GPU情報

AMD Radeon RX 6900 XTはDaVinci Resolve StudioではGeForce RTX 3060 Tiよりも遅い

投稿日:

AMD Radeon RX 6900 XTは、DaVinci Resolve StudioのRTX 3060 Tiよりも遅い

AMDはこのほど、Radeon RX 6900 XTの公式サイトにAdobe Premiere Proの結果を追加した。

Adobe Premiere Proの結果については、同社はPuget Systems社が提供するベンチマークソフト「PugetBench」を使用している。

これは、ベンチマークの背後にある同社が、DaVinciソフトウェアなどの他の「コンテンツ制作」ワークロードでグラフィックスカードをテストすることを促したのかもしれない。

Puget Systems社は、非常に人気のあるビデオ編集ソフトの商用版『DaVinci Resolve Studio』を特集した最新のレビューで、過去4カ月間に発売されたNVIDIA社とAMD社の両方のグラフィックスカードを複数テストした。

結果によると、AMDはこの特定のアプリケーションで競争力を維持するために、まだ多くの仕事を持っています。

AMD Radeon RX 6900 XTは、RDNA2シリーズから999ドルのフラッグシップモデルです。

このグラフィックスカードは、今はどこにも在庫がありませんが、ワークステーションPCの製造に特化したPuget Systems社が、テスト用のユニットを見つけることができました。

このモデルは、現在のRadeon RX 6000シリーズスタックの残りの部分と同じように、コンテンツ制作者にとっては、16GBメモリという特別な理由で興味深いものになるはずだ。

このメモリは4Kコンテンツ編集には最適だが、おそらく生の8Kデータを処理するには十分ではないだろう。

それらのテストには、通常ゲーミングシリーズよりも多くのメモリを提供するプロフェッショナルシリーズの方が好ましい。

この非常に理由のためのNVIDIA RTX 3090グラフィックスカードは、24GBの高速GDDR6Xメモリが付属しているので、6Kまたは8Kビデオ編集のためのより良いフィット感のようだ。

テストプラットフォームには、AMD Ryzen Threadripper 3970X(24コア)CPUを搭載し、64GBのDDR4-3200メモリを搭載していました。

AMD Radeon RX 6900 in DaVinci Resolve(拡張総合スコア) ソース:AMD Radeon RX 6900 Puget Systems

AMD Radeon RX 6900 in DaVinci Resolve(4K・8K編集 ソース:AMD Radeon RX 6900 Puget Systems

 

Overall Extended Scoreは、グラフィックスカードの性能を示す良い指標となるが、CPUに依存している可能性が高い。

そのため、GPUによって高速化されたテンポラルノイズリダクションやOpenFXエフェクトなどのGPUフィルタを適用した状態で、グラフィックスカードの性能をテストする必要もある。

 

AMD Radeon RX 6900 in DaVinci Resolve(GPUエフェクト) ソース:AMD Radeon RX 6900 Puget Systems

 

レビュアーからの結論。

全体的な観点から見ると、Radeon 6900 XTは、あまり高価ではないGeForce RTX 3060 Tiに約10%の差でしっかりと負けており、より高価な(とはいえ安い)RTX 3080に23%の差をつけられています。

また、ノイズリダクションやOpenFXのような特にGPUに縛られたタスクを見ると、GeForce RTX 3080はRadeon 6900 XTよりも56%も高いスコアを出しており、結果はさらにNVIDIAに有利なものとなっています。

- マット・バッハ氏、Puget Systems

フルレビューには個別のベンチマークが掲載されています。RX 6900 XTは、わずか数回のテストでRTX 3060 Tiを上回る性能を発揮するようだ。

そうでなければ、AMD Radeon RX 6000シリーズは、DaVinci ResolveのGeForce RTX 30には敵わない。

レビュアーは使用したドライバをリストアップしていないが、NVIDIAはこのDaVinciのアクセラレーションされたGPUワークロードのサポートが付属する特別な「Studio Drivers」を持っていることに注意したい。

AMDはまだNavi 2X GPUをベースにしたRadeon Proシリーズをリリースしていない。

これらのグラフィックスカードが、DaVinci Resolveのようなコンテンツ作成のワークロードでより高速になるかどうかは、まだ不明だ。

ソース:Videocardz.com - AMD Radeon RX 6900 XT is slower than GeForce RTX 3060 Ti in DaVinci Resolve Studio

 

 

解説:

エンコードとレンダリングはnVidiaの方が速い

何をいまさらと言う感じですが、RX6900XTのエンコード速度がRTX3060Tiより遅いようです。

Big NaviはPS5やXboxXに搭載するために作られたGPUですので、ゲーム性能重視でしょう。

エンコードやレンダリングに使われる方がいましたらぜひともGeforceを選んでいただきたいところです。

今まではゲーム性能が劣って、その他のFluid MotionやOpenGLの性能などで勝っていたRadeonですが、ゲーム性能で勝つと今度はその他の性能で負けたことが話題になってしまうようです。

当サイトの評価軸はあくまでゲームなので、「そうですか」としか思いませんが、ゲーム以外の用途で使われる場合は注意した方が良いでしょう。

ドライバなどのソフト周りの改善でどうにかなるレベルのものなのかどうかはわかりませんが、元々Ampereはゲームエンジンで使いきれないほどのCUDAコアを搭載し、FP32演算性能などはゲーム性能の割にはかなり高いですので、こういった面で差が付いてもおかしくはないということですね。

キャッシュにシリコンを割いて効率を重視したBig Naviに対して、演算器にシリコンを割いて、王道的にメモリの速度を上げてきたAmpereと言えると思います。

RX6000シリーズのゲーム性能はかつてないほど高いですが、エンコードやレンダリングなどの莫大な演算を処理するのは同クラスのGeforceと比較すると苦手と言ってもよいかもしれません。

 

 

nVidia RTX3000シリーズGPU

RTX3090

価格は220,000~250,000円前後です。高額な転売品にご注意ください。転売品には保証がありません。

nVidia Geforce RTX3090 24GB amazon検索リンク

 

 

RTX3080

価格は約100,000円前後です。2-3倍の高額な転売品にご注意ください。転売品には保証がありません。

nVidia Geforce RTX3080 10GB amazon検索リンク

 

 

Geforce RTX3070 8GB GDDR6

 

 

RTX3060Ti 8GB GDDR6

 

 

nVidia Geforce RTX1600シリーズ

GTX1600SUPER

 

ミドルレンジ(性能と価格のバランス重視)

 

エントリー(価格重視)

-GPU情報

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2021 All Rights Reserved.