メモリ関係 その他

既に上昇しているRAMの価格は引き続き上昇し、2Q21には最大23%の価格上昇が予想される

投稿日:

グラフィックカードはすでに深刻な品薄状態にあり、CPUもAMD Ryzen 5900XやIntel Core i9-11900Kなど一部の製品が供給不足になっています。

また、「Chia Coin」の台頭により、ハードドライブやSSDが不足する可能性があり、RAMもすでにかなりの品薄状態で価格が上昇しています。

TrendForce社は、2021年の第2四半期にDRAM全体の価格が18~23%上昇すると予測しています。

2021年第2四半期のノートPC製造の増加により、PC用RAMは最大28%の価格上昇が見込まれる

DRAMは、様々な分野からの需要増により、すでに供給不足に陥っています。他の部品が不足しているにもかかわらず、消費者はシステムを構築し、RAMを購入しています。

需要の増加に加えて、世界的なチップ不足がDRAMの供給に影響を与えているのは確かです。

歴史的に見ても、第2四半期はノートPCの製造が最も盛んな四半期であり、TrendForce社はノートPCの製造が7.9%増加すると予想しており、これによりRAMの需要がさらに増加すると考えています。

RAMに対する需要の増加により、8GB DDR4 2666MHzモジュールの価格が前四半期比で25%上昇しました。

ノートパソコンの生産台数が増加し、OEMメーカーが積極的にRAMを購入していることから、TrendForce社はPC用RAMの価格が第2四半期に23~28%上昇すると予測しています。

PC用DRAMの不足に加えて、クラウドコンピューティングのブームに伴い、サーバー用DRAMも20-25%の上昇が見られます。

これらの価格上昇は、GDRAM、モバイル、サーバ、PC用DRAMを含むすべての種類のRAMで見られます。

前四半期比での価格上昇はすでに予想されていましたが、これほど極端ではありませんでした。

トレンドフォース社は、DRAM価格の全体的な上昇率を13~18%から18~23%に修正しなければなりませんでした。

最悪なのは、この供給不足がすぐに解消されるとは思えないことで、今後はGPUやDRAMが不足し、コンピュータの構築がさらに困難になり、コストもかさむことになるだろう。

ソース:wccftech - Already Rising RAM Prices Continue Rising With A Predicted Price Increase Of Up To 23% For 2Q21

 

 

解説:

メモリまでも供給不足に

GPU、CPU、SSDに続いて、今度はメモリまで供給不足になりそうです。

この話はかなり以前から上がっていましたが、いよいよ現実のものになりそうな気配が漂ってきました。

需要の増加によってすべての種類のDRAM価格が上昇中で、その上昇幅は最大25%にも及ぶとのこと。

自作PCと言う趣味が消滅しそうな勢いでパーツの入手性が大幅に低下しています。

 

メモリ価格は上がったり下がったりしますが、DRAMの生産には大規模な投資が必要であり、5年先を見込んで生産設備に投資を行います。

しかし、この世界で5年先と言ったらはるかな未来であり、当然需要と供給がマッチすることはありません。

そのため、需要の増減に応じて価格が上がったり下がったりします。

メモリはナマモノだと私は思っています。

マイニング需要と併せて、これほど需要が急増すると、生産する側は対応できないと思います。

時を同じくして、茨城県にあるルネサスの半導体工場も火災に遭っており、全体的な半導体不足に拍車がかかりそうな気配です。

日本もメモリや基礎的な半導体は何割かを国産化すべきではないかと私は思います。

 

 

-メモリ関係, その他

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2021 All Rights Reserved.