CPU情報 GPU情報 その他

AMD、11月8日開催の「Accelerated Data Center」プレミアイベントで次世代CPU「EPYC」とGPU「Instinct」ファミリーを発表

投稿日:

AMDは、11月8日にバーチャルで開催する初のバーチャルイベント「Accelerated Data Center」を正式に発表しました。

このイベントでは、AMDのCEOであるリサ・スー博士をはじめとする経営陣が、次世代CPU「EPYC」とGPU「Instinct」を中心としたプレゼンテーションを行います。

AMDの次世代CPU「EPYC」とGPU「Instinct」が11月8日の「Accelerated Data Center」イベントで発表されます。

AMDは、このイベントでどのような新製品や発表があるのか明確には述べていませんが、AMDのDirector of Marketingがツイートした内容によると、ライブストリームでInstinct GPUとEPYC CPUの両方が見られるようです。

AMDは既存のロードマップの終了を間近に控えており、新しいデータセンターロードマップを発表する絶好の機会となります。

翻訳

2021年11月8日午前11時(米国東部時間)に開催される「Accelerated Data Center Premiere」に@AMDが参加し、@LisaSu、@DanRMcNamara、Senior VP & GMのForrest Norrodが、AMD #EPYCプロセッサと@AMDInstinctアクセラレータの最新のイノベーションについて説明します。

 

AMDは、2021年11月8日午前11時(米国東部時間)に「Accelerated Data Center Premiere」を開催し、EPYCプロセッサーとInstinctアクセラレーターによる同社の今後のイノベーションを紹介します。

このバーチャルイベントでは、AMD社長兼CEOのリサ・スー博士、データセンターおよびエンベデッドソリューションビジネスグループのシニアバイスプレジデント兼ゼネラルマネージャーのフォレスト・ノロッド、サーバービジネスユニットのシニアバイスプレジデント兼ゼネラルマネージャーのダン・マクナマラによるプレゼンテーションが予定されています。

このイベントは、米国東部時間午前11時から、www.amd.com/en/events/data-center、一般公開されます。また、ライブストリームイベント終了後にはリプレイが用意され、アクセスすることができます。

これまでの報道によると、AMDはMilan-X EPYC CPUを発売する予定で、すでに小売店のリストに掲載されています。

この新しいMilan-Xチップは、AMDが2022年第1四半期にAM4ソケットに搭載するZen 3ベースのRyzen CPUに約束したものと同様の3D V-Cacheスタック技術を採用します。

MI200シリーズには、Instinct MI250XとInstinct MI250が含まれ、演算性能を大幅に向上させるとともに、データセンター向けの初のMCM GPUとなる予定です。

翻訳

3つとも確実

最後に、今回のイベントでTrentoを見ることができるかもしれないという憶測が流れていますが、正直なところ、AMDはCPUとGPUの分野でインテルとNVIDIAの両方に対抗するために準備を進めているので、どんなことでも可能です。

ソース:wccftech - AMD To Unveil Next-Gen EPYC CPU & Instinct GPU Families at ‘Accelerated Data Center’ Premiere Event on 8th November

 

 

 

解説:

3D V-Cacheスタック技術搭載型EPYC Milan-Xが11/8に公開される。

AMDがサーバーとモバイルに力を入れて、デスクトップは二の次になるというのは本当のことらしいです。

先日年末にZen3+が発売されるというリークが出ましたが、どうもこのMilan-Xのことを言っている可能性も出てきました。

ただし、Milan-XもRyzenもダイは同じものを使うはずで、基本的にはMilan-Xの選別落ち品がデスクトップに回されるはずです。

よってダイそのものが変わるならば、現行品の生産を打ち切ってその分の生産力を3D V-Cacheスタック技術搭載型ダイに回すのが合理的と言えば合理的ですから、時期を同じくしてデスクトップRyzenにもZen3+が投入される可能性が高いと私は思っています。

ただ、デスクトップの情報が全く回ってこなくなり、AMDからの情報もサーバーとモバイルに偏っているので、ひょっとしたら高クロック迄回るダイが必要な12コア、特に16コアモデルは数が激減する可能性もあるのかなあとうっすらと思っています。

あとはMCM搭載のRadeon Instinctシリーズも発表されるようです。

Ryzenが素晴らしい製品であるという評判を引っ張ってきたのはアーリーアダプター集団である自作erだという自負があるので、この塩対応は寂しい限りです。

 

 

 

Ryzen 5000シリーズ

 

Ryzen 5000GシリーズAPU(GPU内蔵・並行輸入品)

 

Ryzen PRO 4000Gシリーズ(GPU付きZen2コアAPU・並行輸入品)

 

旧シリーズの安価なモデル

Ryzen 5

 

 

Ryzen3

 

-CPU情報, GPU情報, その他
-

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2021 All Rights Reserved.