GPU情報

AMDが "Big Navi" Radeon RX 6000シリーズグラフィックスカードの4Kゲーミングパフォーマンスの数値を発表

投稿日:

待望の Ryzen 5000 デスクトップ CPU の発表に加えて、AMD は、次世代 Radeon RX 6000 シリーズ "Big Navi" グラフィックカードの性能を初めてお披露目しました。

このGPUは、4K解像度でいくつかのタイトルを実行していることが示されており、その性能は間違いなく有望に見えます。

AMD Radeon RX 6000シリーズ "Big Navi" RDNA 2グラフィックスカードのゲーミングパフォーマンスは4Kで限定的に公開された

AMDのCEOであるリサ・スー博士は、ビッグナビグラフィックスカードと呼ばれる巨大なトリプルスロットのフラッグシップを見てくれただけでなく、4K解像度で最高設定で動作するいくつかのベンチマークも見せてくれました。

対象タイトルは、「Borderlands 3」(DirectX 12 Badass Quality)、「Call of Duty: Modern Warfare」(DirectX 12 Ultra Quality)、「Gears of Wars 5」(DirectX 12 Ultra Quality)。

3つのタイトルすべてにおいて、Big Naviカードは、AMDのベンチマークで示された通り、非常に滑らかな60以上のFPSを実現しています。

ベンチマークを実行するためにAMDは自社のRyzen 5000デスクトップCPUを使用しており、AMDが今秋以降に最高のパフォーマンスを提供するゲーマーのためのソリューションを提供していることは素晴らしいことです。

以前の噂では、Big NaviグラフィックスカードはRadeon RX 6900 XTとして知られており、Navi 21 GPUをベースにしていると言われています。

比較測定に関しては、性能はNVIDIA GeForce RTX 3080グラフィックスカードに非常に近く、AMDがヒットするために非常に印象的であるように見えます。

AMDのRTGフラッグシップGPU比較:

グラフィック
カード
AMD Radeon
R9 Fury X
AMD Radeon
RX Vega 64
AMD Radeon VIIAMD Radeon
RX 5700 XT
AMD Radeon
RX 6900 XT
コードネームFiji XTVega 10 XTVega 20 XTNavi 10 XTNavi 21 XT?
製造プロセス28nm14nm7nm7nm7nm+?
トランジスタ数8.9 Billion12.5 Billion13.3 Billion10.3 Billion未確認
ダイサイズ596mm2495mm2331mm2251mm2~500-540mm2
CU数6464604080?
SP数40964096384025605120?
TMU数/ROP数256/64256/64240/64160/64未確認
ベース
クロック
1050 MHz1247 MHz1400 MHz1605 MHz未確認
ブースト
クロック
1050 MHz1546 MHz1750 MHz1905 MHz未確認
メモリ
容量・種類
4 GB
HBM1
8 GB
HBM2
16 GB
HBM2
8 GB
GDDR6
16 GB
GDDR6?
メモリバス幅4096-bit2048-bit4096-bit256-bit256-bit?
メモリ帯域幅512 GB/s484 GB/s1024 GB/s448 GB/s512 GB/s?
TDP275W295W295W225W未確認
価格$649$499$699$399 US未確認
発売年20152017201920192020

AMD Radeon RX 6900シリーズにトリプルスロット冷却ソリューションを搭載:

デザイン自体はともかく、Radeon RX 6000のフラッグシップモデルの冷却デザインは、赤と黒を基調としたデザインが目を引く。

このカードは、シュラウドにトリプルアキシャルテックファンを搭載し、その下を走る大型のアルミ製ヒートシンクを搭載しています。

カードの側面には、LEDライト付きのRadeonのロゴがあり、ファンが熱風を排出するための大きな切り欠きが側面にあります。

このデザインは、NVIDIA GeForce RTX 20シリーズのFounders Editionクーラーを彷彿とさせる。

このカードは、デュアル8ピン電源を搭載し、ディスプレイポートには、USB Type-C (VirtualLink)、HDMI、DisplayPortコネクタが2つ搭載されています。

このカードはまた、クーラーを固定するためのリテンションブラケットとともに、派手なバックプレートを備えています。

Radeon RX "Big Navi" GPUは、NVIDIAのフラッグシップモデルであるRTX 3080と同じ、標準的な2スロットのリファレンスデザインで提供されるようですが、トリプルスロットのGeForce RTX 3090ほど巨大ではありません。

AMD Radeon RX 6800/6700シリーズのデュアルスロット冷却機構

2つ目のモデルを見てみると、デュアルスロットカードは、トリプルスロットカードに似たデザインを採用していますが、ややコンパクトなフォームファクターを採用しています。

このシュラウドは、AMD Radeon RX 6800またはRadeon RX 6700シリーズカード用に設計されていると言われています。

このカードは、デュアルアキシャルテックファンのデザインを特徴としており、中央とファンにはRadeonブランドを象徴する大きな「R」のロゴがあります。

 

このカードはまた、側面のLEDライトRadeonロゴを特徴としており、アルミヒートシンクからの熱を排出するために大きく切り取られています。

カードには2つの8ピン電源コネクタがありますが、8+6またはより電力が最適化されたバリアントの構成も見られるかもしれません。

このカードはデュアルスロットのフォームファクタを搭載しており、Big Naviグラフィックスカードと同様のI/Oを搭載しています。

このクーラーは、Radeon RX 5700シリーズのグラフィックスカード用のAMDのNavi 10 (RDNA 1) GPUに比べてわずかに小さいが、まだ大きいNavi 22 GPUを搭載することが期待されています。

AMDは10月28日、Radeon RX 6000シリーズのグラフィックスカードファミリーを正式に発表する。最高のハードウェアでPCをアップグレードしたいと考えているすべてのハードウェア愛好家やメインストリームのPCゲーマーにとって、2020年後半は間違いなく面白い時代になるだろう。

ソース:wccftech - AMD Teases Big 4K Gaming Performance Numbers For “Big Navi” Radeon RX 6000 Series Graphics Card

 

解説:

Zen3の発表と一緒にRX6000シリーズBig Naviも一部公開される

スライドの一部にゲームのFPSが公開されていましたので見てみましょう

4K/DX12Big NaviRTX3080
Bordarlands3
BadAss設定
6159.4
CoD MW
Ultra設定
8891.1
Gear of War5
Ultra設定
7381.4

注意としては、上の表のRTX3080は海外のサイトのレビューなどから拾ってきたFPSなので、環境がそろっていません、あくまでも参考としてください。

これを見る限り、どちらかと言うとRTX3070よりはRTX3080に近い性能があると判断してもよいでしょう。

AmpereはFP32の性能がかなり強化されており、数値の割にはゲーム性能が奮わないところがあるので、Big NaviはFP32が低かったとしてもゲーム性能は割と高めなのかもしれません。

ここでもやはりゲームによっては有利・不利が結構あるのではないかと思います。

Bordarlands3とCoD MWに関しては測定環境によってはひっくり返りそうな結果です。

また、Zen3と組み合わせていた場合、現在の最高性能を誇るCore i9-10900Kよりは高めの結果になっていてもおかしくないですね。

そういったことを考えるとRTX3080よりはやや下である可能性は高いと言えます。

また、レイトレーシングに関しては全く情報がありませんので、どの程度の性能なのかは未知数です。

大容量のキャッシュ搭載しているのではないかと言う情報もありますので、ハードウェアレイトレーシングアクセラレーター部分にどのくらいシリコンを避けるのかは不明です。

 

※ 追記 Videocardz.comにRX6900XTとRTX3080、RTX2080Tiとの4K性能の比較が出ていました。

これを見ても、RTX3080より若干落ちる程度の性能と見てよいようです。

当然ですが、ゲームによって有利不利があり、有利なゲームではRTX3080より良い値が出ていますが、不利なゲームでは-10%程度の差がついてしまうようです。

 

 

 

AMDのGPU Radeonシリーズ

新世代Radeon RX 5000シリーズ

Radeon RX5700シリーズ

Radeon RX 5700 XT 8GB

created by Rinker
SAPPHIRE
¥65,756 (2020/10/21 02:10:47時点 Amazon調べ-詳細)

 

Radeon RX5700 8GB

created by Rinker
SAPPHIRE
¥43,300 (2020/10/20 06:34:01時点 Amazon調べ-詳細)

 

Radeon RX 5600 XT シリーズ

Radeon RX 5600 XT 6GB

 

Radeon RX5500XTシリーズ

GDDR6 8GB版

GDDR6 4GB版

 

 

ハイエンド(性能重視)

世界初の7nmGPU Radeon VII

 

※ SAPPHIREはAMD Radeon専業のメーカーであり、Radeonのリファレンス的なメーカーです。

 

-GPU情報

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2020 All Rights Reserved.