GPU情報

AMD Sienna Cichild(Navi21、Big Navi)GPUメモリの噂 HBM vs GDDR6

投稿日:

次世代NaviフラッグシップGPUに関する相反する情報がある。

噂1:Sienna CichildはHBMメモリを搭載?

AMD Sienna Cichlidは、最大2048ビットのメモリバス幅を特徴とする可能性があるとされており、HBMメモリを使用する可能性があることを示しています。

AMD Sienna Cichlidは、Big NaviやNavi 21としても知られている。

このGPUは、RDNA2アーキテクチャをベースにした次期Radeon RX 6900シリーズのフラッグシッププロセッサとして期待されている。

Sienna Cichlidは、ほぼ2カ月前にNavi 21と同じGFX1030のIDで最初に登場した。

新しいデータは確認ではないが、しかし、Sienna Cichlidの亜種の1つが2048ビットまでのメモリバスを備えている可能性を指している: 2 x 8 x 128 = 2048。

このモデルが、ゲームの Radeon RX Navi 21 と同じかどうかはわかりません。

2048ビットのメモリバスは、GPUが2つのHBMスタック(それぞれが1024ビットのバスを必要とする)を搭載していることを示しています。

これは、2×8 GBまたは2×16 GB(Samsung Flashbolt HBM2e)スタック構成の可能性を開きます。

AMD Radeon RX 6900シリーズはGDDR6メモリを搭載し、高帯域幅メモリはコンピュータ向けのArcturus GPU専用に残すと予想されていた。

したがって、このニュースはかなり驚くべきものであり、まだ割り引いて考える必要があります。

/* HBM Memory Channel Width */
#define UMC_V8_7_HBM_MEMORY_CHANNEL_WIDTH 128
/* number of umc channel instance with memory map register access */
#define UMC_V8_7_CHANNEL_INSTANCE_NUM 2
/* number of umc instance with memory map register access */
#define UMC_V8_7_UMC_INSTANCE_NUM 8
/* total channel instances in one umc block */
#define UMC_V8_7_TOTAL_CHANNEL_NUM (UMC_V8_7_CHANNEL_INSTANCE_NUM * UMC_V8_7_UMC_INSTANCE_NUM)
/* UMC regiser per channel offset */
#define UMC_V8_7_PER_CHANNEL_OFFSET_SIENNA 0x400

Unified Memory ControllerのSienna Cichlidの静的な値、ソース:Freedesktop

static void gmc_v10_0_set_umc_funcs(struct amdgpu_device *adev)
{switch (adev->asic_type) {
case CHIP_SIENNA_CICHLID:
adev->umc.max_ras_err_cnt_per_query = UMC_V8_7_TOTAL_CHANNEL_NUM;
adev->umc.channel_inst_num = UMC_V8_7_CHANNEL_INSTANCE_NUM;
adev->umc.umc_inst_num = UMC_V8_7_UMC_INSTANCE_NUM;
adev->umc.channel_offs = UMC_V8_7_PER_CHANNEL_OFFSET_SIENNA;
adev->umc.channel_idx_tbl = &umc_v8_7_channel_idx_tbl[0][0];
adev->umc.funcs = &umc_v8_7_funcs;
break;
default:
break;}}

Sienna Cichlid グラフィックメモリコントローラ機能, 出典: Freedesktop

Arcturus

Arcturusの場合、次期Radeon Instinct MI100のGPUは、データは4096ビット幅のバスを指しています。

4 x 8 x 128 = 4096。

これは、4スタックのHBMメモリ(および64GBまでの容量)を示していることになります。

噂2:次世代ナビは16GB GDDR6メモリを搭載

数日前、Wjm47196氏がChiphellのフォーラムで、少し変わった情報を共有しています。

このユーザーは過去に様々なリークをしてきたことで知られていますが、その全てが真実であるとは限らないことは注目に値します。

リーカーは、過去数週間でBig Naviで聞かされているほとんどの噂は、AMD がまだカードの PCB の校正を終えたものを送っていないため、真剣に受け止めるべきではないと述べています。

これは、GPUの構成やパフォーマンスの数値はもちろんのこと、最終的な仕様を確認することができないことを意味しています。

しかし、ユーザーは、彼の情報源はカードが16GBのメモリを搭載していると確信していることを明らかにしました。

彼は後に、512ビットGDDR6メモリであるべきだと付け加えましたが、これは最初の噂とは相関しません。

これは、カードがGDDR6メモリを搭載していることを示唆しているだろう(と正直に誰もが予想していたように)。

とはいえ、現在のところBig Naviの仕様は確認できていない。むしろGDDR6に固定されているかのように見えたメモリ技術でさえ、現在は不明だ。

※ クリックすると別Window・タブで拡大します

 

wjm47196さんの次世代Radeonのグラフィックカードについてコメントし

 

製品名R9 290XR9 390XR9 FURY XRX VEGA 64Radeon VIIRumored
Big Navi
Flagship
GPUHawaii XTGrenada XTFiji XTVega 10 XTVega 20Navi 21
製造プロセス
アーキテクチャー
28nm
GCN 2.0
28nm
GCN 2.0
28nm
GCN 3.0
14nm GCN 5.07nm
GCN 5.0
7nm
RDNA 2X
コア数28162816409640963840不明
ブースト
クロック
 1000 MHz 1050 MHz 1050 MHz 1546 MHz 1750 MHz不明
単精度
演算性能
 5.6 TF 5.9 TF 8.6 TF 12.7 TF 13.4 TF不明
メモリ容量
種類
 4GB GDDR5 8GB GDDR5 4GB HBM 8GB HBM2 16GB HBM2 16GB
メモリバス幅 512-bit 512-bit 4096-bit 2096-bit 4096-bit不明
メモリ帯域幅 320 GB/s 384 GB/s 512 GB/s 483 GB/s 1024 GB/s不明
TBP 300W 275W 275W 295W 295W不明
小売価格 549 USD 429 USD 649 USD 599 USD 699 USD不明

ソース:Videocardz.com - AMD Sienna Cichlid (Navi21, Big Navi) GPU memory rumors: HBM vs GDDR6

 

解説:

Big Naviのメモリは何が使われるのか?

Big Naviのメモリは何が使われるのかと言う話です。

HBM2メモリはVegaシリーズに使われてきましたが、私的にはVegaがあまりゲーム性能が高くなかったこともあって良い感情が無いです。

512bitバスで16GbpsのGDDR6メモリを使えば1TB/sは出せるので、無理に高いHBM2を使う必要はないのではないかと思います。

 

AMDのGPU Radeonシリーズ

新世代Radeon RX 5000シリーズ

Radeon RX5700シリーズ

Radeon RX 5700 XT 8GB

created by Rinker
SAPPHIRE
¥65,756 (2020/10/22 02:12:05時点 Amazon調べ-詳細)

 

Radeon RX5700 8GB

created by Rinker
SAPPHIRE
¥43,300 (2020/10/21 06:35:29時点 Amazon調べ-詳細)

 

Radeon RX 5600 XT シリーズ

Radeon RX 5600 XT 6GB

 

Radeon RX5500XTシリーズ

GDDR6 8GB版

GDDR6 4GB版

 

 

ハイエンド(性能重視)

世界初の7nmGPU Radeon VII

 

※ SAPPHIREはAMD Radeon専業のメーカーであり、Radeonのリファレンス的なメーカーです。

-GPU情報

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2020 All Rights Reserved.