GPU情報

NVIDIA、GeForce RTX 30シリーズの供給可能性について:需要に追いつく供給をするためには、数ヶ月以上かかるかもしれません

投稿日:

多くのゲーマーが今年の新しいグラフィックカードの発売を待ち望んでいましたが、チームグリーンやチームレッドを目指していたかどうかに関わらず、NVIDIAとAMDの主要な発売に影響を与えた供給不足とそれに続く供給問題に、私たちは皆がっかりしていました。

NVIDIAが再び供給が良くなるにはあと数ヶ月かかると述べているように、私たち全員が長い間待たされることになりそうです。

NVIDIAは、GeForce RTX 30シリーズの供給は、需要に追いつくために数ヶ月かかると言います, 売上高は、Turing 'GeForce RTX 20'の発売時を超えた

いずれも、NVIDIAのCEOとCFOが、2021年度第3四半期の決算報告で、GeForce RTX 30シリーズのグラフィックスカードの入手可能性を取り巻く全体の状況について語った。同社は、ゲームセグメントが好調に戻り、22.7億ドルの収益を報告して、記録的な47億ドルの収益を獲得した。

NVIDIAは、業界全体の容量の制約と長いサイクルタイムが原因としていますが、他の陣営のGPUとCPUも、入手性が良くないので、これは本当かもしれません。

その前に、NVIDIAのCFOの発言は以下の通りです。

"業界全体の生産能力の制約と長いサイクルタイムを考えると、製品が需要に追いつくまでに数ヶ月かかる可能性があります。

NVIDIA CFO - Colette Kress (via PCMag)

NVIDIAのCEOであるJensen Huang氏は、我々が今生きている制約のある世界では、彼らができることは限られていると述べています。

Ampereが史上最速のGPUアップグレードパスの1つであるにもかかわらず、需要はあまりにも圧倒的で、NVIDIAがひどく過小評価していたかもしれないものであり、それはまだNVIDIAがGeForce RTX 30シリーズの供給が需要に追いつくのに数ヶ月かかることが原因である。

Jensen氏は、GeForce RTX 30シリーズの在庫不足は2021年まで続くとすでに述べており、2021年の第1四半期/第2四半期頃に小売業者によって追加される在庫を見ることができるかもしれない。

NVIDIAは、リーク情報によると、1月にRTX 30シリーズのラインアップに追加される予定の製品をいくつか持っているので、そうなることを期待するしかない。

"私たちの成長は、短期的には、製造のサイクルタイムと供給の柔軟性に影響を受けます。"

"しかし、サイクルタイムの短縮はありがたいですね。しかし、現時点では世界は制約を受けています。ですから、私たちはこの状況を最大限に利用しなければなりません。しかし、そのような状況であっても、すべては私たちのガイダンスのために構築されており、私たちは成長することを期待しています。

NVIDIA CEO - Jensen Huang氏(via PCGamer)

AMDの最近発売されたRadeon RX 6800シリーズのグラフィックカードは、GeForce RTX 30シリーズと同様かそれ以上に少ない数しか出荷しておらず、カードは数分以内に在庫がなくなるだけでなく、いくつかの小売店は時間通りに在庫を受け取ることさえできませんでした。

ペーパーローンチは、私にとっては常にノーサプライを意味しています。チップ&カードを大量に生産しています。今年はゲーム機の需要が指数関数的に増加しており、誰の予想をも超えています。私たちは、より多くのカードをゲーマーの手に渡すこと以上のことを望んでいません。そのために働いている。

- Frank Azor (@AzorFrank) 2020年11月18日

2021年初頭までには状況が改善され、新しいハイエンドグラフィックスカードの入手を何年も待っていたゲーマーが最新タイトルを手軽に楽しめるようになることを期待したいところです。

今年12月に発売されるCyberPunk 2077のような次世代タイトルをプレイするためには、新しいハイエンドグラフィックカードが必要になることは間違いないが(これ以上の遅延がなければ)、PCに強力なGPUを搭載していない場合は、これらの供給問題がゲームの選択において大きな負担になることは間違いない。

ソース:wccftech - NVIDIA on GeForce RTX 30 Series Availability: It May Take A Few More Months For Supply To Catch Up With Demand

 

 

解説:

nVidiaはAmpereの供給は需要に応えるには数か月かかると告知

私の予想では、意外と早く需要に応えることが出来るようになると思います。

現在の需要の大半は転売屋がbotを使ってとにかく数を確保しようとしているのが原因で、実際の需要の何倍もの数を確保しようとしているのが原因の一つでしょう。

ある程度の数が出回り、発売日から日数が経てば落ち着き、急速に需要は激減するものと思います。

RTX3060などはある程度の数を作るでしょうから、買えなかったらそちらに流れるユーザーも一定数出るのではないでしょうか。

実際、日本ではRTX3090も3080も3070も在庫されるようになってきており、全然買えないという状況ではありません。

一部モデルは枯渇していますが、それも来年になったら改善されると思います。

日本は元々の値段が高いので海外勢から狙われるということもないでしょうし、RTX3080Tiの噂が飛び交っています。

そのため、GA102を採用した上位のモデルは買い控えが起きているのも、発売済みの既存のモデルが在庫されるようになった理由の一つかもしれません。

 

GPUは初期ロットは地雷の可能性があること、ライバルとの競争によって新しいモデルが突然出てくる可能性があることなど、ショップや製品情報に精通している一部のユーザーでもどうなるか先が読めないことがありますので、転売には向いてません。

それでも鉄火場に飛び込んでくる転売屋が後を絶ちませんので、いろいろと混乱が起こっています。

実際にRTX3080の初期ロットはもう売れないと思うのですが、どうするんですかねえ。

いい加減迷惑行為はやめてほしいです。

 

 

nVidia RTX3000シリーズGPU

RTX3090

価格は220,000~250,000円前後です。高額な転売品にご注意ください。転売品には保証がありません。

nVidia Geforce RTX3090 24GB amazon検索リンク

 

 

RTX3080

価格は約100,000円前後です。2-3倍の高額な転売品にご注意ください。転売品には保証がありません。

nVidia Geforce RTX3080 10GB amazon検索リンク

 

 

Geforce RTX3070 8GB GDDR6

 

 

nVidia Geforce RTX1600シリーズ

GTX1600SUPER

 

ミドルレンジ(性能と価格のバランス重視)

 

エントリー(価格重視)

 

 

-GPU情報

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2020 All Rights Reserved.