ゲームについて その他

AMD 4700SはXBOX Series X|SのPC用APUになるかもしれない

更新日:

AMD 4700S、グラフィックスを持たないXBOX APU

AMDは、壊れたXBOXシリーズのチップをどうするかという解決策を見つけたかもしれない。

AMD 4700Sは、ITX対応のソリューションとして中国のメーカーが宣伝している新しいプロセッサです。

プロセッサ名には「Ryzen」が付いていないので、AMDの正式なデスクトップ・コンシューマ製品ラインには含まれていません。

販売者によると、広告されている製品には「AMD Cardinal」マザーボードが搭載されています。

このマザーボードは、AMDが自社開発したもので、従来のメモリDIMMスロットがなく、XBOXのAPUがそうであるように、プロセッサ周辺に配置されたメモリを使用していることがわかります。

AMD 4700SマザーボードとXBOX Series X|Sマザーボードの比較、ソース:TMall, iFixit

4700Sは、7nmノードで製造された8コア、16スレッドのCPUです。

TMALLの小売業者は、Zen2コアアーキテクチャと12MBのキャッシュを搭載していることを確認しています。

また、4700Sのブーストクロックは4.0GHzであることも確認しています。

この周波数は、XBOXシリーズXの3.8GHz、XBOXシリーズSのAPUの3.6GHzよりも高くなっています。

4700Sは、それだけで多くの電力を必要とするiGPUを有効にしていないため、より高い周波数を実現できました。

グラフィックス出力機能がないため、その分の電力をAPUの演算コアに充てています。

iGPUがないということは、エントリーレベルのPolaris 12グラフィックスカードであるRadeon RX 550などの外付けディスクリートGPUが必要になるということでもあります。

このGPUは、2GBのGDDR5 64ビットメモリを搭載していますが、ゲーマーが求めるものとは程遠いものです。

販売者によると、AMD 4700Sシステムは16GBのGDDR6メモリを搭載しています。

これは、APUが、同じく16GBメモリに結びついているXBOX Series Xのチップを再利用している可能性を示唆しています。

もちろん、「再利用」というのは単純化した表現で、これらのAPUはいずれにせよXBOXコンソールに搭載されるほどの性能ではなかっただろう。

AMD 4700Sの仕様、ソース: TMall

販売者は、XBOXシリーズXのAPUボードデザインを使用して、AMD 4700S APUを宣伝しており、このことは、我々が再利用されたチップを見ていることを示唆しています。

 

AMD 4700Sのプロモ、ソース:TMall

販売者は、AMD 4700S APUの速度を明らかにしました。

Intel Core i7-9700やAMD Ryzen 7 4750G PROよりも遅いようですが、こちらも8コアのZen2 APUですが、ブーストクロックは4.4GHzです。

AMD Radeon RX 550との組み合わせでは、4700Sベースのシステムは、Intel Core i7-9750H(ノートPC用CPU)とGeForce RTX 2060の組み合わせよりも高速であるとマーケティング資料には記載されています。

※ 画像をクリックすると別Window・タブで拡大します

AMD 4700Sのパフォーマンス、ソース:TMall

 

次世代ゲーム機

Sony
PlayStation 5
Sony
Play Station 5
Digital
Xbox Series XXbox Series SAMD 4700S
システム
CPU 3.5 GHz 3.5 GHz 3.8GHz 3.6GHz 4.0GHz
GPU RDNA2
36 CUs
 RDNA2
36 CUs
 RDNA2
52 CUs
 RDNA2
20 CUs
 POLARIS
8CUs
GPUクロック 2.23 GHz 2.23 GHz 1.83 GHz 1.57 GHz 1.50 GHz
GPU
演算性能
 10.28 TFLOPS 10.28 TFLOPS 12.15 TFLOPS 4 TFLOPS 1.2 TFLOPS
システムメモリ 16GB G6 16GB G6 16GB G6 10GB G6 16GB G6

+ 2GB G5

最大メモリ帯域幅 448 GB/s 448 GB/s 560 GB/s 224 GB/s未確認
内蔵
ストレージ
 825GB
Custom SSD
 825GB
Custom SSD
 1TB PCie Gen 4
NVME SSD
 512GB PCie Gen 4
NVME SSD
 500GB SSD
ストレージ
速度
 5.5 GB/s 5.5 GB/s 2.4 GB/s 2.4 GB/s未確認
拡張
ストレージ
NVMe SSD SlotNVMe SSD Slot1TB card1TB cardup to 5TB 2.5in SSD
メディア
サポート
4K UHD
Blu-ray
Digital only4K UHD
Blu-ray
Digital onlyDigital only
性能目標4K @ 60fps,
最大120fps
4K @ 60fps,
最大120fps
4K @ 60fps,
最大120fps
1440p @ 60fps,
最大 120fps
1080p
ディスプレイ
コネクタ
HDMI 2.1HDMI 2.1HDMI 2.1HDMI 2.1HDMI 2.0,
DVI, DP 1.4
小売価格$499$399$499$2994,599人民元
から ($710)
発売日2020/11/122020/11/122020/11/102020/11/10未確認

ソース:Videocardz.com - AMD 4700S might be XBOX Series X|S APU for PCs

 

解説:

Xbox X/Sに使われているAPUの選別落ち品を利用したシステムが中国で発売される。

所定の性能が見込めなかったチップを選別落ち品といいますが、Xbox X/Sでも相当する発生しているようで、それを利用したPCが発売されているようです。

なぜそんなことが分かったかと言うと、使われているマザーボードがXboxのものとよく似ているからと言うことらしいです。

もったい無いことにシステムメモリはGDDR6を利用しているらしく、16GBそのまま搭載されているようです。

有効にされているのはCPUのみのようですから、かなりのオーバースペックメモリを搭載しているということになります。

泣かせることにGPUはRX550の2GBを搭載しているらしく、この品不足の折、GDDR6の無駄遣いをしていると思わないではないです。

どっちにしてもこういう廃品利用をするようなシステムはあまり高い性能は望めません。

GPU部分が有効にできるような裏技でもあれば面白いですが、現実問題それもなかなか難しいでしょう。

記事を読むと中国以外での販売はなさそうな雰囲気ですから、日本で入手することが出来れば、多少珍品としてのプレミアは付くかもしれません。

 

 

-ゲームについて, その他
-,

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2021 All Rights Reserved.