GPU情報

最大でGTX 1080の性能を発揮するJingjia Microの新GPUシリーズ「JM9」が正式にテープアウト

投稿日:

 

中国でGeForce GTX 1080に相当するGPU「JM9271」を発表

最初の発表から2年以上が経過し、Jingjia MIcroはNVIDIA GTX 1080相当のGPUのテープアウトを発表し、その梱包作業を終了しました。

同社の公式声明によると、JM9シリーズのテープアウトが完了したとのことです。

 

これは、2年前に中国国内市場以外では比較的無名の企業が、自社のGPU開発を突然発表したことで判明したGPUシリーズと同じものです。

9月14日、中国国内のGPUチップ企業であるJingjiawei社は、同社の新世代グラフィックス・プロセッシング・チップがテープアウトとパッケージングの段階を完了したと発表しました。

この製品はまだテスト作業が完了しておらず、量産や外販も形成されていないため、同社には影響がないという。現在の業績の方が影響が大きく、同社の将来の業績への影響の度合いはまだ予測できない。

- Mydriver

ここで言及しておきたいのは、京佳マイクロは2020年末までにすでにGPUシリーズを発売する計画を立てていたが、開発には明らかに問題が発生していたということだ。

JM9 GPUシリーズは、当初予定されていた発売から1年近くが経過し、ようやく最終段階に到達したが、これは必ずしも量産を意味するものではない。

JM9 GPUシリーズには、2つのGPUが搭載されている。

JM9231はエントリークラスのGPUで、公式統計ではGeForce GTX 1050に匹敵する性能を持っています。

GPUクロックは1.5GHz以上、PCIe Gen3 x16インターフェイス、8GBのGDDR5メモリ、HDMI2.0とDisplayPort1.3の完全互換性を備えているという。

これらすべてをTDP150W以内で実現します。

このGPUでは、2TFLOPSの性能を期待しています。

上位機種の「JM9271」は、PCIe Gen4 x16に対応した1.8GHzモデル。

JM9231とは異なり、9271は16GBのHBMメモリを搭載し、メモリ効率を大幅に向上させるが、同時に製造の複雑さとコストも増加させるという。

また、単精度演算性能は、GTX 1080の8.9TFLOPSを下回る8TFLOPSとなる予定です。

JMが発表した数値は演算性能の推定値であり、ゲーム性能とは比較できません。

実際、JM9シリーズは、DirectXやVulkan APIにも対応していないため、ゲーム分野での利用は少ない。

したがって、JM9はゲーミングGPUとはみなされるべきではありません。

ソース:Videocardz.com - Jingjia Micro’s new JM9 GPU series offering up to GTX 1080 performance officially tapes out

 

 

 

解説:

中国でGTX1080相当のGPUが新規にテープアウト

中国の半導体に懸ける情熱と言うのはすさまじいものかありますね。

CPUがとん挫したと思ったら今度はGPUです。

上位がGTX1080相当、下位がGTX1050相当のGPUが新規にテープアウトしたそうです。

nVidia製品に置き換えると約5年前のシリーズと言うことになります。

現時点では大したことは無い性能ですが、これが初期製品と言うことを考えるとなかなか侮れないのではないでしょうか?

残念ながらこちらはゲーム用ではなく、HPCなどの用途に使われるということなのだと思います。

こういうコストや時代を無視した製品を国を挙げて作れるのが中国の国の恐ろしさではないでしょうか。

 

-GPU情報
-

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2021 All Rights Reserved.