GPU情報

NVIDIA GeForce RTX3060およびRTX3050TiとミッドレンジGA106GPUの詳細、RTX 3060Tiはすでに小売店で販売されています

投稿日:

NVIDIAのGeForceRTX3060およびGeForceRTX 3050 Tiグラフィックスカードの仕様は、Kopite7kimiによって報告されています。

詳細によると、メインストリームのGeForce RTX3060およびGeForceRTX 3050TiグラフィックスカードはAmpereGA106 GPUを搭載し、299ドル未満の価格帯を目指している可能性があります。

NVIDIA GeForce RTX3060およびRTX3050TiグラフィックスカードはAmpere GA106 GPUが搭載されるとされており、予想されるコア数が明らかになりました

NVIDIA GeForce RTX3060およびRTX3050 Tiは、既存のRTX2060およびGTX1660 Ti / SUPERシリーズグラフィックスカードに取って代わります。

どちらのグラフィックカードも、Ampere GA106 GPUを搭載しています。

GA106 GPUは、メインストリームのグラフィックカード用のミッドレンジチップであり、このチップが搭載されている特定のディスクリート製品ごとに、このチップのいくつかの構成が見られると予想されます。

https://twitter.com/kopite7kimi/status/1323994099012173824?ref_src=twsrc%5Etfw

デスクトップの場合、GeForce RTX3060は3840CUDAコアに相当する30SM GA106 GPUを搭載し、GeForce RTX 3050Tiは3584CUDAコアに相当する28SM GA106GPUを搭載します。

NVIDIAは、RTX3060などのGA106クラスGPUに192ビットバスインターフェイスと6GBのGDDR6メモリ容量を搭載する可能性がありますが、RTX 3050 Tiが同じフレームバッファを伝送するのか、5 GBの場合は160ビット、4GBの容量の場合は128ビットのカットダウンバスインターフェイスを使用するのかは不明です。

NVIDIAは、160ビットバスインターフェイス全体で5GBのメモリ容量を備えたGeForceGTX 1060をすでにリリースしており、RTX2060の5GBモデルを以前にテストしたこともあります。

両方のカード、特にRTX 3050Tiの最終仕様がどのように機能するかを見るのは非常に興味深いでしょう。

また、RTXラインナップの最初のRTX 3050 Tiは、ゲームセグメントにレイトレーシングをもたらす最初の* 50シリーズカードになります。非Tiモデルも期待できますが、それはまだ確認されていません。

NVIDIA GeForce RTX 30シリーズ「Ampere」グラフィックカードの仕様:

グラフィック
カード名
NVIDIA
GeForce RTX
3050 Ti
NVIDIA
GeForce RTX
3060
NVIDIA
GeForce RTX
3060 Ti
NVIDIA
GeForce RTX
3070
NVIDIA
GeForce RTX
3070 Ti?
NVIDIA
GeForce RTX
3080
NVIDIA
GeForce RTX
3080 Ti?
NVIDIA
GeForce RTX
3090
アーキテクチャー
チップ型番
Ampere GA106?Ampere GA106?Ampere GA104-200Ampere GA104-300Ampere GA102-150Ampere GA102-200Ampere GA102-250Ampere GA102-300
製造プロセスSamsung
8nm
Samsung
8nm
Samsung
8nm
Samsung
8nm
Samsung
8nm
Samsung
8nm
Samsung
8nm
Samsung
8nm
ダイサイズ未確認未確認395.2mm2395.2mm2628.4mm2628.4mm2628.4mm2628.4mm2
トランジスタ数未確認未確認174億174億280億280億280億280億
CUDAコア数3,5843,8404,8645,8887,4248,70410,49610,496
TMU数 / ROP数未確認未確認152 / 80184 / 96232 / 80272 / 96328 / 112328 / 112
Tensor /
RT Core数
未確認未確認152 / 38184 / 46232 / 58272 / 68328 / 82328 / 82
ベースクロック未確認未確認1410 MHz1500 MHz未確認1440 MHz未確認1400 MHz
ブーストクロック未確認未確認1665 MHz1730 MHz未確認1710 MHz未確認1700 MHz
FP32 演算性能未確認未確認16.2 TFLOPs20 TFLOPs未確認30 TFLOPs未確認36 TFLOPs
RT TFLOP未確認未確認32.4 TFLOPs40 TFLOPs未確認58 TFLOPs未確認69 TFLOPs
Tensor-TOP未確認未確認未確認163 TOPs未確認238 TOPs未確認285 TOPs
メモリ容量
種類・
6 GB GDDR6?6 GB GDDR6?8 GB GDDR68 GB GDDR610 GB GDDR6X?10 GB GDDR6X20 GB GDDR6X24 GB GDDR6X
メモリバス幅192-bit?192-bit?256-bit256-bit320-bit320-bit320-bit384-bit
メモリ速度未確認未確認14 Gbps14 Gbps未確認19 Gbps19 Gbps19.5 Gbps
メモリ帯域幅未確認未確認448 Gbps448 Gbps未確認760 Gbps760 Gbps936 Gbps
TGP未確認未確認180W?220W320W?320W320W350W
価格
(リファレンス
モデル価格)
未確認未確認$399 US?$499 US$599 US?$699 US$899 US?$1499 US
発売2021?2021?2020/12/022020/10/292020Q4?2020/09/172020/Q4?2020/09/24

ギガバイトのGeForceRTX 3060 Ti Eagleはすでにサウジアラビアで販売されています

この物語の第二部はかなり興味深いものです。

どうやら、サウジアラビアのある小売業者は、ギガバイトからカスタムNVIDIA GeForce RTX 3060 Tiグラフィックスカードの在庫をすでに受け取っており、それらを販売しています。

特に販売されているカードは、数時間前にVideocardzによってリークされたGigabyte GeForce RTX 3060 Ti Eagleです。

これは、明らかな禁輸違反またはその外観からの禁輸の欠如であることが起こります。

このカードは3,699サウジアラビア リヤルで販売されており、イーグルOCモデルは@ Harukaze5719によって発見された3,799サウジアラビア リヤルで約1000米ドルに相当します。

これは、約399米ドルの費用がかかると予想されるこのカードに誰もが支払えるものではありません。

小売業者は明らかに未発表の製品を販売することで追加の利益を稼ごうとしているようです。

NVIDIA RTX 3060 Tiカードは、11月の最初の発売から実際に押し戻されていることを情報源に確認しました。

このカードは12月2日に発売される予定で、価格は約399米ドルで、カスタムバリアントにはわずかなプレミアムが付いています。

ソース:wccftech - NVIDIA GeForce RTX 3060 & RTX 3050 Ti With Mid-Range GA106 GPU Detailed, RTX 3060 Ti Already on Sale at Retailer

 

解説:

GA106を搭載したRTX3060とRTX3050Tiのリーク情報

GA106を搭載したRTX3060、RTX3050Tiが存在するようですね。

販売は来年でしょうが、RTX3050Tiの名前が挙がっている時点で、Ampere世代からほぼすべてのラインナップがレイトレーシング対応であることが確定したといってよいのではと思います。

あるとしたらGT3030のみがレイトレーシング非対応になるのかもしれません。

RTX3050はGA107になるんですかね・・・。

Ampereの爆熱ぶりを見ると、RTX3050Tiは補助電源端子無しに出来そうにないですが、今回は75W版は無いんですかね。

 

RTX3060Tiはある

どうも、発売日前に販売してしまった業者がいたようです。

サウジアラビアでのことのようですが、全員が全員、ルールを守るようなお上品な文化の国ばかりではないということなのでしょうね。

しかし、これでRTX3060Tiが準備されていることが確定しました。

今回のAmpereは様々なモデルの名前が出ては消え、出ては消えしていたので、ようやく追加モデルが一つだけ確定したという感じです。

 

RTX3000シリーズの評価

マニア向けの市場だった昔と違い、PCのことがよくわからない一般人もゲーミングPCを求めるようになりました。

彼らは難しいことはよくわからないし、深く考えないので、性能で多少負けていてもAmpereを求める層と言うのは一定数いると思います。

彼らが欲しいのは安心であり、突き詰めていけば「性能」ではないからです。

レビュワーがどんなに頑張ってレビューを書いてもGeforce、nVidiaと言うブランドを見て買うものを考えない層と言うのが一定数出てきているということです。

彼らがRadeonに目を向けるのはBig Naviの後でしょう。

よくも悪くもアーリーアダプターではない一般人と言うのはそういうものです。

レビュワーがいくら「一生懸命書いたから、理解してもらえる」と思っても、一般の方はそもそもそこにエネルギーを使うことを好まない人が大多数です。

そういう層は確実にいて、そういう層が入ってこない限りはビッグビジネスと言うものは出来ません。

そういう層が出てきたら、ようやく、一般に認知されるくらいメジャーになったということです。

 

 

nVidia RTX3000シリーズGPU

RTX3090

価格は220,000~250,000円前後です。高額な転売品にご注意ください。転売品には保証がありません。

nVidia Geforce RTX3090 24GB amazon検索リンク

 

 

RTX3080

価格は約100,000円前後です。2-3倍の高額な転売品にご注意ください。転売品には保証がありません。

nVidia Geforce RTX3080 10GB amazon検索リンク

 

 

Geforce RTX3070 8GB GDDR6

 

 

nVidia Geforce RTX1600シリーズ

GTX1600SUPER

 

ミドルレンジ(性能と価格のバランス重視)

 

エントリー(価格重視)

-GPU情報

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2020 All Rights Reserved.