CPU情報

AMD Ryzen 4000「ルノアール」デスクトップAPUは7月21日に発売、Ryzen 7 PRO 4750G、Ryzen 5 PRO 4650G、Ryzen 3 PRO 4350Gを含む予定

更新日:

AMDは今月中に2つの新しいCPUラインアップを発表する予定で、Ryzen 3000XT「Matisse Refresh」シリーズは本日発表され、Ryzen 4000「Renoir」シリーズは数週間後にリリースされる予定だ。

当社独自の情報筋は、新しいAPUの正式な発売日と、AMDが次世代APUラインアップをどのように販売するかの詳細を確認しています。

 

AMD Ryzen 4000 RenoirデスクトップAPUは7月21日に発売、65Wと35Wの3種類のPROを含む

AMD Ryzen 4000デスクトップAPU(コードネーム:ルノアール)がAM4ソケットに登場する。

最新のAPUは、Zen 2 CPUとVega GPUアーキテクチャを同じダイに収容し、両コアは7nmプロセスノードで製造される。

AMDのRyzen 3000 Matisse CPUと比較して、Ryzen 4000 Renoir APUはモノリシック設計を特徴としており、リークされた様々なベンチマークで確認されているように、すべてのものを同じダイに搭載することの主な利点の1つは、より良いレイテンシーになるだろう。

また、Ryzen 4000 Renoir APUは、Matisse Ryzen 3000が達成できる速度をはるかに超えた、本当に優れたオーバークロッカーであることを見てきました。

それだけではなく、APUもMatisseと比べてより優れたアーキテクチャ設計を利用することになる。

モバイル製品がMatisse CPUよりもわずかに効率的であることを見てきたが、AM4プラットフォームのRyzen 4000 APUは、基本的にモビリティSKUと同じダイを利用しているので、同様の改善が見られるだろう。

その他の改善点としては、Matisse CPUよりもはるかに高いDDR4周波数をサポートするより良いメモリコントローラがあり、CPUが宣伝されているブーストクロック通りに動作することが期待できます。

 

 

チップレット設計を活用しない場合のデメリットとしては、キャッシュの減少が挙げられるだろう。

Ryzen 7 PRO 4750Gには8MBのL3キャッシュが搭載されています(CCXあたり4MB)。比較のために、8コア16スレッドのRyzen 7 3800Xは32MBのL3キャッシュを搭載しています(CCXあたり16MB)。

APUで得られる最大キャッシュは12MB(L2+L3)であるのに対し、8コアのMatisse CPUは最大36MB(L2+L3)のキャッシュを搭載しています。以上がRyzen 4000 RenoirのデスクトップAPUに期待できる主な違いです。発売日については、以下に詳細を記載しておきます。

AMD Ryzen 4000 Renoir AM4ラインナップの発売日は7月21日。我々は皆、これらの新しいAPUを手に入れることに興奮しているが、悲しいかな、AMDはシステムインテグレータやOEM市場にAPUを優先的に投入している。

AMDがAPUをSI市場に押し出したい理由は、Ryzen 4000シリーズAPUに比べてマージンが高いRyzen 3000 Matisse CPUの販売に影響を与える可能性があるからだ。我々は、小売業者がいくつかのPROモデルをリストダウンしているのを見てきたし、それについては、我々はまた、AMD Ryzen PRO 4000シリーズが標準的なRyzen 4000 RenoirのSKUを置き換えていることを確認しました。

PROと非PROの両方のモデルは事実上同じですが、AMDは公式にPROシリーズのブランディングで行くことを決定しました。

 

 

Ryzen 7 4700GはRyzen 7 PRO 4750Gに、Ryzen 5 4400はRyzen 5 PRO 4650Gに、Ryzen 3 4300GはRyzen 3 PRO 4350Gになりました。これらは65WのSKUと35Wの「GE」のモデルも存在しますが、PROのモデルと同じブランドを使用し、末尾にGEが付きます。では、スペックの話をしましょう。

AMD Ryzen 7 PRO 4750G/GE APU

AMD Ryzen 7 4750Gは、Ryzen 4000 Renoir APUファミリーのフラッグシップモデル。8コア、16スレッド、4MBのL2キャッシュと8MBのL3キャッシュ、合計12MBのキャッシュを搭載しています。これは8コアのRyzen 7 3800Xに搭載されている32MBのL3キャッシュよりも小さいですが、前述したように、これは主にチップレットベースのデザインではなく、シングルパッケージに依存するチップのモノリシックな性質に起因しています。

 

CPUの特徴は、ベースクロックが3.60GHz、ブーストクロックが4.45GHzで、先にリークした仕様と一致している。CPUは65WのTDPで動作し、AM4ソケットに対応している。

グラフィックス側は、512コアを形成するために8つのCPUが付属する強化された7nm Vega GPUを搭載しています。そのクロックは2100MHzで、GPU側では最速クロックの統合グラフィックスチップの1つになる。一方、35Wバリアントは、3.1GHzベースと4.35GHzブーストのクロック速度を備えています。

AMD Ryzen 5 PRO 4650G/GE APU

一方のAMD Ryzen 5 PRO 4650Gは、6コア12スレッドのパーツで、ベースクロックは3.7GHz、ブーストクロックは4.3GHz。チップは7つのCUを搭載し、1900MHzでクロックされる合計448のSPを搭載する。

35Wバリアントは、ベースクロックが3.30GHz、ブーストクロックが4.250GHzとなる。

AMD Ryzen 3 PRO 4350G/GE APU

スペックを見る限り、AMD Ryzen 3 PRO 4350Gは、4コア8スレッドを搭載するルノアールファミリーの中で最もエントリーレベルのチップのようだ。チップのベースクロックは3.8GHz、ブーストクロックは4.1GHz。グラフィックス側には6つのCPUが搭載されており、1700MHzのクロックで合計384コアを構成しています。

35W版はベースクロックが3.5GHz、ブーストクロックが4.1GHzとなっているが、65W版と比較すると、最大クロックを長時間保持できない可能性がある。

AMD Ryzen 4000 "Renoir "デスクトップAPUラインナップ

APU名 製造プロセス
アーキテクチャー
コア数/
スレッド数
ベース
クロック
ブースト
クロック
サポート
メモリ
iGPU GPU
クロック
TDP 価格
AMD Ryzen 7 PRO 4750G 7nm Zen 2 8/16 3.6 GHz 4.45 GHz DDR4-3200 Vega 8 /
512 SPs
2100 MHz 65W ~$289
AMD Ryzen 5 PRO 4650G 7nm Zen 2 6/12 3.7 GHz 4.30 GHz DDR4-3200 Vega 7 /
448 SPs
1900 MHz 65W ~$219
AMD Ryzen 3 4350G 7nm Zen 2 4/8 3.8 GHz 4.10 GHz DDR4-3200 Vega 6 /
384 SPs
1700 MHz 65W ~$139
AMD Ryzen 7 4700GE 7nm Zen 2 8/16 3.1 GHz 4.35 GHz DDR4-3200 Vega 8 /
512 SPs
2000 MHz 35W 後日発表
AMD Ryzen 5 4400GE 7nm Zen 2 6/12 3.3 GHz 4.25 GHz DDR4-3200 Vega 7 /
448 SPs
1900 MHz 35W 後日発表
AMD Ryzen 3 4300GE 7nm Zen 2 4/8 3.5 GHz 4.1 GHz DDR4-3200 Vega 6 /
384 SPs
1700 MHz 35W 後日発表

互換性については、ほぼすべてのマザーボードメーカーがそれぞれのBIOSを公式またはBETA形式(AGESA 1.0.0.0.1)で公開しており、AM4マザーボード上のRyzen 4000 APUを容易にサポートしている。

これまで私たちが見てきたRyzen 4000 APUは、PROシリーズのブランディングが施された公式プロセッサを搭載したエンジニアリングサンプルだった。

近いうちにAMDからも、これらのAPUに関する詳細が明らかになることは間違いないだろう。

ソース:wccftech - AMD Ryzen 4000 ‘Renoir’ Desktop APUs Launching on 21st July, Will Include Ryzen 7 PRO 4750G, Ryzen 5 PRO 4650G & Ryzen 3 PRO 4350G

 

解説:

RenoirはPROモデルのみになる?

他のサイトでは伝えていないのですが、Ryzen4000Gシリーズは65W版はPROモデルのみになるという話がwccftechから上がってきました。

こんなに断言して大丈夫か?と思わないではない内容なのでびっくりしましたが、4750Gにノーマル版が用意されていないこと、以下の記事でEU圏で小売店のリストに載ったのがPROのみであったことを考えると可能性はあるのかなと思います。

AMD Ryzen 4000 Renoir PRO デスクトップCPUがオンラインで販売開始 - Ryzen 7 PRO 4750G, Ryzen 5 PRO 4650G, Ryzen 3 PRO 4350G 価格・スペック詳細

最近中華ソースだと思いっ切り嘘が混じっていることがあるのでちょっと引き気味ですが、今回取り上げることにしました。

発売日は7/21、モデルは65W版がPRO版のみ、通常版はTDP35WのGEのみとなります。

価格はwccftechの願望が入っていそうな価格ですが(笑、このくらいだと確かにうれしい価格です。

4750Gが$289だと1ドル107円で30,923円になり、かなりお得感があります。

仕様的にはかなりMattiseに劣りますので、このくらいの価格であってほしいです。

よくも悪くもフラッグシップが8コア16スレッドのRenoirの登場によって、今後はこのくらいの性能が最低ラインになる可能性が出てきました。

Renoirのダイサイズは149mm2とのことですがRadeon RX5500XTがダイサイズ158mm2で4GB版で実売20,000円-24,000円程度であることを考えると、$289=30,923円程度であってほしいところです。

 

Ryzen 5000シリーズ(2020/11/5発売予定)

検索リンク

AMD Ryzen 9 5950Xをamazonで検索

AMD Ryzen 9 5900Xをamazonで検索

AMD Ryzen 7 5800Xをamazonで検索

AMD Ryzen 5 5600Xをamazonで検索

 

Ryzen 3000XTシリーズ

 

Ryzen PRO 4000Gシリーズ(GPU付きZen2コアAPU・並行輸入品)

 

Ryzen 3000シリーズ

Ryzen 9

 

 

Ryzen 7

 

Ryzen 5

海外向けRyzen5 3500Xの並行輸入品

 

Ryzen3

 

Ryzen 3000シリーズAPU(GPU内臓、CPU部分のコアはRryzen2000シリーズと同じZen+ですのでご注意ください。)

 

Ryzen2000シリーズ(旧モデル)

Ryzen7

created by Rinker
AMD
¥34,569 (2020/10/22 20:08:43時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
AMD
¥40,400 (2020/10/22 20:08:44時点 Amazon調べ-詳細)

 

Ryzen5

created by Rinker
AMD
¥19,980 (2020/10/22 20:08:45時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
AMD
¥18,980 (2020/10/22 20:08:46時点 Amazon調べ-詳細)

-CPU情報

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2020 All Rights Reserved.