GPU情報 その他

Nvidia CMPシリーズは反消費者主義?このシリーズの意図は、中古の再販市場を破壊することにあるように見える

投稿日:

当面は暗号通貨に乗っ取られ、それによってゲーム向けGPUは大規模なマイニング運用に製品を吸い上げられてしまった。

NVIDIAは解決策を持っていたのでしょうか?

えー... それが正確に解決策とは言えませんが、むしろ消費者の心をつかむためのPRのための動きだと思います。

暗号通貨のマイニングとの戦いは、NVIDIAにとって優先事項だったのでしょうか?

確かな答えはわかりませんが、そうではなかった可能性が高いです。

暗号通貨のマイニングブームは、通常どのように見えるのでしょうか?そして、それはNVIDIAにどのような影響を与えるのでしょうか?

現在のブームの前、ビットコインが2万ドルでピークを迎えた2017年後半から2018年初頭にかけて、暗号通貨のマイニングが流行しました。

ブーム中とブーム後の市場がグラフィックカードをどのように見ているかについては、その時から多くのことを学びました。

当時、最も求められていたカードは、希望小売価格800ドルのNVIDIA GeForce GTX 1080 Tiでした。

マイニング事業者からの非常に高い需要のために、カードの価格が2倍および3倍になるとどうなるかがすぐに見せつけられました。

NVIDIAは、全ての状況を見守っていましたが、驚いたことに、ビットコインの価値が下がった途端に、カード市場全体が台無しになってしまいました。

NVIDIAは、RTX 20シリーズのカードを発売する予定でしたが、これらのカードは、より高い価格帯で、前世代よりも十分と言える性能向上はありませんでした。

多くのアカウントでは、多くの人が1080 Tiを万能のベストカードと見ていた。20シリーズカードの発売は、他の発売と比較すると、フロップに分類されるだろう。

暗号通貨ブームの終わりは、マイニング操作は、彼らのマイニングカードのすべてを売却するために見ていた。

中古市場では、中古の10シリーズカードが急増しました。

システムを構築している人にとって、10シリーズのカードは、中古市場で希望小売価格以下のポイントを持っていたので、最良の選択肢でした。

古いカードの急増により、20シリーズの発売は、誰もが喜んでいた前世代からのより手頃な価格のオプションの急増によって、影が薄くなってしまいました。

ハッシュレートリミッターは、消費者の心をつかむための弱い試みであり、CMPシリーズは、中古GPU市場を殺そうとしています。

上述したように、数年前の暗号ブームは、別の暗号ブームがどのようなものであるかの基準線を誰にでも与えましたが、NVIDIAもそれを目撃しました。

彼らの今年の反応は、マイニングカードをリリースし、コンシューマグレードのカードのマイニングパワーを制限することでした。

CMPシリーズとVBIOSとソフトウェアを通じたハッシュレートリミッターが彼らのソリューションでした。

一部の人々は彼らを褒め称えたが、彼らは褒め称えるに値しない。

これは、彼らの真意を隠すためのPRのためのスタントだった。

NVIDIAの真の意図は、消費者を助け、暗号通貨ブームと戦うことではありませんでした。

RTX 20シリーズのようなことが二度と起こらないように、市場を改変することだった。

暗号通貨ブームの終わりは、常にカードが大量に安く売られる結果となり、NVIDIAからの新しいリリースに影を落としてしまいます。

NVIDIAは、彼らが新製品を発売するときに飽和した市場を望んでいないので、CMPシリーズが生まれました。

我々はハッシュレートリミッターを見てみると、彼らは単に効果がなく、消費者を喜ばせるための策略です。

ハッシュレートリミッターは単純に悪です。

他に言いようがありません。

それは唯一のEthereumのマイニングを対象としており、他の暗号通貨を対象にしていないことによってまだ利益を上げています。

CryptoLeoは3060でハッシュレートリミッターをテストし、それが唯一のEthereumを対象としており、3060はまだ多くの場合で収益性があり、1日6.5ドルまで稼ぐことができることがわかりました。

全ての通貨を制限するものを開発するのは非常に難しいと認識しているので、試みは評価できます。

ハッシュレートのリミッターは大規模な運用をすれば割れるので、副業で採掘したい小売消費者を制限しているに過ぎません。

ハッシュレートリミッターを解除するのはかなり難しいので、きっぱり忘れたほうが良いでしょう

とはいえ、結局のところCMPシリーズには何のプラスにもならないので、本当に頭にきています。

NVIDIAの反消費者行動と言ってもいいくらいです。

CMPシリーズは非常に似たようなシリコンを使っているのでコンシューマ向けカードの在庫が減りそうですが、カード自体はマイニングにしか使えません。

シリコンは有限ではないが、作り方によって同じ速度で作り続けることが難しくなっている。

 

なぜこれは悪いのでしょうか?

それは簡単で、現在のマイニングブームはいつか終わり、カードが市場にあふれるようになるからです。

CMPカードが使用されなくなるとどうなるのでしょうか?

ゲーマーや消費者はCMPカードを何にも使うことができないため、リサイクルされるか、埋め立て地に捨てられてしまいます。

これは環境にも悪いですが、NVIDIAの収益にも貢献しています。

古いカードは、通常、低予算のビルダーに渡されますが、今では低予算のビルダーは、そのオプションを持つことができません。もし市場が発売前にグラフィックカードで飽和状態になっていなければ、彼らが発売する製品はより良いものになるでしょう。

写真に写っているカードはすべて中古市場で安く売られているので、消費者はそれを買うことができます。

店頭の棚がCMPカードで一杯になったらどうなるのでしょうか?

消費者が買える量ではないので、すべてのカードはゴミ箱に捨てられてしまいます。

仕様でさえ、CMPデータ表の平均値を下回っており、より低いビン付きダイがより多くのカードに使われるようになるだろうと思われます。

CMPシリーズは、最終的には、再販市場を殺し、発売時に新しいNVIDIAカードの購入を促進するための経済戦略です。

暗号通貨ブームが終われば、CMPカードはゴミ箱に捨てられ、中古カードが市場に氾濫することは少なくなります。

これはNVIDIAにとって双方にメリットがありますが、環境にとっても消費者にとっても悪いことですが、それは問題なのでしょうか?

絶対にそうとは言い切れませんが、Nvidiaの純利益と株主は、収益の増加に非常に満足しています。

ハッシュレートリミッターとCMPシリーズは、様々な反応を示しています。

一部の人はそれを賞賛する一方で、他の人はそれを消費者に対する経済的な動きとして見ています。

最終的には、NVIDIAのこの決断を好きか嫌いかは、人々の判断に委ねられています。

ソース:wccftech - Is The Nvidia CMP Series Anti-Consumerists? Intentions of The Series Looks To Be To Kill Second-Hand Resale Market

 

 

解説:

nVidiaのハッシュレートリミッターは効果があるのかないのかという議論は日本ではあまりされることはありませんので、海外の記事を取り上げてみました。

特に消費者最優先で作ったのではなく、事業場の痛い経験からあくまでも営利のために作ったものであることが伺えます。

ただし、GPUが大規模なマイニングファームに取られているのは恐らくは流通過程でのことであり、質の悪い卸や小売りが高値でかっさらっていくマイニングファームの事業者に融通していることが明らかになりました。

これは、nVidiaの決算が好調でしたので出荷が十分になされているという事実が確認できています。

よってこの記事はあまりに穿ち過ぎたものの見方だと思います。

しかし、nVidiaが営利企業であることは忘れてはいけないのではないかと思います。

盲目的にnVidiaを信奉するのは、消費者にとってあまり良い結果にはならないというのはこの記事を見ればわかると思います。

 

 

nVidia RTX3000シリーズGPU

RTX3090

価格は220,000~250,000円前後です。高額な転売品にご注意ください。転売品には保証がありません。

nVidia Geforce RTX3090 24GB amazon検索リンク

 

 

RTX3080

価格は約100,000円前後です。2-3倍の高額な転売品にご注意ください。転売品には保証がありません。

nVidia Geforce RTX3080 10GB amazon検索リンク

 

 

Geforce RTX3070 8GB GDDR6

 

RTX3060Ti 8GB GDDR6

 

RTX3060 12GB GDDR6

約55,000円~60,000円程度

 

 

nVidia Geforce RTX1600シリーズ

GTX1600SUPER

 

エントリー(価格重視)

 

-GPU情報, その他

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2021 All Rights Reserved.