GPU情報 その他

NVIDIA GeForce RTX 3090 Ampereだけで、AMDのRadeon RX 6000 RDNA 2 GPUラインナップ全体を上回るGPUシェアを獲得

更新日:

NVIDIAのGeForce RTX 3090フラグシップは、Steamハードウェア調査内での全体的なシェアにおいて、AMDのRadeon RX 6000 RDNA 2グラフィックスカードの全ラインナップを上回っています。

このデータは実際の市場シェアを示すものではありませんが、14人のゲーマーのうち1人だけがAMD Radeon RX 6000シリーズのグラフィックカードをPC内にインストールしており、残りのゲーマーはNVIDIAの最新のAmpere GeForce RTX GPUを搭載していることがわかります。

Steamのハードウェア調査によると、AMDのRadeon RX 6000シリーズよりも多くのゲーマーがNVIDIA GeForce RTX 30 Ampereグラフィックスカードを搭載しています。

これまでしばらくの間、AMDのRadeon RX 6000シリーズのグラフィックカードはSteamのハードウェア調査に表示されていませんでしたが、RedditorのSkipperは、AMDのRadeon RX 6000シリーズのグラフィックカードをリストアップして、データベース内のNVIDIAのGeForce RTX 30の数と比較してどの程度の差があるかを確認する回避策を見つけました。

AMD RX 6000シリーズGPUのDirectXの数値は、NVIDIA Ampere GPUに比べて非常に低く、表示されていなかったため、この回避策にはVulkan Systemsのシェアにアクセスする必要があります。新しい数値が入ったので、比較してみましょう。

これらは vulkan systems の下に掲載されています。https://store.steampowered.com/hwsurvey/directx/

vulkanシステムのシェアと、https://store.steampowered.com/hwsurvey に掲載されている全体のシェアを比較すると、AMDとNVIDIAのすべてのカードが、vulkanシステムでは2倍のシェアを持っていることがわかります。つまり、2で割ると全体のシェアになります。

6900xt 0.08

6800xt 0.1

6800 0.05%

6700xt 0.11

合計 0.34

via Skipan (r/Hardware)

フラッグシップのAMD Radeon RX 6900 XTのシェアは0.08%、6800 XTは0.1%、6800は0.05%、そして最近発売された6700 XTは0.11%と最も高いシェアを持っています。

また、AMD Radeon RX 6000シリーズ全体では、0.34%のシェアとなっています。

この数字を、NVIDIAのGeForce RTX 30シリーズのグラフィックスカードと比較すると、RTX 3090だけで0.37%(Linux)のシェアがあり、これは1500米ドルのフラッグシップカードです。

NVIDIA GeForce RTX 3080のシェアは0.85%、RTX 3070は1.53%と最も高いシェアを持ち、RTX 3060シリーズは1%のシェアとなっています。

なお、「RTX 3080 Ti」と「RTX 3070 Ti」はまだデータベースに登録されていません。

NVIDIAとAMDのGPUの全体的なシェアを見ると、Ampere GeForce RTX 30シリーズが約93.4%、RDNA 2 Radeon RX 6000シリーズが6.6%となっています。

これは、14人のゲーマーのうち、AMD Radeon RX 6000シリーズのグラフィックカードをSteamで使用しているのは1人だけであることを意味しています。

Linux全体のシェアを比較すると、Ampereファミリーが9.6%、AMDのRDNA 2ファミリーが0.68%となっています(モバイルとデスクトップのバージョンを含む)。

AMDとNVIDIAのGPUシェア(Steamハードウェア調査Linux DB/2021年7月

NVIDIA
グラフィックカード
シェアAMD
グラフィックカード
シェア
GeForce RTX 30900.37%Radeon RX 6900 XT0.08%
GeForce RTX 3080 TiN/ARadeon RX 6800 XT0.10%
GeForce RTX 30800.85%Radeon RX 68000.05%
GeForce RTX 3070 TiN/ARadeon RX 6700 XT0.11%
GeForce RTX 30701.53%Radeon RX 6600 XTN/A
GeForce RTX 3060 Ti0.41%--
GeForce RTX 30600.64%--
合計 (Desktop GPU)3.80%合計 (Desktop GPU)0.34%

繰り返しになりますが、これらの数字は実際の市場シェアを示すものではなく、Steamがユーザーの大半がPC内で使用しているものを示すためにまとめた内部統計です。

Steamのアクティブユーザー数は1億3,000万人を超え、2021年5月には2,600万人以上の同時接続ユーザー数を記録しました。現実的には、NVIDIAもAMDも需要に応えるためにはそれなりの問題を抱えていましたが、ひとつはっきりしているのは、NVIDIAはAMDよりもはるかに多くの在庫をゲーマーに提供していたということです。

また、Cryptoの高騰により、多くのゲーマーがAMD製ではなくNVIDIA RTX 30シリーズのカードを購入し、空いた時間にNiceHashなどのマイニング・スイートを使ってGPUからマイニングを行っていました。

数ヶ月前ほどの利益はないものの、これらのGPUは一流のゲーム性能を備えており、マイニングによってコストの一部を支払うことができるのであれば、ゲーマーに楽しんでもらってもいいのではないでしょうか。

欠点は、同じカードがマイニングコミュニティで人気があり、NVIDIAがLHRシリーズを発売するまでの数ヶ月間、多くのゲーマーがこのカードを手に入れることができなかったことです。

それ以来、グラフィックカードの価格はさらに下がり、入手しやすくなっており、アナリストは2021年第4四半期または2022年初頭には通常のレートに戻ると主張しています。

前回のGPU市場シェアレポートでは、AMDとNVIDIAが実際のGPU市場シェアを維持していることを確認しましたが、これらの数字は旧世代のパーツで構成されています。

結局のところ、AMDとNVIDIAは、それぞれのGPUラインアップの中で非常に競争力のある製品を持っており、FSR、DLSS、レイトレーシングのサポートなど、ゲーマーに驚くべき新機能を提供していますが、すべては入手可能性に帰結し、残念ながら、両メーカーとも、特にAMDのように、膨大な需要に追いつくことができませんでした。

ソース:wccftech - NVIDIA GeForce RTX 3090 Ampere Alone Has Higher GPU Share Than AMD’s Entire Radeon RX 6000 RDNA 2 GPU Lineup

 

 

解説:

Steamの調査でRX6000シリーズの数はRTX3090より少ないことが判明

あくまでもSteamの調査であり、市場全体の数ではないことをお断りしておきます。

ただ、ゲーミングに使われている実数としてはかなり正確な割合ではないかと私は考えています。

マーケティングリサーチ会社の調査結果では2割近いシェアがあるはずなのですが、実際にゲームに使われている数ではその半分の約1/9と言うのは衝撃的な数字だと思います。

しかも、あのバカ高い(失礼)RTX3090よりもRX6000シリーズの数が出てないというのは二重の意味でショック。

これが今のRadeonの立ち位置なのでしょう。

RX6600XTでは今、Steamで最も普及しているGPUであるGTX1060の買い替え需要を睨んでいるらしいので、是非とも出荷数と価格を頑張って欲しいところです。

※ちなみにGTX1060の接続数は8.9%くらいだったはずです。

RTX3060のロンチはマイニング需要に潰されて完全に失敗でたったの0.64%しかSteamの調査に出てきていません。

恐らくはゲーミング市場に流れてこなかったか、高すぎて買えなかったのだと思います。

今はかなり状況が改善されていますので、AMDが気合を入れて生産すればRTX3060よりかなり有利な状況でロンチ出来るかもしれません。

 

 

 

AMDのGPU Radeonシリーズ

Radeon RX 6000シリーズ

 

Radeon RX 5600 XT シリーズ

Radeon RX 5600 XT 6GB

 

Radeon RX5500XTシリーズ

GDDR6 8GB版

GDDR6 4GB版

 

 

 

※ SAPPHIREはAMD Radeon専業のメーカーであり、Radeonのリファレンス的なメーカーです。

 

-GPU情報, その他
-

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2021 All Rights Reserved.