CPU情報

Intel Core i7-12700K 12 Core Alder Lake CPU-z Benchmarkがリーク、AMD Ryzen 7 5800X & Core i9-11900Kよりも最大45%高速化

投稿日:

IntelのCore i7-12700K Alder Lake CPUがCPU-zベンチマークでテストされ、IntelのRocket LakeおよびAMDのZen 3プロセッサラインアップに基づく最速の8コアCPUよりも最大45%高速であるとされています。

Intel Core i7-12700K Alder Lake 12 Coreは、CPU-zのマルチスレッドベンチマークにおいて、Core i9-11900KおよびRyzen 7 5800Xよりも最大で45%高速です。

TUM_APISAK氏がツイートしたCPU-zベンチマークの結果によると、Intel Core i7-12700Kはシングルコアで800.2ポイント、マルチコアで9423.2ポイントを記録しました。

Core i7-12700Kは12コアのチップですが、AMD Ryzen 7 5800XやIntel Core i7-11700Kと同じ価格帯に位置づけられるはずです。

それを踏まえれば、シングルコアテスト、マルチコアテストともに性能向上は大きい。

シングルコアテストでは、インテル Core i7-12700Kは、Core i9-11900Kに対して約17.3%、Core i7-11700Kに対して約24%、AMD Ryzen 7 5800Xに対して約25%の速度を示しています。

マルチコアテストでは、Intel Core i7-12700Kが、AMD Ryzen 7 5800XとIntel Core i9-11900Kに45%の差をつけてトップに躍り出ました。

前モデルと比較して、マルチコア性能は50%向上しています。

このCPUは、12コア24スレッドの製品を搭載したAMD Ryzen 9 5900Xにのみ負けており、Core i7-12700Kよりも約2%高速になっています。

 

 

 

Intel Core i7-12700K CPUの仕様

インテル Core i7-12700K CPUは、Golden Coveコアを8個提供しますが、Gracemontコアを4個に削減します。

これにより、合計で12コア(8+4)、20スレッド(16+4)となります。Pコア(Golden Cove)は基本周波数3.6GHz、最大ブースト周波数は1~2コア時に最大5.0GHz、全コア時に4.7GHzで動作し、Eコア(Gracemont)は1~4コア時に3.8GHz、全コア時に最大3.6GHzで動作します。

また、25MBのL3キャッシュを搭載し、TDP値は125W(PL1)および228W(PL2)を維持しています。

Intel社のAlder LakeデスクトップCPUは、DDR5とDDR4の両方のメモリコントローラを搭載し、600シリーズのマザーボードにはDDR5/DDR4に対応したオプションが用意されています。

ハイエンドのマザーボードはDDR5を維持し、よりメインストリームの製品ではDDR4のサポートも開放されます。

Intel Alder LakeのCPUラインアップは、それぞれのZ690プラットフォームやDDR5メモリーキットとともに11月に発売される予定です。

Intel 第12世代Alder LakeデスクトップCPUのスペック「噂」

CPU名Pコア数Eコア数全コア数
/ スレッド数
Pコア ベース
/ ブースト (最大)
Pコア ブースト
(全コア)
Eコア ベース
/ ブースト
Eコア ブースト
(全コア)
キャッシュTDP (PL1)TDP (PL2)価格
Core i9-
12900K
8816 / 243.2 / 5.3 GHz5.0 GHz
(全コア)
未確認 /
3.9 GHz
3.7 GHz
(全コア)
30 MB125W228W$599 US
Core i9-
12900
8816 / 243.2 / 5.2 GHz4.9 GHz
(全コア)
未確認未確認30 MB65W~200W$509 US
Core i9-
12900T
8816 / 24未確認 /
4.9 GHz
未確認未確認未確認30 MB35W未確認未確認
Core i7-
12700K
8412 / 203.6 / 5.0 GHz4.7 GHz
(全コア)
未確認 /
3.8 GHz
3.6 GHz
(全コア)
25 MB125W228W$429 US
Core i7-
12700
8412 / 203.6 / 4.9 GHz4.6 GHz
(全コア)
未確認未確認25 MB65W~200W$359 US
Core i7-
12700T
8412 / 20未確認 /
4.7 GHz
未確認未確認未確認25 MB35W未確認未確認
Core i5-
12600K
6410 / 163.7 / 4.9 GHz4.5 GHz
(全コア)
未確認 /
3.6 GHz
3.4 GHz
(全コア)
20 MB125W228W$279 US
Core i5-
12600
606 / 123.7 / 4.8 GHz4.4GHz
(全コア)
未確認未確認18 MB65W~200W$249 US
Core i5-
12600T
606 / 12未確認 /
4.6 GHz
未確認未確認未確認18 MB35W未確認未確認
Core i5-
12500T
606 / 12未確認 /
4.4 GHz
未確認未確認未確認18 MB35W未確認未確認
Core i5-
12400
606 / 12未確認未確認未確認未確認18 MB65W~200W$203 US
Core i5-
12400T
606 / 12未確認 /
4.2 GHz
未確認未確認未確認18 MB35W未確認未確認
Core i3-
12200T
404 / 8未確認 /
4.2 GHz
未確認未確認未確認12 MB35W未確認未確認
Core i3-
12100T
404 / 8未確認 /
4.1 GHz
未確認未確認未確認12 MB35W未確認未確認

ソース:wccftech - Intel Core i7-12700K 12 Core Alder Lake CPU-z Benchmark Leaks Out, Up To 45% Faster Than AMD Ryzen 7 5800X & Core i9-11900K

 

 

 

解説:

Core i7-12700KのCPU-zベンチマーク結果がリーク

それによると12700Kと12900Kの結果はRyzen5000シリーズやRocket Lakeに大差をつけて勝っています。

GoldenCoveが極めて優秀なコアであることの証拠だと思います。

ただし、PugetSystemのAdobe系ベンチマークではRyzen5000がリードしており、実アプリのベンチではRyzen5000シリーズが勝ってしまうこともあるようです。

この辺もZen2コアRyzen登場時のSkylakeコアとの比較を見ているようで面白いです。

丁度逆になっている感じですね。

Windows11にはバグがあって、Zen3コアの性能が大幅に落ちるという情報をツイートしましたが、AlderlakeはWindows11でベンチを取るとまた違った結果になるのではないかと思います。

最後にお断りしておきますが、SSのCPU-z Benchmark Version 17.01.64にはAVX-512は含まれておりません。

上のように最新版CPU-z Ver 1.97時点でのAVX2/AVX-512Benchmarkはベータとなっており、Version表記の最後にカッコ書きが出てきます。

※ただし、上は私の5950Xで実行しているためAVX2しか出ていません。

その旨お断りしておきます。

 

 

 

第11世代intelCore i5/7/9シリーズ

ロック解除モデル

 

Core i5-11400/F

 

第10世代intelCore i9シリーズ(10コア)

 

※ 末尾にFがついているモデルはGPUがありませんのでご注意ください。

 

 

-CPU情報
-,

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2021 All Rights Reserved.