GPU情報

12ピン電源コネクタの不思議な事実:それは現実であり、NVIDIA Ampere GPUに搭載される

投稿日:

ここ数日、私たちは、グラフィックスカード用の新しい12ピンPCIe電源コネクタが導入されたことについて、特に中国語の出版物であるFCPowerUpから、コネクタ自体の写真を含めたおしゃべりを聞きました。

Igor's Labもまた、コネクタの詳細な技術的内訳を行っています。

TechPowerUpには、これに関する新情報が業界の有力なソースからいくつか掲載されています。

このコネクタは本物で、NVIDIAの次世代グラフィックスカード「Ampere」で導入されるという。

このコネクタは、NVIDIA社の発案によるもののようで、PCI-SIG、Molex、Intelなどの他のIPやトレーディンググループのものではないとのことです。

ハイエンドのグラフィックスカードは、どうしても2つの電源コネクタを必要とし、消費者にとっては、2つのケーブルと格闘するよりも、1つのケーブルを持っていた方がすっきりするということと、ローエンド(225W未満)のグラフィックスカードは、1つの8ピンまたは6ピンコネクタで何とかなるという、2つの市場の現実に対応するために設計されました。

新しいNVIDIA 12ピンコネクタには、6つの12Vと6つのグランドピンがあります。

その設計者は、8ピン/6ピンPCIe電源コネクタのピンよりも高い電流を処理できるように、オスとメスの両方の端に高品質のコンタクトを指定しています。

PSUベンダーによっては、12ピンコネクタは、中間で2つの6ピンに分割することができ、「6+6ピン」として販売されることもある。

2つの6ピンの半分の間の接触点は、それらがシームレスに整列するように水平に保たれている。

電力供給に関しては、設計者がケーブルゲージも指定することがわかっており、ワイヤーゲージとピンの適切な組み合わせで、コネクタは600ワットの電力を供給できるはずだ(だから2*75 W = 150 Wではない)とのことで、6ピンのスケーリングではないという。

Igor's Labは、昨日、ケーブルゲージの数字を用いた調査レポートを発表しましたが、これは、コネクタが2つの一般的な6ピンPCIeコネクタの組み合わせよりも多くの電力を供給することができることを説明するのに役立ちます。

キーイングを見ると、2つの古典的な6ピンを接続することは不可能であることがわかります。

例えば、PCIe 6ピンのピン1は正方形ですが、NVIDIAの12ピンでは角が1つになっています。また、8ピン+EPS 4ピンなどの変な組み合わせもできない。

コネクタの普及については、PSUメーカーが12ピンコネクタを搭載した新世代の製品を発売することに加えて、ほとんどの著名なメーカーが、既存のPSUに接続できるモジュラーケーブルをアフターマーケットで発売すると予想される。

グラフィックスカードベンダーは、2x8ピンを1x12ピンに変換する標準付属のアダプタを提供し、一方で、ほとんどのケース/電源メーカーは、より美しい外観を備えた派手なアフターマーケットアダプタをリリースすると思われます。

 

ソース:techpowerup - The Curious Case of the 12-pin Power Connector: It's Real and Coming with NVIDIA Ampere GPUs

 

解説:

nVidia12Pは既存のPCIE6PX2ではない

ツイートで勘違いしてる内容を見たので取り上げてみました。

nVidia12Pは既存のPCIE6PX2ではありません。

普通の6Px2よりも大きな電陸を供給できるようです。

そのため、Ampereの該当モデルには既存の電源端子を置き換えるケーブルや変換コネクタが付属するとのことです。

また、アクセサリーとしてメーカーからケーブルが別売りされるだろうとのこと。

ケーブルは単体で600Wを供給できるようになるようです。

変換は8PX2を12Pに変換する形になるだろうとしています。

1ケーブルで600Wって何か恐ろしですね。

 

 

-GPU情報

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2020 All Rights Reserved.