その他 CPU

Intel Alder Lake-S 16 Core & 24 Thread Desktop ES CPUがリーク、Golden Coveは最大4.6GHz、Atomコアは228Wで3.4GHzのクロックを実現。

投稿日:

デスクトップCPUのRocket Lake-Sが精彩を欠いた後、Intelの第12世代Alder Lake-Sチップに注目が集まっています。

Igor's Labにより、クロックや電力制限などの詳細なスペックとともに、全く新しいエンジニアリングサンプルがリークしました。

Intel Alder Lake-S 16 コア 24 スレッド エンジニアリング サンプルデスクトップCPUがリーク - 最大4.6GHzクロック、 PL2 TDPが228W

Intel Alder Lake-SデスクトップCPUは、第12世代Coreファミリーの一つで、10nm Enhanced SuperFinプロセスノードを採用しています。

このCPUは、Golden Cove x86コアとGracemonth Atomコアを同一チップ上で利用するハイブリッド・アーキテクチャ方式を採用しています。

Alder Lake-Sのアーキテクチャ、ダイレイアウト、および構成の詳細については、こちらをご覧ください。

Igor's Labが発掘したエンジニアリングサンプルについては、Intel Core-1800と表示された非常に初期のチップを見ているようです。

これは正式な名前でも最終的な名前でもありませんが、Alder Lake-S ES Desktop CPUは16コア、24スレッドを搭載しています。

これはAlder Lake-Sのラインナップの中でも最上位の構成です。

8つのGolden Coveコア(16スレッド)と8つのGracemontコア(8スレッド)を搭載しています。

ベースクロックは1.80GHzで、このチップが初期に製造されたものであることを裏付けています。

※ 画像をクリックすると、別Window・タブで拡大します。

 

このIntel Alder Lake-S ES デスクトップ CPU の電力制限は、ベース TDP が 125W で 56 秒、PL2 制限が 228W で 2.44ms であることがわかりました。

このCPUは、最大温度制限(Tj Max)が100Wで、2021年第3四半期に発売が予定されているハイエンドモデル「Z690」など、600シリーズチップセット搭載のマザーボードに搭載されるLGA 1700ソケットに対応しています。

興味深いことに、このリーク情報では、Intel Alder Lake-S ES Desktop CPUの周波数についても言及されています。

これはまだ初期のクロックではありますが、IntelがハイブリッドCPUのクロックスピードをどのように扱うかを示すものであることを覚えておいてください。

Bigコアと呼ばれるGolden Coveコアの最大周波数は4.6GHz(最大2コア分)です。その後、4.4GHz(3〜4コア)、4.2GHz(5〜6コア)、4.0GHz(7〜8コア)へと周波数を下げていきます。

GracemontのAtomコアは、周波数が3.4GHz(1~4コア)と3.0GHz(5~8コア)になります。CPU電流は、4.2GHzで1.3147Vとなっています。

Intelの第12世代Alder LakeデスクトップCPUの今までわかっていること

Intelは公式スライドの中で、Alder Lakeを「Breakthrough CPU Architecture」と呼んでいます。

第12世代のプロセッサーは、シングルスレッドのパフォーマンスを20%向上させ、マルチスレッドのタスクでは2倍のパフォーマンスを実現するとしています。

Intel Alder Lake は、現行のTiger Lake CPUの製造に使用されている10nm SuperFinプロセスノードをさらに改良・最適化した、新しい10nm Enhanced SuperFinプロセスノードで製造される最初のCPUです。

※ 画像をクリックすると、別Window・タブで拡大します。

 

最近の噂では、Alder LakeのCPUはTiger Lakeに比べてIPCが20%向上すると言われているので、IntelはCypress Coveを搭載したRocket Lakeや古いHaswellベースの製品と比較するのではなく、Willow Coveを搭載したTiger Lakeのことを言っていると思われます。

以下は、Intelの2021年のアーキテクチャー・ラインアップから期待されるアップデートの一部です。

Intel・Golden Cove(Core)・アーキテクチャー

  • シングルスレッドパフォーマンス(IPC)の向上
  • 人工知能(AI)性能の向上
  • ネットワーク/5Gパフォーマンスの向上
  • セキュリティ機能の強化

Intel・Gracemont(Atom)アーキテクチャー

  • シングルスレッド性能(IPC)の向上
  • 周波数(クロックスピード)の向上
  • ベクトル性能の向上

IntelのデスクトップCPU「Alder Lake」のキャッシュサブシステムの正確な内訳は以下の通りです。

Golden Cove・コア

  • 32KB(L1I)/コア
  • 48KB (L1D) 各コア
  • 1280 KB (L2) 各コア
  • 3072 KB (L3) 各コア

Gracemont・コア

  • 64KB(L1I)/コア
  • 32KB(L1D)×1コア
  • 2048 KB (L2) x 4 コア
  • 3072 KB (L3) x 4 コア

Intelは、スライドの中で、Willow Coveの後継であるGolden Coveコアと、次世代AtomアーキテクチャであるGracemontコアの両方を含むハイブリッドコアデザインを採用するなど、Alder Lake CPUの主な特徴を強調しています。

Golden Coveコアは、CPUの大きなコアとして機能し、同時マルチスレッドに対応しますが、Atomコアは非SMT設計を採用します。

コア自体の新機能としては、ハードウェアガイドによるスケジューリング、設計の最適化、エネルギーを考慮したコアパーキングなどがあります。

I/Oに関しては、第12世代Alder Lake CPUのラインナップは、PCIe Gen 5とPCIe Gen 4の両方をサポートし、Intel WiFi 6E (Gig+)、Thunderbolt 4をサポートしています。

メモリについては、デスクトップ向けにDDR5/DDR4、モバイル向けにLPDDR5/LPDDR4など、幅広い選択肢が用意されています。

また、AlderLakeのリフレッシュラインであるRaptor Lakeと呼ばれるプロセッサーでは、LPDDR5Xのサポートが追加される予定です。

IntelデスクトップCPU世代の比較:

Intel CPU
ファミリ
製造プロセス最大コア数TDPチップセットプラット
フォーム
サポート
メモリ
PCIeサポート発売
Sandy Bridge
(第2世代)
32nm4/835-95W6-シリーズLGA 1155DDR3PCIe Gen 2.02011
Ivy Bridge
(第3世代)
22nm4/835-77W7-シリーズLGA 1155DDR3PCIe Gen 3.02012
Haswell
(第4世代)
22nm4/835-84W8-シリーズLGA 1150DDR3PCIe Gen 3.02013-2014
Broadwell
(第5世代)
14nm4/865-65W9-シリーズLGA 1150DDR3PCIe Gen 3.02015
Skylake
(第6世代)
14nm4/835-91W100-シリーズLGA 1151DDR4PCIe Gen 3.02015
Kaby Lake
(第7世代)
14nm4/835-91W200-シリーズLGA 1151DDR4PCIe Gen 3.02017
Coffee Lake
(第8世代)
14nm6/1235-95W300-シリーズLGA 1151DDR4PCIe Gen 3.02017
Coffee Lake
(第9世代)
14nm8/1635-95W300-シリーズLGA 1151DDR4PCIe Gen 3.02018
Comet Lake
(第10世代)
14nm10/2035-125W400-シリーズLGA 1200DDR4PCIe Gen 3.02020
Rocket Lake
(第11世代)
14nm8/16未確認500-シリーズLGA 1200DDR4PCIe Gen 4.02021
Alder Lake
(第12世代)
10nm (ESF)16/24?未確認600 シリーズ?LGA 1700DDR5PCIe Gen 5.0?2021
Raptor Lake
(第13世代)
10nm (ESF)16/24?未確認700-シリーズ?LGA 1700DDR5PCIe Gen 5.0?2022
Meteor Lake
(第14世代)
7nm (EUV)未確認未確認800 シリーズ?LGA 1700DDR5PCIe Gen 5.0?2023
Lunar Lake
(第15世代)
未確認未確認未確認900 シリーズ?未確認DDR5PCIe Gen 5.0?2023+

ソース:wccftech - Intel Alder Lake-S 16 Core & 24 Thread Desktop ES CPU Leaks Out, Up To 4.6 GHz Clocks For Golden Cove & 3.4 GHz For Atom Cores at 228W

 

 

 

解説:

Alder LakeのESのPL2は228W

AMDとの激しいつばぜり合いの真っただ中ですので、かつてのSandyBridgeの時のようにAMDに決定的な差を付けない限りは爆熱仕様は続くと思います。

製品版は5GHzに届かせるため、もっと爆熱になる可能性もありますね。

 

今までも解説で何度も書いていますが、ハイブリッドテクノロジーがデスクトップCPUに与える恩恵は何か?です。

Intelは8+8で16コア24スレッドですが、AMDも同様にZen4からハイブリッドテクノロジーに類似した技術を取り入れるとされています。

Zen4は1CCDにつき、8(big)+4(little)とされていますので、今の5950Xに相当するモデルは24コアになり、Zen4が出た後は最大コア数に対するIntelとの差は開いたままと言うことになります。

私はオマケの8コアにはあまり意義を感じないのですが、「それでも一応16コアだぜ」と言うためだけにAtomを無理やりくっつけたキメラはあまりに惨めな気がします。

もちろんですが、ノートPC向けの仕様としてはこれ以上なく素晴らしい仕組みだと思います。

しかし、ARMもサーバー向けはbigコアのみの1種類のコアで構成されたCPUを出しており、高性能デスクトップやワークステーション向けCPUにハイブリッド仕様のCPUを搭載するのに何のメリットがあるのかについては私には理解できないところです。

AMDも後追いでやるので、単にコア数マーケティングに使うもので、それ以上の意味が無いということなのかもしれませんが。

 

 

第11世代intelCore i5/7/9シリーズ

ロック解除モデル

 

Core i5-11400F

 

第10世代intelCore i9シリーズ(10コア)

 

※ 末尾にFがついているモデルはGPUがありませんのでご注意ください。

-その他, CPU

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2021 All Rights Reserved.