年前にVESAがAdaptive-Syncプロトコルを導入して築いた基盤の上に構築されたものである。

これは、ゲームやメディア再生用に購入するディスプレイが、適切なGPUと共に使用された場合、明確に定義された画面前性能の最低基準を満たすことを消費者に保証するロゴプログラムに支えられた、オープンかつ業界全体、そしてブランドにとらわれない基準を提供するものである。

テスト仕様とロゴプログラムを設計するにあたり、VESAは性能基準とテスト方法について、既存の多くの仕様やロゴプログラムよりも厳しい基準で高いハードルを明示的に設定しました。

VESAでは、今後もAdaptive-Sync Display CTSの開発と改良を続け、新しいディスプレイの開発や市場ニーズに対応し、消費者の視覚品質とユーザー体験をさらに向上させることを目指していきます。

-Adaptive-Sync Display CTSを担当するVESA Display Performance Metrics Task Groupの議長であり、HDRおよびAdaptive-Syncディスプレイ技術に関するIntel Corporationの代表であるRoland Wooster(ローランド・ウースター)氏。

TestAdaptiveSyncMediaSync
Adaptive-Sync動作の最大
リフレッシュレート範囲
≥ 144 Hz≥ 60 Hz
Adaptive-Sync動作の最小
リフレッシュレート範囲
≤ 60 Hz≤ 48 Hz
オーバードライブの工場
出荷時設定値を確認する
過度なオーバーシュート、
アンダーシュートが発生
しないか
オーバーシュート
/アンダーシュート
≤ 20% オーバーシュート
≤ 15% アンダーシュート
(16のテストケースのいずれか)
≤ 20% オーバーシュート
≤ 15% アンダーシュート
(16のテストケースのいずれか)
G2Gテスト20回分の平均値に
おける限界値
5×5マトリックスによる
工場出荷時のオーバー
ドライブ
≤ 5-ms 20回のテスト
の平均
N/A
低変動率でのフリッカー(最大)
リフレッシュレートテスト
-50 dB-50 dB
フリッカー(最大)、
高変化率リフレッシュレート試験
-50 dBテストは、ロゴパフォーマンス層の
義務として実行されません
SuccessiveFrameDurationの増加許容値が
存在する場合、変数の最小期間
8.5 ms1 ms
SuccessiveFrameDuration 減少許容値が
存在する場合、可変の最小期間
9.75 ms1 ms
23.976〜60Hzビデオのビデオ
フレーム間ジッター持続時間
フレームレート
±0.5 ms±0.5 ms

ソース:wccftech - VESA launches AdaptiveSync open performance standard targeting gaming display variable refresh rates

 

 

 

解説:

VESAがAdaptive SyncとMedia Syncをリリース

Adaptive SyncはAMDが作った規格のFreeSync(無料)のVESA版、Media Syncはそのビデオ版と言ってもよいでしょう。

かつて、可変リフレッシュレート(PCの出力するFPSに合わせてリフレッシュレートを変化させる技術)の規格としてnVidiaのG-SyncとAMDのFree Syncが争い、最終的にFree Syncが勝ちました。

珍しくnVidiaが負けた理由としては、G-SyncはnVidiaが指定するチップを使用しなくてはならず、それが税金のようになって採用メーカーを通じてユーザーからお金を徴収すると言う仕組みになっていたからです。

結局はAMDのFree Syncが勝利し、nVidiaのG-SyncはFree Syncに飲まれる形になりました。

今も名前だけはのこっているのかもしれませんが、実質同じになります。

そのFree SyncをVESAが正式に標準化したのがAdaptive Syncと言う解釈で間違いないと思います。

Media SyncはそのVideo用の規格で60FPSまでしか規格化されていません。

ただし、Adaptive Syncも144Hzまでしか標準化されていないようです。

nVidiaは素晴らしいメーカーだと思いますが、やはり一社が独占するとあらゆるところからお金を徴収しようとするので競争は必要だと思います。

今はAMDだけではなく、IntelもGPUに参入してきました。

私はAMDのファンですが、GPUにIntelが参入するのは大歓迎しています。

それは競争するメーカーが増えるとユーザーにとっての利益になると確信しているからです。

ここでいつも書いている一言。「競争のない世界は死んだ世界」

-その他
-

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2022 All Rights Reserved.