CPU情報

AMD Ryzen 5000 Zen 3の「Vermeer」が白日の下にさらされる、史上初の高解像度ダイショットのクローズアップ写真&詳細

投稿日:

AMD Ryzen 5000の「Zen 3」CPUラインアップを見たことがあり、ほとんどの人が物理的なチップを手にしたことがあると思いますが、Vermeerについてもっと興味深いのは、その下にあるものです。

Zen 3コアのアーキテクチャは驚くべきもので、多くのIPC向上を特徴としており、私たちはRyzen 5000に関するAMDのプレゼンテーションの中でZen 3ダイを垣間見ただけだったが、Fritzchens Fritzは再び初めてプロセッサの高解像度赤外線写真を提供し、Zen 3コアをよりよく見ることができるようにした。

AMD Ryzen 5000 Zen 3デスクトップCPUは、最初の高解像度赤外線ダイショットを取得し、完全に詳細なVermeer

Fritzchens氏が投稿したダイはこれが初めてではありません。実際、すべての主要なCPU/GPUが彼によって裸にされており、彼のFlickrで高解像度の写真を見ることができます。彼の最新のダイショットは、AMD Ryzen 5000デスクトップCPUのものです。

特にCPUはAMD Ryzen 5 5600Xで、2枚のチップレット、1枚のCCD、1次IODを搭載している。ダイショットを撮るためには、IHSを外してCPUを殻割する必要があった。

Ryzen 5000のCPUは、チップの半田付けが難しい設計になっており、チップの半田付けをしようとした時に大惨事に見舞われました。プロセス中にCCD全体が引き裂かれてしまったが、シリコンのほとんどはそのままで、IODもそのままだった。

Ryzen 5 5600Xはあまりにも若くして死んでしまったが、CPU/GPUのダイをマッピングすることで有名なTwitter仲間のLocuza氏が、Ryzen 5000のダイの残りの部分を補填し、完全なダイを私たちに提示してくれた。

Locuza氏の素晴らしい仕事は、チップの各側面と領域を正確にマッピングしたZen 3 CCD全体をマッピングした下で見ることができます。

彼のハイライトは以下の通りです。

  • FPUとuCodeの位置が同じに見える。
  • L1D$は非常に似ている。
  • uOP$, L1I$, BTBsが少し移動して、かなり違って見える。
  • L2$はほぼ同じように見える。
  • L3$のデザインは複数の変更があります。
  • Zen3コアはZ2コアよりもかなり長い

前世代のAMD Zen 3 CCDは2つのCCX(コア・コンプレックス)で構成されていましたが、Zen 3 CCDは1つのCCXで構成され、8つのコアがシングル・スレッド・モード(1T)またはツースレッド・モード(2T)で動作し、1つのCCXにつき最大16スレッドまで動作します。

チップには最大2つのCCDが搭載されているため、コア数とスレッド数は最大で16コア、32スレッドとなり、これは既存のフラッグシップAM4デスクトップCPUであるRyzen 9 3950Xと同じです。

AMD Zen 3の各コアは512KBのL2キャッシュを搭載し、1つのCCDあたり合計4MBのL2キャッシュを搭載する。これは、デュアルCCD CPUで8MBのL2キャッシュに相当する。L2キャッシュとともに、各CCDには最大32MBの共有L3キャッシュが搭載される。Zen 2では、L3キャッシュは2つのCCXの間で分割され、各CCXはそれぞれ16MBのキャッシュを持っています。キャッシュのサイズはCCDごとに変わりませんが、すべてのコアがより多くのL3キャッシュを共有できるようになりました。

  • AMD Zen 3コア・コンプレックス・ダイ(CCD)。
    • 1つのCCXで構成されています。

AMD Zen 3 CCXの構成

  • 最大8コアで構成され、各コアはシングルスレッド・モード(1T)またはツースレッドSMTモード(2T)で動作します。
  • 複合体あたり最大 16 スレッドの場合
  • 1コアあたり512KBのL2、合計4MBのL2/CCD
  • 最大32MBのL3を複合体内の全コアで共有

さらに詳細を見ると、AMD Zen 3のCCDは83.736mm2(11.270×7.430mm)となっている。

Zen 2のCCDは約72mm2だったので、Zen 3はZen 2よりも約16%大きく、12nmのIOD(I/Oダイ)はRyzen 3000のラインナップと同じ124.29mm2(12.900 x 9.635mm)で、インターポーザー上では最大のチップとなっている。

全体的に見て、FritzとLocuzaの素晴らしい作品であり、今後のダイショットのクローズアップや解析が待ち遠しいです。

ソース:wccftech - AMD Ryzen 5000 Zen 3 ‘Vermeer’ Undressed, First Ever High-Res Die Shots Close Ups Pictured & Detailed

 

 

解説:

Zen3のダイショットが公開される

殻割して削って赤外線で写真を撮ったようです。

海外にはこの手の偏執的なまでにこだわりを持つユーザーがごくまれに存在します。

削る過程でダイを台無しにしてしまったようですが、これも職人芸を持つユーザーによって修正されたようです。

完成した色付きのダイショットを見ると、Zen2コアとZen3のコアの違いがはっきりと分かるようになっています。

一言、「凄いなあ」と思います。

 

 

 

新発売!Ryzen 5000シリーズ

高額な転売品にご注意ください。

メーカーの希望小売価格は以下の通り(税込)

Ryzen 9 5950Xが10万6480円

Ryzen 9 5900Xが7万1478円

Ryzen 7 5800X5万8828円

Ryzen 5 5600Xが3万9380円

 

Ryzen 3000XTシリーズ

 

Ryzen PRO 4000Gシリーズ(GPU付きZen2コアAPU・並行輸入品)

 

Ryzen 3000シリーズ

Ryzen 9

 

 

Ryzen 7

 

Ryzen 5

海外向けRyzen5 3500Xの並行輸入品

 

Ryzen3

 

Ryzen 3000シリーズAPU(GPU内臓、CPU部分のコアはRryzen2000シリーズと同じZen+ですのでご注意ください。)

-CPU情報

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2020 All Rights Reserved.