CPU情報 GPU情報 その他

AMDの株価は過去最高の48ドルを突破しましたが、それがまさに始まりに過ぎない理由です

投稿日:

AMD logo

倫理免責事項:私はAMDまたは関連会社の株式を所有していません。

分析は現状のままで提供され、いかなる責任も負いません。

2019年はAMDのブレイクアウトの年でしたが、2020年はおそらく、最高のアイシングになるでしょう。

理由は2つありますが、その前に、5年前に2ドルだったチップメーカーが過去最高の48ドル(ちなみに日中を含む)を付けそして、ほぼ20年間続いてきた記録を打ち砕いた事実に拍手を送りましょう

AMDは、文字通りの意味で、これまでで最高の形になっています。

 

AMDにとって「最高のものはこれから」

私は、3年前の2017年にまだ噂であったZenについて書いた世界で最初のジャーナリストの1人でした。

AMDがx86市場で本質的に売り上げを上げる方法を詳述した記事を書きました。Intelが正しい動きをしない限り、多くの市場シェアを失うことになります。

AMDは当時$ 11であり、多くのアナリストによって非常に「過大評価されている」と見なされていました。

同じ種類の分析が確実になされることを見越して、会社で別の作業を行い、AMDがピークから遠い理由を説明する機が熟したと思いました。

先に進む前に、市場のにおける修正はいつでも起きる可能性があることを指摘しておきますが、基本的なことに関しては、AMDにはまだいくつかのとっておきの切り札があります。

私はそれを2つの主要なポイントに分解しました:

  1. AMDの7nmへの移行はまだ完成しておらず、Intelはすぐにそれを追従できなくなるだけでなく、AMDは近い将来まではプロセスのリード(TSMCを介して)を維持することを期待しています。
  2. 同社のGPUサイド(RTG)は、これまでずっと巡行モードでした。 ここでカムバックすると株式の価値が大幅に増加します。

このトピックに取り組むには、会社の基礎と、すでにどのような情報が株式に「価格設定」されているかを調べる必要があります。

AMDはゆっくりですが確実にIntelから市場シェアを獲得しており、Zen 2ベースのコア(第3世代のEPYCプロセッサを含む)の能力はすぐに明らかになります。

HPC市場の弱点を修正し、Intelとは異なり、セキュリティの脆弱性の割合が比較的低くなっています(パフォーマンスの低下を緩和する必要があります)。

これらのすべてはすでに会社の株式に値付けされています。

しかし、ここで改善されます。

数日前の台湾からの非常に信頼できる報告書は、私たちがすでに疑っていたことを確認しました:TSMCがAppleを主要顧客とする必要があったため、AMDは7nmのかなり限られた供給で賄っていた。

7nmの限られた供給でAMDにとってこれだけの価値があるとしたら、必要な7nmウェーハすべてにアクセスできるならどれだけの価値があるのでしょうか?

それが黄金の質問です。

現時点では評価するつもりはありませんが、供給の問題が解消されれば、AMDの売上(すなわち収益性と価値)が上がるはずです。

このレポートによると、AMDは7nmの注文を2倍にする予定で、Appleが5nmに移行してさらに多くのスペースを解放するため、現在4番目に大きい7nm顧客からTSMCの最大7nm顧客になります。

伝えられるところによると、同社はさらに3万個の7nmウェーハを注文しています。

同社が2020年下半期までに売り上げが2倍になると予想しているならば、それは同社の投資家にとって素晴らしいニュースです。

第二に、Intelの10nm(TSMCの7nmプロセスと同等)はまだデスクトップ側に出荷されておらず、2020年後半までにボリュームの初期の外観が期待されます。

どんなランプでも当然のことですが、Intelがこの期限をどうにか満たしても、少なくとも2020年末まではAMDの供給に匹敵することはできません。

言い換えれば、AMDは2020年を通じてフリーランを実現する予定であり、その間Intelは10nmプロセスを実現するために使うでしょう。

AMDの投資家にとってはさらに良くなります:TSMCは2020年にAppleに5nmの出荷を開始し、AMDは2020年後半/ 2021年初頭までに甘い果実を手に入れることができるはずです。

TSMCの5nmは、何の問題もなく進んでいた場合、Intelの7nmとほぼ同等となります。

これは、早くても2021年後半に到達する予定です。

そのため、AMDは2021年にフリーランを達成するだけでなく、その後少なくとも1年間はIntelよりもプロセスをリードすることを期待しています。

では、GPUについて話しましょう。

業界はゲーム機のアップグレード時期が近づいており、AMDが次世代のPlay StationとXboxの両方のプロセッサにチップを供給していることは既にわかっています。

これはおそらくすでに価格設定されているものです。

しかし、ここにあるのは、同社のRTG側が3年間の大半をクルーズコントロールモードにしており、Navi GPUが特定の価格帯で非常に競争力があることです。

当社が真に競争力のあるアーキテクチャを展開し、2020年後半/ 2021年初頭までにこれが起こると予想される場合、同社の収益は大幅に増加します。

GPUはかつて同社の生業でしたが、昔ではなく(Hawaiiの発売を覚えている人はいますか?)、デスクトップGPU製品の復活が確実に行われています。

早い段階で、「Zenのコスト」に関して独占記事で述べたように、AMDにはZen側とGPU側の両方に投入するリソースがありませんでしたが、現在はそうなっています。

彼らは確かに物事のGPU側でカムバックに取り組んでおり、NVIDIAはIntelと比較してはるかに優れた位置にいますが、GPU部門におけるAMDの歴史的能力は確かに驚異的に機能します。

Big Naviは2020年に覆面広告されると予想されており、2021年後半までに発売される可能性もあります。

その場合は、AMDの株価がさらに上昇すると予想できます。

したがって、これら2つのことに照らして、会社が本当に「最大限に活用される」前に進むべき方法がまだあると私が感じる理由を見ることができます。

ソース:wccftech - AMD Broke Through Its All-Time High Of $48 But Here Is Why It’s Just The Beginning

 

解説:

AMDの株価はまだまだ上がるという話です。

この記事の著者は2017年にZenが出る前、Intelが戦略を誤ると大きな損失を被ると予想しており、非常に優れた洞察力や分析力を持っていることが伺えます。

しかし、Big Navi発売時点でAMDの株価が最高になると予想しており、この点私は疑問です。

nVidiaのAmpereにはとてもかないそうにないからです。

おそらく、RDNA第二世代でTuring(RTX2080Ti)とイーブン、RDNA第三世代があるならば、Ampereと直接対決することになると思います。

そのころにはRDNA第一世代は今のPolarisのような扱いになっていると思います。

先のことですので断言できませんが、このまま言われている通り、2020年後半にAmpereが出れば、Radeonが追い付くのはかなり厳しいと言わざるを得ません。

もし仮にBigNaviがAmpereに十分対抗できる性能があるとすれば、今のRTX2080Tiの1.5倍という途方もない性能を持っていることになります。

気が遠くなりますね。

16GBのHBM2メモリを搭載し、1TB/sのメモリ帯域幅を誇ったRadeonVIIですらもRTX2080と同程度の性能しかありませんでした。

ちなみにRTX2080Tiは616 GB/sです。6割程度のメモリ帯域しか持たないRTX2080Tiに遠く及ばないということです。

GPUというのは同じような回路の集合体を並列に動作させて性能を出します。

しかし、回路の数が2倍になったからと言って単純に2倍の性能にはなりません。

BigNaviがRX5700XTの2倍のSP数だったとしても2倍の性能にはならないということです。

この点をAMDがどのように改良してくるのか、ハードウェアレイトレーシング再生支援機能をどんな風に実装してくるのか?

RadeonがGeforceに勝てるかどうかはそこがカギだと思います。

現時点での情報から考えると厳しいと言わざるを得ません。

 

 

-CPU情報, GPU情報, その他

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2020 All Rights Reserved.