GPU情報

AIDA64がGeForce RTX 3050 (Ti)およびRadeon RX 6600 (XT)に対応

更新日:

AIDA64が次期グラフィックスカードをサポート

診断・モニターツール「AIDA64」のアップデートにより、複数の未発表SKUに対応しました。

昨日リリースされたAIDA64 6.32.5659ベータ版では、今後発売される複数のグラフィックスカードがサポートされました。

変更ログによると、このソフトウェアはRadeon RX 6700 non-XTとRadeon RX 6600シリーズ(XTと無印の両方)をサポートします。

興味深いことに、開発者はRX 6600シリーズがNavi 23 GPUのみをベースにしていると考えています。

また、変更履歴には、モバイルとデスクトップの両方で、さまざまなGeForce RTX 3050シリーズのGPUのサポートが記載されているようです。

これらのカードはすべてGA107 GPUを搭載すると思われます。さらに、今回のバージョンではRTX 3080 Tiにも対応しているが、実はAIDA64がこのSKUの「GPU情報」を受け取ったのはこれが初めてではない。

変更ログに表示されるGPU情報は、明らかに公開されているPCI Device IDリストに基づいているため、必ずしもそれらのSKUの確認として扱うべきではありません。

NVIDIAもAMDも、ミッドレンジ/エントリーレベルのグラフィックカードの発売日を確認していません。

ソース:Videocardz.com - AIDA64 gets support for GeForce RTX 3050 (Ti) and Radeon RX 6600 (XT)

 

 

解説:

大した分量ではない記事なのですが、AIDA64がRTX3050/TiとRX6700、RTX6600/XTに対応したようです。

記事の該当部分を見ると、

RTX3080Ti=GA102

RTX3050Ti=GA107

RTX3050=GA107

RX6700/XT=Navi22

RX6600/XT=Navi23

となっています。

RTX3050/Tiは両方ともGA107であるようです。

RX6600/XTは両方ともNavi23となるようです。

RX6700XTがRTX3070くらいだったので、RX6700無印はRTX3060Tiくらいの性能になるんですかね。

RX6600XTはRTX3060程度でしょうか。

 

 

AMDのGPU Radeonシリーズ

Radeon RX 6000シリーズ

 

Radeon RX 5600 XT シリーズ

Radeon RX 5600 XT 6GB

 

Radeon RX5500XTシリーズ

GDDR6 8GB版

GDDR6 4GB版

 

 

 

※ SAPPHIREはAMD Radeon専業のメーカーであり、Radeonのリファレンス的なメーカーです。

 

-GPU情報
-, , ,

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2021 All Rights Reserved.