GPU情報

AMD Navi 22 RDNA 2 GPUがコードネーム「Navy Flounder」として発見される - Appleの将来のMacのカスタムRadeon Proになるかもしれない

投稿日:

RDNA 2グラフィックスアーキテクチャをベースにしたAMDのNavi 22 GPUが、@komachiの最新のLinuxパッチで発見された(Videocardz経由)。

Navi 22 GPUは、少なくとも3つの新しいGPUと、Radeon RX & Radeon Proシリーズのディスクリート・グラフィックス・デザインで使用されるそれらのチップをベースにしたいくつかのバリエーションを備えていると予想される次世代のRNDA 2のラインナップの一部です。

AMDのRDNA 2グラフィックス・アーキテクチャを搭載したNavi 22「Navy Flounder」GPUが発見され、Appleの将来のMac用にRadeon Proを搭載する可能性がある。

AMDのRDNA 2グラフィックス・アーキテクチャを採用した最初の製品は、今年の第3四半期末か第4四半期初めまでに登場すると予想されている。

AMDがこれまでのところ、今年のRDNA 2アーキテクチャを搭載することが確認されている製品は3つあり、その中には、Navi 21 GPUコアを利用すると言われている待望の「Big Navi」GPU、そしてMicrosoft(Xbox Series X)とSony(PlayStation 5)の新しいコンソールに搭載される2つのカスタムデザインが含まれています。

AMDのNavi 21とNavi 23 GPUは以前にも発見されているが、Navi 22 GPUは興味深いものだ。チップは今、Coelacanth-dreamによって最初に報告されている最新のLinuxパッチ内で発見されています。

ブログでは、Linuxカーネルパッチの最初のセットは、AMDの次世代RNDA 2 GPUのサポートを追加することが発見されたことが報告されています。

Videocardz.comに掲載されている表

GPU
アーキテクチャー
コードネーム別名アーキテクチャー
Ver
製品名
GFX900VEGA 10GCN 5.0RX VEGA /
Radeon Pro
GFX902RAVENRaven Ridge /
Picasso
GCN 5.0Ryzen 2000/
3000(G/GE)
GFX904VEGA 12GCN 5.0Vega Pro 20
(MAC)
GFX906VEGA 20GCN 5.0Radeon VII /
Radeon Pro VII
GFX908ARCTURUSCDNA 1Instinct MI100 不明
GFX909RAVEN2GCN 5.0不明
GFX909RENOIRGCN 5.0Ryzen 4000
(H/U/G)
GFX1010NAVI 10RDNA 1RX 5700/
5600(M/XT)
GFX1011NAVI 12RDNA 1PRO 5600M
(MAC)
GFX1012NAVI 14RDNA 1RX 5500
(M/XT)
GFX1030NAVI 21Big Navi /
Sienna Cichlid
RDNA 2RX 6900(XT) 不明
GFX1031NAVI 22Navy FlounderRDNA 2PRO 6600M
(MAC)不明
GFX1032NAVI 23RDNA 2RX 6500
(M/XT) 不明
GFX1033VAN GOGHRDNA 2Ryzen 5000G 不明
GFX1040VAN GOGH LITERDNA 2不明

このパッチはNavy Flounder GPUに言及しているので、Navi 22チップの複数のSKUを期待することができ、GPUメーカーが一般的に行っている1つの特定の構成だけではありません。

このチップは、一般的にRDNA 2チップのためのGFX103Xシリーズと呼ばれるGFX10.3アーキテクチャ世代に属する。Navi 21 GPUはGFX1030をベースにしているのに対し、Navi 23 GPUはGFX1032グラフィックスアーキテクチャをベースにしている。

そのため、Navi 22 GPUはGFX1031グラフィックスアーキテクチャをベースにしていると推測される。

AMDはRDNA 2 GPUの魚のコードネームが好きになったようだが、これらのコードネームは、HPCのための新しいCDNA設計に基づいて改訂されたVegaグラフィックスコアを特徴とするArcturus GPUのために述べられているように、内部で使用するためだけのものであることがわかっている。

AMDは、3世代のGPU(Navi 1X、Navi 2X、Navi 3X)にNaviを使用していることからも明らかなように、GPUのラインナップにはまだスターコードネームを使用しています。

ブログでは、Navi 22「Navy Flounder」GPUがNavi 21「Sienna Cichlid」GPUと比較して、いくつかの大きな設計変更が行われたことも報告されている。

VCN 3.0(Video Core Next)とDCN 3.0(Display Core Next)を採用していることから、これがRDNA 2 GPUであることが再確認できるが、Navi 22がNavi 21と比較して下位チップであることを裏付ける証拠がある。

まず、Navi 22 GPUは、Navi 21の2つのVC3に対して、VC3のインスタンスが1つしか搭載されていない。

また、SDMAコントローラはNavi 21 GPUの4つに対し、2つに減少しています。

また、Navi 22はNavi 12 GPUの直接のフォローアップであるため、主にApple Macをターゲットにしているのではないかという推測もあります。

Navi 12 GPUを搭載したRadeon RX 5600Mは、Radeon Proの製品ラインアップに搭載されているHBM2メモリ設計を利用した最初で唯一のRDNA 1グラフィックスチップだ。

また、主にApple Macで使用されており、デスクトップ領域では発売されていない。

AMDはNavi 22 GPUで同じルートを取ることができますが、Linuxパッチでは「Navy Flounders」GPUに言及しているので、今回は純粋にAppleだけの発売ではなく、コンシューマー向けのリリースも見られるかもしれません。

以前の噂では、Navi 22 GPUのダイサイズは約340mm2とされていますが、これは現時点では純粋な憶測に過ぎません。

AMDのコンシューマ向けデスクトップグラフィックスカード「RDNA 2」の詳細や実際のスペックはまだ明らかになっていません。

これら3つのGPUの予想されるダイサイズは以下の通りだ。

  • AMD Navi 21 (505mm2)
  • AMD Navi 22 (340mm2)
  • AMD Navi 23 (240mm2)

また、噂では、NVIDIAとAMDの両方が、2020年9月までに次世代およびフラッグシップのゲーミンググラフィックスカードを街頭でヒットさせる計画を立てていることも示唆されている。

そのため、AMDのRDNA 2 GPUは、NVIDIAの次世代GPUの在庫が何であれ、競合することになりそうだ。

2020年のQ3とQ4は、最高のハードウェアでPCをアップグレードしたいと考えているすべてのハードウェア愛好家やメインストリームのPCゲーマーにとって、間違いなく面白い時代になるだろう。

ソース:wccftech - AMD Navi 22 RDNA 2 GPU Spotted, Codenamed Navy Flounder – Could Be A Custom Radeon Pro Design For Apple’s Future Mac

 

解説:

Navi22がLinuxドライバの記述に登場

こちらはRX5600Mと同様、Mac専用になるのではないかとみられています。

RDNA2がRNDA1と同様のラインナップであるならば、

  • Navi21=RX6900/6800(フルシリコンで5120SP)
  • Navi22=Mac専用
  • Navi23=RX6500(フルシリコンで2560SPor1920SP?)

のようになるのではないかと私は予想しています。

  • Navi10=RX5700XT/5700/5600XT
  • Navi12=Mac専用
  • Navi14=RX5500XT(4GB/8GB)

さて、RDNA1世代のNavi1Xシリーズは上のようなラインナップになっていたわけですが、RDNA1世代のNaviとダイサイズから演算性能の予測をすると下のようになります。

RDNA2世代のGPU性能予測表

製品名チップ名ダイサイズSP数演算性能
RX5700XTNavi10251mm22560SP9.754TLOPS
RX5700Navi10251mm22304SP7.949TFLOPS
RX5600XTNavi10251mm22304SP7.188TFLOPS
RX5500Navi14158mm21408SP5.196TFLOPS
RX6900(?)Navi21505mm2(?)5120SP(?)19.508TFLOPS(?)
RX6500(?)Navi23240mm2(?)2560or
1920SP(?)
9.754TLOPS(?)

注意事項としては、あくまでも予想に過ぎないと言うことです。

また、RDNA2世代は製造プロセスとアーキテクチャーが進化していますが、その分は計算に入れていません。

AMDの大本営発表ではワット当たりの性能が+50%になるとのことです。

TSMCの7nmは複数あり、表記上区別されない場合が多いですが、最も高性能の7nm+(EUV)を使っていた場合、トランジスタ密度はN7の場合の1.2倍になります。

それに伴って性能ももちろん上がるでしょう。

そこまで計算に入れると予測性能はNavi21は20-27TFLOPSNavi23は10-13.5TFLOPS程度となります。

こちらはTuring換算だとNavi21は比較になるモデルは無し、Navi23はRTX2080-RTX2080Ti程度になります。

PS5のSoCがCPU込みで340mm2程度と言われており、10TFLOPS程度なので、おそらくこの予想はそれほど的外れではないでしょう。

Navi2X世代はNavi1X世代と性能と機能(レイトレーシング)がかぶらないため、Navi1X世代もリネーム(もしくはそのまま価格改定)して出してくるものと思います。

Ampereの同グレードモデルがどの程度の性能になるかまだはっきりしませんが、現時点で判断するならば、おそらくワット当たりの性能でNavi2Xが勝つ可能性は非常に高いと言えるでしょう。

ゲームはやっぱりGeforceだと思いますが、あの独自12Pのことを考えると、エアフロー・電源周りなどに注意が必要で、今回はRadeonの方が使いやすくなる可能性は高いと思います。

 

新発売!Ryzen 3000XTシリーズ

「Ryzen 7 3800XT」をAmazonで検索

 

大人気!Ryzen 3000シリーズ

Ryzen 9

 

Ryzen 7

 

Ryzen 5

海外向けRyzen5 3500Xの並行輸入品

 

Ryzen3

 

Ryzen 3000シリーズAPU(GPU内臓、CPU部分のコアはRryzen2000シリーズと同じZen+ですのでご注意ください。)

 

Ryzen5 1600AF(12nm、Zen+コア)

 

Ryzen2000シリーズ

Ryzen7

created by Rinker
AMD
¥27,980 (2020/08/06 19:23:45時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
AMD
¥40,400 (2020/08/06 19:23:46時点 Amazon調べ-詳細)

 

Ryzen5

created by Rinker
AMD
¥19,480 (2020/08/06 19:23:46時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
AMD
¥19,980 (2020/08/06 19:23:47時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

 

-GPU情報

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2020 All Rights Reserved.