CPU情報

Intel Alder Lake-S/PとMの可能性のある構成が発見される

投稿日:

Intelのbig SMALLアーキテクチャ、別名Hybrid Technologyがデスクトップとモバイルプラットフォームにやってくる。

Intel AlderLake

昨日、私たちは、Hybrid Technologyが次期第12世代Coreアーキテクチャ、別名Alder Lakeでどのように機能するかを詳細に説明したリークを報告した。

このシリーズは、1つのダイに大小のコアを搭載するIntelの2つ目のシリーズとなる。最初のハイブリッド・テクノロジーベースのシリーズは、Lakefieldアーキテクチャをベースにした超低消費電力プロセッサだった。

Alder Lakeは、より高ワット数のCPUに注力することになり、「Sシリーズ」は、Comet Lake-Sシリーズと同じ最大125Wになる可能性が高い(少なくともPL1の電力状態については)。

また、リークによると、Alder Lake-Pがあることも示唆されており、Atom Serverシリーズ(以前のIntelの "Pシリーズ "と同じ)が来る可能性が高い。

さらに、PTTフォーラムの尊敬するリーカーであるSharkbay氏が報告したように、Alder Lake-Mの登場も噂されている。

彼が投稿したデータによると、Alder Lakeシリーズは以下のようになるという。

  • Alder Lake-S
    • 8 Big Cores + 8 Small Cores + GT1 GPU
    • 6 Big Cores + 0 Small Cores + GT1 GPU
  • Alder Lake-P
    • 2 Big Cores + 8 Small Cores + GT2 GPU
    • 6 Big Cores + 8 Small Cores + GT2 GPU
  • Alder Lake-M
    • 2 Big Cores + 8 Small Cores + GT2 GPU

このような構成がAlder Lake-Sで見られるのはこれが初めてではありません。3月の最初のリークでも、8+8+1と6+0+1の構成が記載されていました。

Alder Lake。10nm CPU + 14nm GPU?

Charlie Demerjian氏がSusquehannaと電話で話している間に、もう1つの興味深い情報が浮上した。

彼はAlder Lakeが10nmのCPUを使うが、GPUは14nmになるだろうと示唆した。現時点では、Alder Lakeがどのグラフィックスマイクロアーキテクチャを採用するかは不明だ。

もっと早く登場するであろうシリーズ、Rocket Lakeは、Intelが初めてGen12グラフィックス(別名Xeグラフィックス)を搭載したデスクトップシリーズとなる。

Alder Lakeにも同じグラフィックスIPが採用されるのではないかと推測される。

Reddit上のr/uzzi38が投稿している。

INTELメインストリームCPUシリーズ スペック

Coffee Lake-SComet Lake-SRocket Lake-SAlder Lake-SMeteor Lake-S
発売年20182020202020212022-2023
製造プロセス14nm14nm14nm??
アークテクチャーSkylakeSkylakeWillow Cove (?)Golden Cove + Gracemont?
最大コア数8コア10コア8コア16コア
(Big8コア+
Litttle8コア)
?
ソケットLGA1151LGA1200LGA1200LGA1700LGA1700
サポートメモリDDR4DDR4DDR4DDR5DDR5
PCI ExpressPCIe 3.0PCIe 3.0PCIe 4.0PCIe 4.0?
世代8th/9th Gen Core-S10th Gen Core-S11th Gen Core-S (?)12th Gen Core-S (?)?
チップセットIntel 300 (eg. Z390)Intel 400 (eg. Z490)Intel 500 (Z590)Intel 600 (eg. Z690) (?)?

ソース:Videocardz.com - Possible configurations of Intel Alder Lake-S/P and M emerge

 

解説:

Alder Lakeのコアコア性の一部がリーク

Alder Lakeのコア構成の一部がリークしました。

詳細は上の記事の通りですが、興味深いのは

  • Smallコアは0か8か
  • Smallコアのみの構成と言うものはない
  • Bigコアのみの構成はある
  • Bigコアは2/6/8の構成がある

と言うことです。

つまりSmallコアは単体の構成がないので、性能があまり高くない、少なくとも現在のCPU性能で単体で実装するのに競争力がないことが予想されます。

今のところAlder Lake-Sの構成でSmallコア0の構成があると言うことは、Hybrid TechnologyはデスクトップCPUには適さない可能性が高いです。

前回、私の予想を書きましたが、その通りでなければよいなと思います。

これがAMDのマルチコア戦術に対する答えなのかもしれませんが、ソフト的にどうなるのかと言うのは気になるところです。

参考記事:Intelのハイブリッド技術(ビッグコアとスモールコア)がAlder Lakeにもたらされるのか?

 

第10世代intelCore i5/7/9シリーズ

ロック解除モデル

 

通常モデル

Core i9-10900

 

Core i7-10700

 

Core i5-10600

Core i5-10500

Core i5-10400

Core i3-10320

Core i3-10300

 

※ 末尾にFがついているモデルはGPUがありませんのでご注意ください。

-CPU情報

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2020 All Rights Reserved.