GPU情報

wccftech独占:Intel Xeの4ダイ 500W GPUのEU数は最大16,384、36TFLOPSです。

投稿日:

まあ、まあ、まあ、あなたにとって本当に面白いものがあります。

4タイル500W GPUを展示した数日前のXe HP GPUリークを覚えていますか?

そして、ほとんどの人がこれが4096コアの512 EUの問題だと思っていたことを覚えていますか?

さて、Intelで働いている情報源の1つに尋ねることにしたのですが、正確な比率を教えてくれました。タイルごとに128 EUではありません。

違いは、Xe LPとXe HPの間にあるようです-リークされた文書はXe HPに関するものでした。

 

Intel Arctic Sound Xe HP GPUは、単一のタイルに512 EUを持ち、4タイルバリアントで、2048 EUと最大16,384コアを搭載

それではちょっとしたことについて記録を正すことから始めましょう。

Digital Trendsによる最初のリークでは、タイルごとに128 EUが想定されていました。

問題は、Xe HPと同じものではないXe LPについて話していたことです。

後者は低電力/高性能プラットフォームとして設計され、内部でXe 12.1と呼ばれますが、前者は内部でXe 12.5と呼ばれる高電力/高性能プラットフォームです。

Xe 12.5またはXe HPのタイルごとのEU数は実際には異なります。

Xe HPの実際のEU数は、タイルあたり512 EUです。

私の記事では、4KカウントGPUを500Wの消費電力で起動することはIntelによる自殺に等しいことを考えると、4096コアカウントはほぼ間違いなく間違っているように見えました。

Intel Xe HP(12.5)にはタイルごとに512 EUがあるため、1タイル、2タイル、4タイルの実際のEUカウントは、それぞれ512 EU、1024 EU、2048 EUです!

500 Wの消費電力を備えた大規模な2048 EU GPUは、紙上でははるかに理にかなっています。 両方のアーキテクチャが異なると考えると、EUとコアの比率は異なる可能性がありますが、同じ場合(そし

てそれが大きい場合)、合計16,384コアを見ています。

わずか1200 MHzのクロックで動作するこの巨人は、500 Wのみを消費しながら、39.3 TFLOPの未処理コンピューティングを出力できます。

インテルのさまざまなMCMベースのXe HP GPUの実際のEUカウントと、推定コア数およびTFLOPを以下に示します。

  • Intel Xe HP(12.5)1タイルGPU:512 EU [4096コア、12.2 TFLOP、1.5GHz、150Wを想定]
  • Intel Xe HP(12.5)2タイルGPU:1024 EU [8192コア、1.25 GHz、20.48TFLOP、300 Wを想定]
  • Intel Xe HP(12.5)4タイルGPU:2048 EU [16,384コア、36 TFLOP、1.1 GHz、400W / 500Wを想定]

インテルのATSプラットフォームは、同社の高性能コンピューティングの世界への最初の本格的な進出となる予定であり、基本的には後日発表されるポンテヴェッキオのプロトタイププラットフォームです。

ここで、さらに面白い事実があります。

今のところ、1タイルと2タイルのバリアントのみが受け入れられていると聞きました(スライドはPre-POPL2ステージにあり、2019年初頭に作成されたことを思い出してください)一方で、4-Tileはまだ受け入れられていません。

とにかくPonte Vecchioが2021年に発表される予定であると考えると、Intelが4タイルの怪物を準備していることは実際には意味がないかもしれません(しかし、これらのことで計画は変更できます)。

どちらの場合でも、リーク(およびこの明確化)は、製品ライフサイクルの初期段階にある製品に関するものであり、最終製品はおそらく大きく異なるため、すべてを額面どおりにするとよいでしょう。

確かに言えることの1つは、Intelが4タイルATS GPUを使用することに決めた場合、512 EUではなく、2048になることです。

ソース:wccftech - Exclusive: Intel Xe HP 4-Tile 500W GPU EU Count Leaked, No It’s Not 512

解説:

wccftech独占ということで、ちょっと疑いの目で見たほうが良いかもしれませんが、それを差し引いてもかなり面白いニュースであることは確か。

intelのXeは先日Ryzen3000のようなチップレット構成を取るといわれていましたが、EU数は128EUのダイが4つで512ではなく、512EUのダイが4つで2048になるとのこと。

500W版のXeは16384EUという途方もないコア数となり、演算性能は36TFLOPSにもなります。これは、現在最強のGPUであるRTX2080Tiの2.6倍になります。

いかに途方もない性能なのかよくわかるのではないでしょうか。

2048EU版のほうがおそらく一般向けの最高性能製品になると思われますが、こちらも20.48TFLOPSとRTX2080Tiの1.5倍の性能となります。

これはRTX3080Ti(?)の現在予想されている演算性能とほぼ同等ということになります。

もっともXeは初期の製品のため、このままの仕様では出る可能性は低いといわれており、また、バグやソフトウェアサポートの不備、その他もろもろの要因によって、演算性能通りのゲーム性能を発揮できない可能性もあります。

しかし、それを考慮に入れても注目するに値する性能といってもよいでしょう。

2020年はRTX3080TiとBig Navi とIntelの4-Tile Xeが衝突し、GPU世界の序列を激しく争う展開になるかもしれません。

 

 

-GPU情報

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2020 All Rights Reserved.