GPU情報

AMDは第1四半期にRX 6900/6800リファレンスカードの追加発売を約束

更新日:

AMDは2021年第1四半期にNavi 21のリファレンスカードを増やすことを約束している

AMDには無限の約束事がある

BabelTechReviewsのインタビューで、Radeon Technologies Groupのシニアディレクターを務めるAMDのRiche Corpus氏は、AMDが第1四半期に追加のリファレンスRX 6000カードを発売する見込みであることを確認した。

また同ディレクターは、AMDがボードパートナーのカスタムデザインの開発を引き続きサポートしていくことも確認している。

AMD Radeon RX 6800シリーズとRadeon RX 6900 XTのリファレンスデザインのグラフィックスカードに対する反応に基づき、SEPのAMD.comで一人でも多くのゲーマーに入手できるように生産を延長しています。

追加のリファレンス・カードは、2021年の第1四半期に発売される予定です。

また、AMD Radeon™ RX 6000シリーズのカスタム・グラフィックス・カード設計の開発においても、パートナーの皆様のサポートを継続していきます。

- AMDのRitche Corpus - Radeon Technologies Group、ISV SWアライアンス担当シニア・ディレクター

昨年、スコット・ハーケルマン氏(Radeon GM兼CVP)は、AMDが2021年初頭までリファレンスRX6000カードを製造することを確認した。

つまり、その時点では、リファレンスカードがまもなく市場に存在しなくなることがはっきりしていたわけだ。

一方、ボードパートナーは報道陣に連絡を取り、AMDが追加のMBA(リファレンス)カードの出荷を中止したことを確認している。

AMDがリファレンスデザインを放棄したという最初の報道を受けて、AMDはUターンし、リファレンスカードを無期限で製造することにした。

もともとリファレンスカードは1回限りのリリースとされていたが、これはAMDがグラフィックスカードをリリースする際の典型的な方法だ。

同社はその後、通常、ボードパートナーに直接GPUを提供することに焦点を当てている。

しかし、今回は状況が異なり、カスタムデザインの価格が上昇したことが主な原因となっている。公式ウェブストアで販売されているAMDのリファレンスデザインは、事実上、発表された希望小売価格でこれらのカードを購入する唯一の方法です。

しかし、今のところ、公式ウェブストアでこれらのカードが在庫されているのを見る可能性はほとんどない。

噂のAMD Radeon RX 6000シリーズのスペック

Radeon RX 6900XTRadeon RX 6800XTRadeon RX 6800Radeon RX 6700XTRadeon RX 6700
GPUNavi 21 XTXNavi 21 XTNavi 21 XLNavi 22 XTNavi 22 XL
演算
ユニット数
80726040不明
演算
プロセッサ数
5,1204,6083,8402,560不明
ブースト
クロック
 2250MHz 2250 MHz 2105 MHz不明不明
メモリ容量
・種類
 16GB G6 16GB G6 16GB G6 12GB G6 12GB G6
メモリバス幅 256-bit 256-bit 256-bit 192-bit 192-bit
メモリ速度 16 Gbps 16 Gbps 16 Gbps不明不明
TGP 300W 300W 250W 211-186W 156-146W
発売時期2020/122020/112020/112021/3不明

ソース:Videocardz.com - AMD promises additional RX 6900/6800 reference cards to be available in the first quarter

 

 

解説:

AMDがリファレンスモデルの供給を約束

生産を打ち切るとされていたNavi21のリファレンスボードの供給を約束したようですね。

 

AMDがリファレンスボードを供給する理由

Big Naviの需要と供給のバランスが崩れ、一部のAIBパートナーがカスタムモデルに法外な値段をつけ始めたからと言うのが理由だと思います。

元々、メーカーは価格を強制することはできませんが、それでも何倍もの値段で売られるのは本意ではないでしょう。

需要を満たすためにも、価格の引き締めのためにも、リファレンスボードの供給が必要と判断したのでしょうね。

 

供給量が限られる最先端プロセス

元々は供給量が限られる最先端プロセスを使っているうえに需要が跳ね上がっても簡単に供給量が増やせないという事情があるのだと思います。

何度も言っていますが、国内のゲームメーカーは極端にGaforceに寄っており、人気のあるゲームベンチマークはほぼすべてがGeforceに有利になるようにできていますので、Radeonは極端に人気がありません。

世界的に見てもそういう傾向はありますが、日本は極端です。

そういう事情もあり、日本でRadeonを取るのは難しいですし、仮に品物が回ってきたとしても量を取るのは勇気がいるでしょう。

 

無視できないマイニング需要

去年の12月あたりから値上がりを続けて史上最高値を更新してきたビットコインのマイニング需要も無視できないでしょう。

Pascal時代が記憶に新しいですが、マイニング需要に合わせてバカスカ生産すると、終わったときに今度は在庫地獄になり、業績に悪影響を与えます。

マイニング需要は極めて水モノなので、100%追従するわけにはいかないという事情もあるのだと思います。

これはnVidiaも同様ですね。

おりしも去年の12月にGPUを生産する部材も足りなくなったというニュースが流れましたので、恐らく、現在市場に流れている製品にも影響を与えているものと思います。

Pascal時代、マイニング向けの在庫の放出でGPUの価格が大幅に下落したことでもわかる通り、「あるところにはある」と言う状態なのかもしれませんね。

それでも発売日以降、全く製品が手に入らない状態と言うのは健全ではないと私は思います。

AMDとnVidiaには早急に手を打ってほしいところです。

 

 

 

AMDのGPU Radeonシリーズ

Radeon RX 6000シリーズ

 

Radeon RX 5600 XT シリーズ

Radeon RX 5600 XT 6GB

 

Radeon RX5500XTシリーズ

GDDR6 8GB版

GDDR6 4GB版

 

 

 

※ SAPPHIREはAMD Radeon専業のメーカーであり、Radeonのリファレンス的なメーカーです。

-GPU情報
-,

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2021 All Rights Reserved.