マザーボード関係

MSIの400シリーズ(X470およびB450)マザーボード全ラインナップがAMD Ryzen 5000 "Zen 3 "デスクトップCPUをサポート

投稿日:

公式プレスリリースで、MSIは、400シリーズマザーボードの全ラインナップが、Zen 3コアアーキテクチャをベースにしたAMDのRyzen 5000デスクトップCPUファミリーをサポートすることを確認しました。

この発表は、マザーボードメーカーが既存の500シリーズマザーボードのBIOSアップデートを開始し、次世代のラインアップをサポートした数日後のことです。

MSIは、400シリーズのマザーボードがすべてAMD Ryzen 5000デスクトップCPUに対応することを確認しています

MSIは、X470とB450チップセットをベースにした400シリーズのマザーボードをサポートすることをユーザーに約束している。

MSIは、来月11月5日に発売されるAMDのRyzen 5000デスクトッププロセッサのラインアップをサポートする準備ができていますが、400シリーズマザーボード用のBIOSは2021年1月に展開される予定です。

MSIは、MAXシリーズを含む400シリーズのマザーボードラインアップのすべてがAMD Ryzen 5000デスクトップCPUをサポートすることを明言している。

AMDは10月8日、Zen3アーキテクチャのRyzen 5000シリーズプロセッサを正式に発表した。最新のZen3プロセッサは、従来の7nmのRyzen 3000シリーズプロセッサと比較して大幅に性能が向上している。今後のプロセッサについては、MSIは、PCI-E 4.0の性能を完璧に活用するために、すべてのX570およびB550シリーズマザーボード(リンク)用の最新のAGESA COMBO PI V2 1.1.0.0をリリースしている。

また、AMDは、アップグレード要求に対応して、Ryzen 5000シリーズプロセッサをサポートするための選択された400シリーズマザーボードのBIOSアップデートが2021年1月に用意されることにも言及した。

ユーザーの期待に応えるために、MSIはX470とB450、MAX、またはMAX以外の製品を含むすべての400シリーズマザーボードについて、Ryzen 5000プロセッサをサポートできるBIOSアップデートを後日提供すると発表している。すべての評価はR&Dチームのもとで行われているという。BIOSの詳細なリリーススケジュールは、AMDからBIOSコードが提供された後に発表されるとのこと。最新情報はmsi.comにてご確認ください。

X370、B350、A320チップを含む300シリーズマザーボードについては、AMDの現在の公式情報ではサポートされていないことが指摘されている。AMDが後日公式アップデートを行う場合は、MSIも最新情報をオンタイムで提供していくという。

500シリーズと400シリーズのマザーボードに加えて、MSIは、AMDが後に公式なアップデートを行った場合、将来的に300シリーズのマザーボード(X370、B350、A320)をサポートすることにオープンであると述べているので、それが実現するかどうかは時間の問題だが、300シリーズのマザーボードがMSIを含むボードメーカーによって選択的なBIOSアップデートを受けることに期待している。

ソース:wccftech - MSI’s Entire 400-Series (X470 & B450) Motherboards Support AMD Ryzen 5000 “Zen 3” Desktop CPUs

 

解説:

MSIがX470とB450のマザーボードのすべてでRyzen5000シリーズ対応BIOSをリリースすることを約束

AMDの互換性を重視する方針にも協力的で現在の日本で発売されているマザーボード有力メーカー4社(ASUS、GIgabyte、Asrock、MSI)の中で一番AMDよりなメーカーであるMSIがいち早く400番台チップセットのRyzen5000シリーズ対応を表明しています。

X670は多分出ないだろうといわれていますが、新しいチップセットを出さずに既存のマザーボードのBIOSアップデートだけで済ませるというのはマザーボードメーカーにとっては苦しい決定でしょう。

しかし、それに異を唱えずに協力的な姿勢を見せるMSIには業界内での地位が確立し、下克上するのが難しくなった現在のPC業界において、より評価を上げたいという野心が見え隠れします。

MSIは製品のラインナップ的にも一番少ない有力メーカー4社の中では規模の小さいメーカーだと思います。

そのため、他社との差別化のためにAMDに協力的なのだと思います。

こういった姿勢をいち早く打ち出せば「AMDマザーならMSIの方が安心できる」とユーザーに印象付けることが出来ます。

良くも悪くもASUSはIntelと非常に仲が良いので、こうした動きにはあまり積極的ではありません。

先日もASUSはX470ではRyzen5000シリーズに対応しないかもしれないという情報が出ました。

SocketAM4のマザーボードはメーカーによって対応に差が出るかもしれません。

 

 

 

Ryzen 5000シリーズ(2020/11/5発売予定)

検索リンク

AMD Ryzen 9 5950Xをamazonで検索

AMD Ryzen 9 5900Xをamazonで検索

AMD Ryzen 7 5800Xをamazonで検索

AMD Ryzen 5 5600Xをamazonで検索

 

Ryzen 3000XTシリーズ

 

Ryzen PRO 4000Gシリーズ(GPU付きZen2コアAPU・並行輸入品)

 

Ryzen 3000シリーズ

Ryzen 9

 

 

Ryzen 7

 

Ryzen 5

海外向けRyzen5 3500Xの並行輸入品

 

Ryzen3

 

Ryzen 3000シリーズAPU(GPU内臓、CPU部分のコアはRryzen2000シリーズと同じZen+ですのでご注意ください。)

 

Ryzen2000シリーズ(旧モデル)

Ryzen7

created by Rinker
AMD
¥34,569 (2020/10/21 20:07:57時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
AMD
¥40,400 (2020/10/21 20:07:58時点 Amazon調べ-詳細)

 

Ryzen5

created by Rinker
AMD
¥19,980 (2020/10/21 20:07:59時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
AMD
¥18,980 (2020/10/21 20:08:00時点 Amazon調べ-詳細)

-マザーボード関係

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2020 All Rights Reserved.