その他

半導体大手のインテル(NASDAQ: INTC)とAMD(NASDAQ: AMD)、PC需要の回復で大きな収穫を得るとバンク・オブ・アメリカが発表

投稿日:

半導体大手のインテル(NASDAQ:INTC 60 1.45%)とAMD(NASDAQ:AMD 55.04 0.22%)は、コロナウイルス(COVID-19)パンデミックの発生時には、マクロ経済環境の悪化とそれに対応する需要の低迷により、財務面で大きな打撃を受けると予想されていました。

しかし、少なくとも1つのセクターであるPCの需要は、はるかに早く回復しているように見えます。

Bank of Americaのアナリスト、ヴィヴェック・アーヤ氏が本日発表した投資ノートでは、大手半導体メーカー2社の業績が好調であることが示されています。

Arya氏は、インテルのPC用CPUの出荷量は2020年上半期に7%増加し、該当する期間中に実際のPC生産量を500ベーシスポイント(5%)上回ったと主張している。Bank of Americaのアナリストによると、このようなチャネル補充のペースは、第3四半期に強い追い風が吹くことを示しているという。

アーヤ氏は、今年の下半期に関連するインテルのメトリクスに対するコンセンサス予想が「保守的すぎる」と指摘する一方で、アップルの自社製シリコンへの移行が半導体大手にとって「適度な逆風」であることを認めています。

AMDに関しては、アーヤ氏は同社の半導体が、2020年第1四半期にPC市場のわずか18%しかなかったと指摘している。

しかし、今年後半に予想されるAMDの第4世代Ryzenプロセッサにより、同社は「性能面でのリードを広げることができる」としている。

この予言を踏まえて、バンク・オブ・アメリカはこの2つの半導体に対して「買い」の評価を維持しており、目標株価はインテルが70ドル、AMDが65ドルとしている。

もちろん、この投資ノートは、PC需要の復活の兆候が強まっていることに加えて、2つの主要な半導体の強気のケースを裏付けしています。

7月9日に発表されたIDCのデータによると、2020年第2四半期のPC出荷台数は年率11%増の7,230万台となっている。

さらに、米国では2,100万台以上と、2009年以降で最高の数量を記録すると予想されている。

この強さは、教育、企業、消費者セグメントに牽引されていますが、中小企業による支出抑制によって部分的に相殺されています。

詳細を掘り下げてみると、IDC のデータによると、HP (NYSE:HPQ 17.55 -1.57%) が期間中に出荷された 1800 万台の PC 出荷台数で主導していることが明らかになった。

さらに、Lenovoが期間中に1740万台を出荷し、Dell (NYSE:DELL 60.37 2.15%)が1200万台、Apple (NASDAQ:AAPL 385.31 -0.20%)が560万台、Acer (NASDAQ:ACER 3.36 0.30%)が480万台と続いています。

半導体のインテルとAMDにとってポジティブな兆候だと、IDCのレポートは指摘している。

「家庭内学習やeラーニングのニーズに牽引された強い需要は、以前の予想を超えており、再び消費者の技術ポートフォリオの中心にPCを置いている」と指摘しています。

それにもかかわらず、Intelは現在、より鋭い逆風に直面していることに注意する必要があります。

その一例として、ゴールドマン・サックスは7月6日、半導体大手のインテルを「中立」から「売り」に格下げした。

ウォール街の銀行はまた、インテルの株価の目標株価を以前の65ドルから54ドルに引き下げた。ゴールドマン・アナリストの針俊哉氏は、インテルが競合他社の評価に比べて「安く見える」ことを認めながらも、インテルは「今後数年間の粗利益率の縮小を予想する唯一の企業」であると主張している。

これまでの通年では、AMD株は12%以上上昇している。一方、インテル株は同期間中に約0.8%下落している。

ソース:wccftech - Semiconductor Heavyweights Intel (NASDAQ: INTC) and AMD (NASDAQ: AMD) to Reap a Windfall From Revival in PC Demand, According to Bank of America

 

解説:

金融業界の評価

ざっくり言うと、コロナ禍において、半導体業界も逆風を受けているがその中に合っても、PC需要は増大していると言うことです。

さらに、シェアの18%にしか過ぎなかったAMDが大幅にシェアを伸ばしており、逆にintelはシェアを落としていると言うことです。

現在のPC需要を引っ張っているのは、企業の新規購入や入れ替えではなく、eラーニング、家庭内学習と言った新規の需要によるものであるようです。

新規プロセス移行の遅れによる供給数の減少、市場での地位低下、さらにIntelが強い企業ユース需要の低下、さらにAppleとの決別とIntelにとっては逆風が吹き荒れているわけですが、そういった状況を金融市場が追認した形になります。

著名な証券アナリストも事前に同様の評価をしており、CPU部門でシェアを落とすIntelと躍進するAMDと言うのは金融村の共通認識になりつつあります。

ただ、IntelのGPUの評価によっては、挽回は十分に可能なレベルでしょう。

intelのGPUがnVidiaからもシェアを取ってこれるのか?Radeonと食い合いになるのか?

それによって評価は変わってくると思います。

ただし、GPU市場はすでに二大メーカー時代が長く続いていますので、新規参入したIntelがそれなりの評価を得るには長い時間がかかるのではないかと私は思っています。

先日、nVidiaの時価総額がIntelを超えましたが、たとえどんなに労力がかかっても今後はGPUが演算性能の主力になる。

それがIntelの出した答えですね。

Xeの一部をTSMC7nmで製造するというリークがありましたが、これが真実であるならば、ある意味、プライドを捨てた選択をしたことが、Intelの向いている方向を端的に示しているのではないかと思います。

 

-その他

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2020 All Rights Reserved.